10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.04.09

脳科学に基づく40歳からの英語学習法

 2015年11月に発表されたTOEICの出題形式の変更は、これまで対策を講じてきた学習者にとって一大事となりました。改定のポイントは、よりリアルで実践的な英語スキル。リスニングが、2人から3人に増え、口語的な短縮形も試されるようになってきたようです。

 というわけで、何かをはじめるにはよい季節。TOEICをキッカケにするのもよいのですが、これからの英語学習の方法ついて考えてみるのはいかがでしょう?

英語を学習するには遅すぎる?

 「六十の手習い」から派生して「四十の手習い」などともいいますが、中年からの英語学習は可能なのという疑問があります。脳科学の見地から、多くの専門家が指摘していますが、日々学習を続けているなら、中年から壮年にかけても十分習得は可能とのことです。

 耳から入った言葉は、脳の「ウェルニッケ野」で意味づけされ、記憶されます。そして、「前頭前野」で文章を組み立て、「ブローカ野」を通じて言葉を発します。これらの、脳の部位を結ぶ言語回路ができると、スムーズに英語が使えるようになります。

 加齢を問わず英語学習者にとって最も重要なのは、言語回路をつくりだすための刺激を多くするため、日常的に英語を獲得していくための方法にありそうです。

聞いているだけで英語が話せるようになる?

 「聞き流すだけで英語が身につく」という教材の話をよく聞きますが、初心者にとっては効果的でないという話をよく耳にするようになりました。それを裏づけるのが、最新の脳科学です。言葉を意味づけする脳の部位「ウエルニッケ野」で照合できない音は言葉として認識されないというのがその理由です。つまり、聞いているだけでは不十分で、意味と音を結びつけるトレーニング方法がポイントになってくるようです。聞き流すだけの教材も、英語のあとに日本語が流れるようですが、実際の習得率はそれほど高くないようです。

記憶のメカニズムを利用した音読学習

 記憶には、出来事と年号を覚える「意味記憶」、イベントなどをシークエンスとして覚える「エピソード記憶」、自転車の乗り方のように身体で覚える「運動記憶」の3種類に分類できます。この中でも身体で覚えた「運動記憶」が最も長期化する記憶になるようです。

 英語学習にこれらを照合させると、「音読」に注力した学習方法が導かれます。口の筋肉や舌・歯を使う身体性から正確な発音力をつけることで、リスニング力も飛躍的に高まることが検証されているようです。ちなみに、かの夏目漱石は辞書を引く以上に英文をひたすら読むことを奨励していたようです。英語の映画を観ながら、役者の台詞を繰り返し、アクションもふくめて演じてみると効果が期待できそうです。

(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事