テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

インフレ激化の真実…デフレ脱却を困難にした日本の労働市場

経済と社会の本質を見抜く(1)世界的インフレと労働市場の影響

情報・テキスト
現在の経済、そして社会の本質を、どのように見抜いていけばいいのだろうか。最初に考えるのは、インフレについてである。可能性は低いが、インフレが激化する「ハイパー・インフレーション」が起こると、いったい社会はどうなるのか。また、コロナ以降、インフレを抑えようと思っても抑えにくくなっているアメリカと、インフレにしようと思ってもなかなかインフレにならなかった日本は真逆の経済状況になっているが、その理由は何か。着目すべきは労働市場で、そこから欧米と日本の違いが見えてくる。(全6話中第1話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:15:08
収録日:2023/08/09
追加日:2023/10/29
≪全文≫

●簡単には「ハイパー・インフレーション」にはならないが


―― 先生、よろしくお願いいたします。

柳川 よろしくお願いします。

―― まずお聞きしたいのですが、おそらく幕末のときは、かなりの激しいインフレーションが起こって、(幕府の)体制が変わっていきました。1850年を100とすると、1865年に200までいきます。ちょうど物価が2倍になるのです。それは金銀比率の問題とか、黒船が来たあと疫病があったり、地震があったりしながらも、2倍くらいまではもっていたのです。

 しかし、そこからわずか3年で、1869年になると、金で見たときは600で6倍になりました。それから、銀で見たときは800で8倍です。これで体制はメシが食えなくなって、もたなくなったという感じの話が1つあります。

 同時に、1980年代の本当に激しいインフレ(についてです)。そこは、実際、(現在の)経済学者で体験した人がいないので、先生のブラジル体験と引き合わせて、ほとんど可能性がないとはいえ、起こるかもしれない、その「ハイパー・インフレーション」というのはどういうものかということを、少しお話しいただければと思います。

柳川 そうですね。今ご紹介いただきましたように、私は本当にハイパー・インフレーションが激しかったブラジルに子どもの頃におりましたので、そういうものを実体験した数少ない人間で、少なくとも日本人の経済学者では本当にいないのではないかと思います。

 単にモノの値段が上がっていくだけだろうという状況ではまったくなくて、相当経済だとか社会のシステムが傷んでいくということです。特に真面目に働いている中間層といわれる人たちが、普通だと貯蓄をして、それで少しずつ資産を貯めていくわけなのですけれども、インフレ調整をして金利をつけてもインフレ率のほうが高いので、貯金をしてしまうとどうしても目減りしてしまうということになってきていました。

 だから、中間層がどんどん没落していくということが起きた大きなことです。かつ、経済も相当荒れていくという意味では、やはりあそこまでインフレが高くなってしまうと経済や社会生活が営めなくなります。それがさらに進み、社会不安だったり、場合によっては革命が起きたりするということを考えると、やはりハイパー・インフレーションは怖いものだなというのは実感として感じるところではあります。

 今は、インフレが起こるメカニズムなど、幕末の頃とは違って相当分かってはきているので、簡単にはハイパー・インフレーションにはならないだろうとは思います。

 ただその一方で、やはりインフレを抑えようとすると、相当社会的なコスト、痛みを伴わなければいけません。今はアメリカだとかヨーロッパの諸国が、ハイパー・インフレーションほどではないですけれども、インフレを抑えようとしてかなり引き締めをしていて、その結果としていろいろなことが起こっています。分かっていても、やるべき処方箋をやろうとすると相当痛みを伴うという意味では、やはりインフレを抑えることの難しさを改めて実感している状況ではあろうと思います。


●インフレを抑える難しさを踏まえた中央銀行の基本姿勢


―― インフレの最初の段階、物価上昇が始まったというとき、どうしても民主主義の政治制度体制の下では遅れますよね。

柳川 そうですね。だから2つの理由があると思っています。1つは、おっしゃるような民主主義の仕組みの中では、なかなか分かっていてもやれることは限られてしまうということです。もう1つは、認識できるのにはある程度ラグがあって、少し時間がかかってしまうということです。そうすると、インフレがだんだん激しくなったと分かってきた頃には手遅れになっているという認識のギャップがあると思います。

 後者のほうはいろいろなテクノロジーが発達してくれば、ある程度は改善できると思います。とはいえ、まだ現段階で、リアルタイムで今週のインフレ率とかいうことをきれいに分かるわけではないので、データは遅れて揃ってくるということを見ると、なかなかすぐには対応できないということです。

 あとは、結局ものの値段が上がってくると、それに合わせて賃金も上げざるを得なくなります。でも、賃金が上がるということはコストが上がるわけです。その分それが物価に跳ね返ってくるということで、また物価が上がるから賃金が上がり、賃金が上がるから物価が上がるというスパイラルが回ってしまうわけです。

 日本の場合は今、それでもってデフレ脱却をしようという形なので、そのスパイラルをうまく利用しようとしているわけなのですけれども、欧米諸国で苦しんでいるのは、そのスパイラルを止めようとすると、ある一時期、相当賃金が下がるか、景気が冷え込むかというようなことをしないと、なかなか止まらないので...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。