10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

薩長連合はどのように成立したのか?

幕末・維新史を学ぶ(3)薩長連合の成立

落合弘樹
明治大学 文学部史学地理学科専任教授/博士(文学)
情報・テキスト
坂本龍馬
薩長連合については、坂本龍馬が薩摩藩の西郷隆盛と長州藩の木戸孝允を握手させたという話が有名だが、そんな単純なことではないと、落合弘樹氏は言う。ではどのように薩長連合は成立していくのか。その歴史的背景とともに解説する。(全6話中第3話)
時間:17:58
収録日:2018/08/20
追加日:2018/11/01
≪全文≫

●朝廷・幕府間のねじれと、島津久光による事態の収拾


 今回は、薩長連合がどのように成立したのか、お話ししたいと思います。

 前回お話しした安政期の政局によって、京都と江戸、要するに朝廷と幕府が、非常にねじれた関係になったわけです。天皇は、あくまでも攘夷を叡慮としていました。一方で幕府は、外国と条約を結んでいくことは不可避だと考えていました。条約を結んだ後、当時へんぴな場所であった横浜が日々発展して、急速に貿易港として展開していく。これを見ると、もはや後戻りができないというわけです。

 しかし、こういったねじれが国内で生じている状況では、外国につけ込まれる可能性があるわけです。そこで、危機意識を持った人々が、いろいろな形でこのねじれを解消しようと考えます。その中で乗り出してきたのが、島津斉彬の弟である島津久光でした。斉彬は、開国が当然だという立場を取っていましたが、久光もまた、開国を前提に事態を収拾しようとしたのです。久光は、天皇と幕府が和解するためには、兄である斉彬が与した一橋派を復権させる必要があると考えました。そこで久光は、卒兵上京を行い、勅使の大原重徳を擁して、幕府に改革を求めます。


●一橋派の復権と一橋派による幕政改革


 久光のこの行動の結果、それまで失脚していた一橋派が、再び表舞台に出てきます。例えば松平慶永は、隠居して「松平春嶽」と名乗っていましたが、政事総裁職という、実質において幕政の一番中心に位置する立場に就きます。それから、将軍である徳川家茂はまだ10代の半ばと非常に若かったので、家茂を補佐する立場として、一橋慶喜が将軍後見職に就きました。さらには、京都の守護はそれまで実質的に彦根藩井伊家が担っていたわけですが、それに代わって会津藩主・松平容保を京都守護職に任命します。

 松平慶永や松平容保は、徳川を名乗らないものの、家門と呼ばれる、徳川家の子孫の筆頭に属する人物です。また一橋慶喜は、御三卿に当たります。それまでは、御三卿あるいは家門大名が幕政の中枢を担当することは、絶対にありませんでした。

 政事総裁職になった松平慶永は、思い切った改革をいくつか行いますが、その中でも画期的だったのが、参勤交代を緩和したことです。それまでは1年置きだった参勤交代を、3年置きに変えました。これは、実質的には廃止といってもいいような措置だったわけです。江戸時代の大名は、正室と跡取りを、常に江戸に置いておかなければいけませんでした。これは、いうなれば人質です。また、定期的に参勤交代をすると、莫大な経費を幕府の直轄領に落とさざるを得ません。こういったものが、200年以上も続いた、大名に対する幕府の統制策の一番の中心になっていました。それを緩和というより、事実上撤回してしまったのです。


●尊攘激派の台頭と会津藩・薩摩藩による排除


 この結果、特に西国の大名を中心に、江戸には行かず逆に京都に常駐するような大名が出てきます。このように、幕府の政治力が落ちた結果として、京都では尊攘激派が台頭してきました。そして、例えば、かつて一橋派を抑制したような人物たちが闇討ちに遭い、生首が鴨川の河原にさらされるようになります。しかしながらこの活動は、徐々に内ゲバ的な状況になっていきます。そういった経緯で、京都は非常に混乱し、血なまぐさい方向に展開していきます。

 また、尊攘激派のバックになっていたのは長州藩でした。その長州藩と土佐勤王党といった勢力は、三条実美あるいは姉小路公知といった公家を勅使として江戸に送り込み、将軍に攘夷を約束させる、あるいは、早急に京都に来るようにという要求を幕府に突きつけるわけです。この結果、「奉勅攘夷」というものが、いうならば国是化していきました。

 将軍家茂は、翌年には上洛するわけですが、京都に上がってきた際、攘夷期限を確定するように迫られます。この結果、幕府は、5月15日を攘夷期限にするという宣言をしました。ただしこれには、指令が届くまでは勝手な行動をしないでほしいという但し書きがついていました。しかしながら、このような状況の演出に成功した長州藩は、攘夷期限当日に、アメリカの商船に向けて大砲を発射するという形で、攘夷行動を取るのです。

 さらに尊攘激派は、大和行幸計画を立てました。これは、孝明天皇が神武天皇の御霊にお参りをして、そこで自らが攘夷の指揮を執ることを宣言し、併せて適当な人物に征夷大将軍の職を改めて与える、という、いわば事実上の倒幕計画だったのです。しかしながら孝明天皇には、自分が攘夷戦争の先頭に立つつもりは毛頭ありませんでした。将軍家茂が孝明天皇の妹である和宮と結婚していたこともあり、孝明天皇には自らの義理の弟である家茂を排斥しようという考えなどなかったのです。したがって、孝明天皇は...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。