テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハラスメント防止のためのセキュアベースリーダーシップ

ハラスメント防止に向けた風土づくり(4)ハラスメントを予防するリーダーシップ行動

青島未佳
一般社団法人チーム力開発研究所 理事
情報・テキスト
ハラスメントを予防するリーダーシップ行動として、「セキュアベースリーダーシップ」について学んでいく今回。セキュアベースとは日本語で「安全基地」と訳される概念のことだが、心理的安全性と非常に近い概念であるため、セキュアベースでないリーダーの特徴を参考にすれば、改善すべき点が見えてくる。リーダーは自分が部下に与えている影響に気づいているか。また、自分の感情をコントロールできるか。大事になるのは、人間誰もが陥りやすいバイアスを知識として認識しておくことである。(全5話中第4話)
≪全文≫

●心理的安全性を高める「セキュアベースリーダーシップ」


 今日はリーダーシップのお話をしたいので、心理的安全性を高めるリーダーシップとして「セキュアベースリーダーシップ」のご紹介を簡単にしたいと思います。

 前回の(テンミニッツTV)収録の時に、心理的安全性を高めるためには「セキュアベースリーダーシップ」が必要だとお話をしました。セキュアベースリーダーシップとは何かというと、ここに書かれたように「守られているという感覚と安心感を与え、思いやりを示すと同時に、ものごとに励み、冒険し、挑戦を求める意欲とエネルギーの源となる」リーダーで、それを「セキュアベースリーダーシップ」と呼んでいます。

 セキュアベースは、日本語にすると「安全基地」という概念で、愛着心理における安全基地の重要性を提唱したメアリー・エインスワース氏による概念です。子どもが発達する過程においては、このような安全基地が必要であり、こうしたものがないとなかなか物事に挑戦はできない。このように、「セキュアベース」という概念は非常に心理的安全性と近しいので、前回私はセキュアベースリーダーシップを紹介させていただいたわけです(編注:「チームパフォーマンスを高める心理的安全性」6~7話目参照)。

 今の日本企業が忘れているのは、やはり挑戦よりも思いやりや安全でしょう。リーダーのリーダーシップ行動として、このようなところが少し置き去りにされてしまっているからこそ、ハラスメントや組織の中の不穏な行動が起きやすくなっている、と考えられるかと思っています。

 前回は、セキュアベースリーダーシップの特性としていくつかを挙げさせていただきましたので、今回はセキュアベースリーダーシップのポイントをいくつか挙げています。これら1から12が、われわれの提唱したいセキュアベースリーダーシップの項目です。特にハラスメントを予防するという概念に大事なポイントは1と4だと思います。

 1は「部下を人として受け入れる」といいというところです。部下のことをあまりいわゆる「評価」せず、まずは「ありのままの人間」として見ていこうという思考性のことをいっています。

 4は「冷静でいる」です。これは前回も少しお話ししたかもしれませんが、プレッシャーを受けたときでも、冷静でいられる、そんなところがハラスメントの防止にしっかりつながるリーダーシップ行動ではないかと考えています。


●セキュアベースでないリーダーの特徴


 セキュアベースリーダーシップの中、セキュアベースでないリーダーはどんな行動をしているのかを簡単にまとめました。セキュアベースではないリーダーの方は、(自分の行動が)部下に与えている影響に気が付かない。また、自分の感情をコントロールしない。このような特徴が見られるかと思っています。例えば、ハラスメントをしてしまう上司の方は、「この行動をすると、部下がどれだけ傷つき、嫌な思いをするのか」といった思いを馳せるには至っていないと思うわけです。

 それから上司の方は、結構気軽に自分の(感じた)ことをいろいろ発言してしまいますが、部下の方がどれだけその発言に重みを感じているのか、あまり考えられていないところがあるかと思います。「部下に与えている影響に気づかない」というところは、セキュアベースリーダーではない一つのポイントかと思っています。

 2つ目が「自分の感情をコントロールしない」というところです。前回の収録でも伝えましたが、冷静なリーダーとそうではないリーダーのどちらが部下から信頼されるかというと、陽気で明るいリーダーの方でも、感情の起伏が激しい場合には非常に部下に不安感を与えてしまう。一方で、冷静なリーダーのほうが部下からの安心感、信頼感を非常に得られやすい。そういうことが、われわれのフィールドワークでも明らかになっています。


●プレッシャーを受けたときでも「支配型」ではなく「勝利型」でいられるか


 リーダーの方が、いかに自分がプレッシャーを受けたときにも冷静でいられるのかというところが、非常に大事なポイントです。そうはいっても、人間はなかなかそういかず、リーダーも当然人間なので、冷静でいられることは少ないかもしれないと思います。

 この資料では、セキュアベースリーダーシップを「挑ませる(挑戦)」の縦軸と「思いやる」の横軸によって、4象限に分けています。

 一般的に多くのリーダーの方は、プレッシャーがそれほど高くない状況では、右上の「勝利型」に入るのではないかと思います。普段はきっと自分もOK、相手もOKというメン...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。