テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

B面だった「露営の歌」が空前の大ヒットとなった2つの理由

古関裕而・日本人を応援し続けた大作曲家(5)「露営の歌」の大ヒット

刑部芳則
日本大学商学部准教授
情報・テキスト
1937(昭和12)年、日中戦争開始の年、ついに空前の大ヒット作が生まれる。発売数カ月で56万枚を記録した「露営の歌」だ。実はB面だったこの曲は、当時の大衆の圧倒的な支持を得て、戦時歌謡の一大ブームを巻き起こす。軍部の方針、レコード会社の販売戦略、そして戦地の兵士たちと古関の交流からヒットの舞台裏を探る。(全8話中第5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:54
収録日:2020/08/18
追加日:2020/10/27
≪全文≫

●「露営の歌」がヒットした2つの理由


―― ちょうど前回スライドで見ていたところが1937(昭和12)年までということで、その年はまさに日中戦争が始まる年ですが、人によっては、古関裕而さんが本格的に出てきたのは、戦争が始まってからの戦時歌謡、軍歌で、そのことによって大作曲家の地位が確定したとおっしゃる方もいます。いずれにしても、ここで大ヒット曲が出ることになるわけですね。

刑部 この1曲でもって、古関さんの時代が来るといっても過言ではないと思います。「露営の歌」を聴いてもらうと分かるのですが、非常に勇壮なクラシックの格調の高さと、大衆が求める流行歌に見られる短調のメロディとが重なっているところが非常に大きい。

 それから、出征していく兵士たちにとっては、これから戦場に赴くという雄々しさと、なんとしても生きて故郷に帰りたいという望郷の念、その悲しさが折り重なっているのが、この曲の魅力だと思います。この曲が太平洋戦争が終わるまで絶大な支持を得たというのには、今言ったような2つの要素が含まれているからなのです。

―― 曲調も、まさにマイナー、短調の曲調ですね。「露営の歌」は「勝ってくるぞと勇ましく~」という跳躍がまた心に沁みて、心が高まるメロディですよね。しかも、「東洋平和のためならばなんで命が惜しかろう」という歌詞で終わる。当時の兵士の気持ちに寄り添っている部分が当然あるわけですよね。

刑部 そうですね。「死んで還れと励まされ」という歌詞が出てきますけど、兵士たちはなんとしても生きて帰りたいと思って出征しているわけです。古関さんは中国大陸に取材や慰問で行った時、会った兵士たちが「今、国の状況はどうですか」「私の出身地はここなのですけど、ここには私の妻がいます」「私には母がいます」「私には子どもがいます」と、自分の出身地が今、どういう状態にあるのかを気にかけていた、その声を聞いたそうなのです。古関さんとしてもそういう思いを受けとめて、「兵士たちは、自分たちの故郷というのが心配でならない。必ず生きて帰りたいのだな」と感じたと言っています。

―― 先生の『古関裕而』の中でも印象的なシーンがあります。戦地へ慰問に行かれた時の話で、ある陸軍病院で演奏会があった時、「露営の歌」を軍楽隊の合奏で、皆が歌っていた。多少サプライズ的に、「この会場には作曲した古関さんが来ている」という紹介があって、古関さんは挨拶に立つわけですが、胸を打たれてしまって、涙が出てきてしゃべれなかったというエピソードをお書きになっていますね。これはどういうシーンなのでしょうか。

刑部 従軍慰問の部隊として西条八十らと一緒に行ったものです。たまたま部隊を慰問する形になって、サプライズゲストのような形で出てくることになるわけです。

 古関さんがひと言挨拶をして、「露営の歌」を演奏して、みんなで合唱するとなった時に、古関さんはその姿を見ただけで、涙が止まらなくなったと言うのです。兵士たちは必ず国に帰りたいという思いがあるのだけれども、果してここにいる何人の兵士たちが生きて帰ることができるかと考えたときに、涙が止まらなくて仕方がなかったそうです。

―― 戦地の兵隊さんも、出征される方々も、本当に心に沁み込んでいったということですね。他の方々が慰問に行った時にも、この曲で同じようなシーンに直面したというようなことも、先生はご本の中でご紹介になっています。実際に戦地に行かれている方々がこの曲を歌うことの意味、思いというものがあると思うのですが、どういう形でこういう曲が受けとめられていったのかも考えていかなければいけないと思います。


●大衆が求めた戦時歌謡、そして『愛染かつら』


―― これも先生のご本の中で印象深かった点ですが、1937年の頃は、売れるので作るけれども、必ずしも戦時歌謡ばかりを国が無理やり作らせていたわけではなく、例えば『愛染かつら』の曲などもけっこう出していたとお書きになっています。1937年くらいだと世間の雰囲気はそういうものだったのですか。

刑部 1937年に「露営の歌」が出て、大ヒットしたことで、レコード会社は競って他社よりも売れる作品を作ろうとした。戦争が始まったから、戦争を題材にしたドラマチックな、3分間の芸術としての歌謡曲を出したほうが売れるのではないかと、みんな考えるわけです。だから「露営の歌」をコロムビアが出した後は、他の会社でもさまざまな戦時歌謡を出すことになり、毎月の新譜が戦時歌謡一色になっていくわけです。

 ところが、最初のうちは売れても、大衆は戦時歌謡ばかりだと「もうたくさんだ」と言って飽きてくる。映画も文学も戦時もの一色になってくると、戦前の...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。