テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

公共心だけで人材確保は無理…迫られる給与体系の見直し

経済と社会の本質を見抜く(6)公的機関の人材確保

情報・テキスト
官僚を志望する優秀な学生の減少が取り沙汰されているが、日本銀行にも優秀な人材がなかなか集まらなくなっているという。それは、若くて優秀な人材が民間企業に流れてしまうからだが、ではパブリックセクター(公的機関)としてどうするべきなのか。鍵となるのは、現行の評価体系の見直しにあるようだ。講義後半では、現在の為替レートの見方を、為替を動かす要因に焦点を当てて解説する。(全6話中第6話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:13:42
収録日:2023/08/09
追加日:2023/12/03
≪全文≫

●深刻化する人材不足と優秀な人材を呼び込むための方法


―― 次に、ついに日銀が人を採れなくなったことについてです。

 霞ヶ関で財務省が人を採れなくなった後でも、日銀と外務省だけはかろうじて大丈夫だったのですが、ついに日銀も外務省も、いよいよ採れなくなったそうです。日銀は金融で戦うので、外資の提示する年収と比べて昔は高かったのですけれども、それがどんどん崩れてきた。そして、(日銀が)叩かれるたびにだんだんとそのメリットはなくなってきました。

 そうすると、もうメガ(バンク)とちょぼちょぼくらいのところとの比較では全然敵わなくなり、いよいよ人が採れなくなったという感じです。結局、(例えば)東大の人は外資系コンサルを中心として、みんな他へ行ってしまいますよね。そもそも法学部が定員割れしていることもあるという状況ですし、優秀な人はみんな(民間の)経済のほうに行き、経済の優秀な人は外資に行き、というような感じの循環です。

 そういう循環系がある程度リクルーティングの中でできてしまっているとき、10年~30年という長期で見たら、おそらく相当深刻な問題ですよね。

柳川 そうですね。

―― 政策運営者で、今はまだ政治家が役人(のしり)を叩いても(活を入れても)、優秀な人たちの塊が残っているので回りますけれども、そのうち政治家が全部自分で背負わないと動かなくなるような時期がきています。でも、アメリカのシンクタンクのようなものが日本にあるわけでもないので、そうすると研究者の養成機関もだいぶ違いますよね。

柳川 そうですね。

―― そうすると、誰も国のことを考える人がいなくなったというような話が、いよいよ日銀にも及んできたという感じなのかなと思うのですけれども、特にパブリックのキャリアのところに人が行かなくなるということについて、どういう組み立てがあれば(改善が)可能になってくるのでしょうか。

柳川 そうですね。おっしゃる点は、日本が今抱えつつある大きな課題だと私もすごく思っていまして、なんとかしないといけないのではないかと、同じような危機感を持っているのです。

 やるべきことの1つは、その給与体系と、それからキャリア体系のようなことをもう少し見直すということだと思います。公務員だから安い給料で働き続けるべきだというのはもう成り立たないのだと思うので、持続可能性はないのだと思います。

 ですから、それなりの能力を発揮できる人には外資系並みとはいわなくても、そこにかなり競争力があるくらいの賃金、給与をしっかり出すことです。その代わり、終身雇用である必要はないので、それはしっかり能力を発揮してもらって、能力を発揮できなければ雇用は延長しない、継続しないというような体系でやっていくべきなのだと思います。

―― はい。

柳川 たしか、シンガポールはそのような体系をしています。

―― なるほど。(給与が)ものすごく高いし、若いですよね、シンガポールの次官とか局長は。

柳川 若い人が高い給与をもらって、そこである程度勤め上げたあと、民間で働くわけです。だから、決して終身雇用ではないのです。

―― はい。

柳川 それでいいのだと思います。しっかりとしたパブリックセクター(公的機関)で能力を発揮してもらえばいいので、全員ではなくてもいいのですけれども、いわゆるキャリアの相当大きな意思決定をするような人に関しては、そういう給与体系、人事体系を作っていくべきなのではないかと思います。そのためには、成果をあげたとは何かということをもう少し明確にしないといけないのだと思います。

 最近、いろいろなところで申し上げているのですけれども、今だと、例えば歳出改革ということがかなり政府の大きな命題になっています。歳出をできるだけ減らす、無駄を省く。だから歳出改革をしっかりやれたキャリアの人にすごく高い給与を出すというようなことをしたらいいと思います。それが歳出改革になるのです。

―― インセンティブプランですね。

柳川 ええ。ですから、今はどうしても逆なのです。予算を取ったほうが評価されて、将来のプロモーションに比較優位だという形になっているのです。 その状況の中では、どれだけ歳出改革だと叫んだところで、なかなか実態としては動きにくいのでしょう。「ここの予算を削って」とか「ここはいらないから」と予算を返上したような人はすごく評価されて、給与も上がるし、将来のプロモーションにもつながるというようなことにすれば、ずいぶん行動は変わるのだと思うのです。

 それは一例ですけれども、短期的なボーナスだけではなくて、全体の給与とか評価体系をもう少し他の、先ほどの外資や他の産業、コンサルなどとコンペティティブな形にしないと、残念ながら本当に彼ら彼女らの公共心、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。