10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「見える化」による行動の理解と変容が行動分析学の核

人の行動の「なぜ」を読み解く行動分析学(6)見える化

島宗理
法政大学文学部心理学科教授
情報・テキスト
行動分析学では、行動と環境の関係性から「見える化」を非常に重視する。それによって行動への理解を深め、行動変容の手続きを見つけやすくする。人間の行動は主に3つのパターンで分類できるが、そのうち最も大事なのは「螺旋型」だ。これは、少しずつ着実な変化を生み改善をしていくというパターンで、そのための仕組みづくりがポイントとなる。(全7話中第6話)
時間:09:15
収録日:2019/02/21
追加日:2019/09/19
ジャンル:
≪全文≫

●「自分実験」と「視考術」


 ここまでお話ししてきた行動分析学の例として、「自分実験」という話をしてきました。もちろん、行動分析学という研究が全て自分実験をしているということではありません。心理学の専門家、また行動分析学の専門家でなくても、ある程度勉強すれば、自分で自分の行動について調べることができるし、かつ、自分が達成したいと思っているような目標や夢をかなえるための行動につなげることができます。こういうことをお伝えしたくて、私は本に書いてあるのです。

 実際に自分の大学での授業や研修会でもこれをテーマにして、受講生の方々に興味のあるテーマで実験をしてもらい、自分の行動を変えてみるということをやっていただいています。そのことを『使える行動分析学』(筑摩書房)という新書にまとめてありますので、そちらを読んでいただければと思います。

 また、今日お話しをしているABC分析についてですが、私は「視考術」と呼んでいます。視考術とはどういうことかというと、次のようなことです。ABC分析の先行事象、行動、後続事象にしても、行動と環境の関係性は、行動を少し観察したり、あるいは頭の中で思い浮かべたりしているだけではなかなか見えてこないものです。ですから、行動と環境がどういう関係性にあるのか、あるいは環境のどこをどのように変えたら行動との関係がどう変わるのかということを、目で見て分かるように図に描いてみる、ということを「視考術」と呼んでいます。これは『人はなぜ約束の時間に遅れるのか』(光文社)という新書で解説していますので、よろしければ読んでみてください。


●行動分析学の核となる「見える化」


 ということで、行動分析学の中ではこのようにして行動と環境の関係性を目で見えるようにするというのが1つ挙げられます。それから、実際に行動がどのようにして変わっていくかということを、第2話でお見せしたようなグラフにするということです。具体的には、ベースラインを測定して図や折れ線グラフを描き、その後で解決策となるであろう「介入」を導入して、それによって行動がどう変わったのかを図や折れ線グラフにしていきます。その2つを比べることによって、介入によって本当に行動が変わったのかどうかを確認する実験をしていきます。よく世間では「見える化」といっていますが、自分の行動を見えるようにしていく手法の1つなのです。

 なので、ABC分析で随伴性を「見える化」する。それからグラフを描いて実験の記録を「見える化」する。これらの「見える化」によって行動に関する理解を深め、そして行動を変容する手続きを見つけていこうというのが、行動分析学という心理学の核となる、と理解していただければと思います。


●行動へのアプローチ-1.前進しない「振り子型」


 この2つの「見える化」によって、何が実現されるかということなのですが、ここでスライドをご覧ください。人間の行動に対するアプローチにはいろいろあるのですが、私はそれを3つに分類しています。

 1つは「振り子型」というものです。例えば、子どもの学力を上げるために学校教育をどうしようかというのは、常に議論になることです。私や私より前の世代だと「受験戦争」などという言葉がありましたし、「詰め込み教育」などということが行われていました。それに対する反動として出てきたのが、「考える力」というもので、詰め込みではなくて子どもたちが自分の力で物事を考えられるようにしましょう、といった教育方針です。ところがそれによって、新しい世代の子どもたちがあまり物事を知らない子どもになってしまったという反省もあり、また学校の指導方法が変わってきています。

 このように、時代によって指導や教育、政策といったものが振り子のようにあちらに振れたりこちらに振れたりすることを、「振り子型」と呼んでいます。教育も福祉も医療も行政も、全ては実は人間の行動をどう変えるかということなのですが、その行動を変える方法についての考え方が、あちらに振れたりこちらに振れたりして戻ってくるだけで実は前進していないというのが、この「振り子型」の特徴になっています。悲しい特徴ではあるのですが。


●行動へのアプローチ-2.流行に左右される「迷路型」


 もう1つは「迷路型」と呼んでいるものです。これは流行に左右されがちなものだと思ってください。企業でいえば、企業のマネジメントなどについては、いろいろなキーワードでいろいろな手法がはやります。例えば、コーチングということがはやったり、エンパワーメントというものがはやったり、デリゲーションとかもそうですね。それらはなぜかたいていがカタカナで表現されるもので、日本語に直せばいいのに、などと思うのですが...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。