10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「行動コスト」に注目することで、行動は変えられる

人の行動の「なぜ」を読み解く行動分析学(5)行動コスト

島宗理
法政大学文学部心理学科教授
情報・テキスト
目標を立ててもなかなか実行できないという問題に対して、行動分析学ではどのような方法が考えられるのか。その一例として行動したことを記録に残すのもよいのだが、島宗氏は少し環境を変えるという簡単な方法で、行動は変えられるという。そこでポイントとなるのが「行動コスト」と呼ばれるもので、自身が行ったウクレレの練習を例に説明する。(全7話中第5話)
時間:07:38
収録日:2019/02/21
追加日:2019/09/12
ジャンル:
キーワード:
≪全文≫

●問題解決の基本は「逆をいく」


 そこで、前回お話しした、人間でも難しい「ちりも積もれば山となる型」そして、「天災は忘れた頃にやってくる型」の問題に、どうやったら挑めるかということになりますが、こういう問題に対してもいろいろな解決策、介入の方法を編み出しているのが行動分析学です。

 実は答えを言ってしまうと割と簡単です。どちらの問題も行動と環境の関係性が累積的だと難しいし、あるいは確率が低いと難しいわけですから、逆をいけばいいのです。行動と環境の関係性が1対1で対応していて、1回1回の行動をするとこういう結果があるということがはっきり分かるような随伴性だと、行動は制御されやすいということです。また、1回の行動に対して、必ずこの結果が生じるというように確率を上げてやれば、行動は変わりやすいのです。


●行動を記録し、行動強化のポイントを把握する


 ですから、どういうことをするかというと、一例としては行動したことを記録に残すということです。記録に残すということは、記録自体、必ず生じるということですから、低確率の問題はそこでパスすることができます。それでも効果がなければ、記録をした上でそれに何か自分の行動を強化するような後続事象を追加してやるようなこともできます。

 よく私の担当の学生さんが自分実験で使うのは、自分で自分にごほうびをやるということです。例えば、ゲームが好きな学生さんは英会話の勉強をするとき、勉強を30分したらゲームが10分できるということを、自分で決めて課したりします。

 そうすると何が起こるかというと、介入をする前は、英会話の勉強をするとちょっとは学べるけれども、すぐに大きな変化は起こりません。それが短期的な行動随伴性です。けれども、1週間、1カ月、1年間と積み重ねるとTOEICの点数が上がったり、英語の検定が通ったりするなど、就職に有利になるということに学生さんは価値を置きますから、その点で行動の強化があります。それをいかにして短期的な結果に持ってくるかというのが重要になってくるのです。ただ、それは意志の力だけではうまくいかないので、30分英語の勉強をしたら10分間ゲームをするという、短期的な結果を追加することによって行動を変える、ということをしたりします。

 もちろん、これがうまくいくかどうかというのは、やってみないと分かりません。行動分析学の場合は、まずはABC分析をして、自分の行動を制御するであろう条件を考えて、それを仮説にして実際に実験をします。実験をして行動が変われば万々歳ということになりますし、自分の行動がそれで変わらなければ、次の一手を考えるということをなります。


●ウクレレの練習による自分実験


 今言った「勉強したらゲームができる」というようなことは、割と常識的な範囲の方法ともいえますが、少々手間もかかります。しかし、行動は、そんなに手間がかからない方法で簡単に変わったりすることもあります。

 実は、私は何年か前に学会で初めてハワイに行ったのですが、その時ハワイアン・ミュージックに非常に感銘を受け、とてもリラックスしていいものだなと思って、ウクレレを買って帰ったのです。ぜひウクレレを弾けるようになりたいと思い、家にウクレレを置いておいたのですが、いつまでたっても練習しないのです。

 そこで、ウクレレのレッスンを始めたら練習するようになるかなと思い、某音楽会社が提供しているオンライン・レッスンに契約しました。1カ月で2500円くらいだったように記憶していますが、練習しなくても2500円はそのままですから、これはABC分析から考えても、いい随伴性ではないかと思ってやってみたのです。しかし、一向に練習が進まないのです。練習行動をグラフに書いて毎日測ってみたのですが、縦軸に時間を取ってみると、ずっとゼロ更新が続くようなグラフなのです。


●「行動コスト」が高ければ、行動する頻度は低くなる


 自分実験をやって面白いところは、自分の行動はこのように変わるに違いないと思ってやってみても、やってみると全然変わらなかったということもある、ということです。でも、そこでめげません。もう一回思い直して、環境をどのように変えれば自分はウクレレの練習を始めるのだろうか、と考えるのです。

 実は、ハワイで結構なお金を出していいウクレレを買ったものですから、立派なケースに入れて持って帰りました。そのウクレレをケースに入れたまま、しかも戸棚に閉まっておいたのです。そうすると、家で仕事をしていて、「ちょっと疲れたな。ウクレレでも弾こうかな」と思っても、パソコンの前から立ち上がって戸棚のところまで行き、戸棚を開けてウクレレのケースを取り出し、ケースを開けてウクレレを取り出すまでに6~7ステップを踏まなければならないわけです。

 こう...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。