テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイヌの即興的な歌や踊りのなかに見つけた「音楽の命」

伊福部昭で語る日本・西洋・近代(3)アイヌコタンでの経験

片山杜秀
慶應義塾大学法学部教授/音楽評論家
情報・テキスト
映画「ゴジラ」(1954) ライヴ・シネマ形式全曲集
(和田薫 指揮 日本センチュリー交響楽団 〈アーティスト〉 )
日本の戦時中に多く演奏されたのが伊福部昭の「交響譚詩」である。日本の民謡をそのまま曲にしているというわけではなく、オリジナリティが高く、それこそ日本的ともいえる曲であるが、なぜそのような独創的な曲を作ることができたのか。それは彼の幼少期の体験が大きく影響している。北海道は帯広の北に音更(おとふけ)という村(当時)があり、彼はそこに小学校4年生から6年生の間、住んでいたのだが、そこにアイヌの集落があったのだ。そこでの経験をたどりながら、本当の芸能について彼の発想を解説する。(全8話中3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:49
収録日:2023/09/28
追加日:2023/11/25
カテゴリー:
≪全文≫

●日本的であるけれども民謡ではない楽曲


片山 戦争中に演奏された伊福部昭さんの曲の中でも、演奏回数が飛び抜けて多かった曲があります。昭和18(1943)年に、日本国内のコンクールで1位を獲って、すぐにSPレコードになり、また日本のオーケストラ音楽として素晴らしいものだという国家のお墨付きである「文部大臣賞」をもらうなどしました。そうして広く流布した曲に「交響譚詩」があります。

―― 少し聴いてみましょう。第1楽章をかけたいと思います。

 (音楽:「交響譚詩」挿入)

―― ただいまの演奏は、「譚-伊福部昭 初期管弦楽 伊福部昭の芸術1」、指揮は広上淳一さん、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏でした。

 今、聴いた曲もそうですけれども、例えば「日本の民謡を曲にしています」「お祭りをそのまま曲にしています」ということではなく、かなりオリジナリティが高いのだけれども日本的である、という形ですね。

片山 そうですね。例えば日本的な民謡というと「木曽節」「ソーラン節」、あるいは「五木の子守歌」などの有名な民謡、子守歌やわらべ歌などのメロディをそのまま使っても、もちろん日本的にはなります。フランスの作曲家も、ドイツの作曲家も、ポーランドの作曲家も、ロシアの作曲家も、ストレートに民謡を使った曲はたくさんあるわけです。

―― そうですね。ストラヴィンスキーもロシア民謡をよく使っていますよね。

片山 そうです。だから、そういうやり方で民族的なものを表現することは、外国の作曲を含めて、当たり前といえば当たり前なのです。伊福部さんもそういうことを考えないわけではなかったのですが、民謡はそれ自体が作品になっていて、1つの完結したものであるから、それをそのまま使うのは安直である、というのが伊福部さんの発想です。

 民謡をそのまま使うものがないわけではありませんが、あまりよろしい道ではないと。もっと素直に、土俗的に生まれてくる音楽の源にさかのぼったものを作りたい、というのが伊福部さんの発想だったのです。

 「木曽節」「ソーラン節」など、私たち日本を代表する民謡はいろいろと思いつくでしょう。これは、例外もありますが、ほとんどが大正や昭和に入ってから歌われ、人口に膾炙して、レコードにもなって有名になったのです。実は山田耕筰などいろいろな作曲家が、民謡風の新しい日本の歌を作ろうなどという風潮に影響されて、元になるような民謡があったとしても近代感覚によって作り替えられ、歌いやすくなり、「これがご当地の民謡です」と流行る。

 もちろん北海道の民謡が作られたのは開拓から後になるわけですから、明治、大正以降のものだというのは当たり前なのですが、日本各地の民謡でも今、私たちが覚えていて歌えるものは、江戸時代からずっとあるというものは実はあまりないのです。

 そうやって新しく、実は西洋の近代のものを取り入れてから、また日本人がそこから歌いやすいと思って作ったものが、日本の民謡となっていることが多い。


●幼い頃に触れたアイヌの文化の影響


片山 それとは別に、北海道で帯広の北に音更(おとふけ)という村(当時)がありました。大豆や小豆などといった、農業の地帯でもあり、周囲からいろいろな農産物を集める集散地のようなところでもあった。

 伊福部さんのお父さんはもともと北海道で警察の幹部でしたが、音更の村長になります。音更の村長になって、当時まだ小学生だった伊福部さんが一緒に連れていかれた。それまでは札幌で暮らしていたのだけれども、小学校4年生から6年生の間は音更に住んだのです。その音更には、アイヌコタンがありました。

―― アイヌコタンとは「集落」ですね。

片山 はい。アイヌの集落があって、アイヌがそれなりに住んでいるエリアでした。当時は、アイヌは民族的に行政が管轄していろいろなことを行う仕掛けがあったのです。アイヌ絡みのことは村長や村役場に全て持ち込まれ、村役場がいろいろと判断して、道庁なりに上げて決裁を仰いでいくというアイヌ行政が、村役場のとても重要な仕事になっていた。

 すると、村長の意向が大きい。だから村長の家に直接、アイヌがたくさんやってきたそうです。これは伊福部さんに伺ったことです。

 当時、民族的に日本人とアイヌは、北海道だからといって必ずしも雑居して、付き合いが深くなるわけではなかった。かなり生活が分離しているから、札幌などにいたら、普通はほとんどアイヌの人との付き合いは生じないことが多い。アイヌの人がたくさん住んでいるエリアに行っても、日本人の生活とアイヌの人の生活は、かなり切れている。仕事場で一緒になるようなことがあったとしても、それで付き合いが深くなったりもしない。だから、アイヌの人と日本の人(アイヌの人も日本の人なのですが、いわゆる...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。