テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

2つの主題を対比する交響曲を超克し、1つの旋律で多様に

伊福部昭で語る日本・西洋・近代(5)西洋音楽の型の超克

片山杜秀
慶應義塾大学法学部教授
情報・テキスト
映画「ゴジラ」(1954) ライヴ・シネマ形式全曲集
(和田薫 指揮 日本センチュリー交響楽団 〈アーティスト〉 )
近代西洋では複数の要素を複雑に構成することがレベルの高い音楽だとされたが、「西洋の没落」が見え始めるとともにその傾向は見直され、1つのものを重視する方法に回帰していく。「複数の要素を構成する」とはどういうものか。また、それがどのようなものに移り変わったのか。ベートーヴェン「交響曲第5番」(いわゆる「運命」)、伊福部昭の出世作となった「日本狂詩曲」第1楽章などを聴きながら解説する。(全8話中5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:14:28
収録日:2023/09/28
追加日:2023/12/09
カテゴリー:
≪全文≫

●戦時中の「アジア的なもの」とは


―― 今、「アジア的なもの」や、もともとがどうだったのかについてのお話になりました。確かに明治に日本は開国し、西洋の文化が入ってくる。その中で、近代的な教育を受けているわけですし、音楽も西洋のものが入ってくる。明治はそうですし、とりわけ昭和の戦争の時期はそうだったと思います。

 では、アジアとはいったい何なのだろうか。日本とはいったい何なのだろうか。当時でいうグローバリズムで西洋文化が世間を席巻していく中で、自分たちとはいったい何なのだろうか。無理にスーツを着ても、やや違和感がある。そういった違和感の中から紡いでいったものがあると思います。それが非常に先鋭的に、おそらく昭和10年代の戦争の期間は、日本の知識人も含めて直面したことでしょう。当時の日本人たちが、特にアメリカと戦う、イギリスと戦うという空気の中で考えた、アジアなり日本というものはどういうものだったのですか。

片山 これもまた、いろいろな考え方があり、当時の日本の中でも大変いろいろな方向性が出てきているので、一概には言えません。

 ですが1つは、音楽にフォーカスして考えると、楽譜をきちんと書いて、オーケストラや和音、リズム、拍子など、そういったこと自体が作為的であるというものです。

 これは伊福部昭さんの立場より、もっと先鋭化している。何でも全て即興で、古代インドのような雰囲気で、皆が無心になって勝手に楽器を演奏したりする。伊福部さんはそういうものを楽譜に書いたということなのですが、「楽譜などもういらないのではないか、楽譜を書いて一生懸命それを演奏しているということが、すでに西洋近代文明的であって堕落している」といった極端な民族音楽学者もいました。「それが本当のアジアなのだ。大東亜共栄圏の音楽というものは楽譜もいらなくていい。全部即興でいいのだ」といったことを言う人まで現れたわけです。


●複数のものを複雑に組み合わせれば「レベルが高い」?


片山 もう1つ、これは伊福部さんにもやや近いところがあるのですが、西洋近代の音楽は複数のものを論理的に構築し、組み合わせるといったことを一生懸命行う、そういった考え方(ややこしく複雑に作れば作るほど立派なのだという考え方)がある。それはベートーヴェンの交響曲を聴くとよく分かります。

―― そのベートーヴェンの例ですが、複数のものの組み合わせとは、いってみればソナタ形式が一番有名です。第1主題を最初に出し、次に第2主題を出す。この2つを物語的に組み立てて曲にするという例だと思います。今、ご指摘のあったベートーヴェンの有名なシンフォニーといえば「交響曲第5番」、俗に「運命」といわれる曲です。それを聴いてみましょう。

 (音楽:ベートーヴェン「交響曲第5番」第1主題 挿入)

―― ここまでがいわゆる第1主題です。「ジャジャジャジャーン」から始まります。

片山 「ジャジャジャジャーン」で比較的統一されるように聞こえる第1主題ですね。

―― これに対して、まったく違うメロディが第2主題として、次に登場することになります。

 (音楽:ベートーヴェン「交響曲第5番」第2主題 挿入)

―― ということで、第2主題が流れた後でもう1回、最初に返る。この曲は、そういった組み立てでできているのですよね。

片山 特にベートーヴェンの「交響曲第5番」は、「ジャジャジャジャーン」で最後まで統一していくところが曲の妙味です。だからといって、全てが「ジャジャジャジャーン」ではない。今、ご説明いただいたように、第2主題がある。

 ソナタ形式はハイドンで確立されたといわれますが、とにかく第1テーマがあって、第2テーマがある。これを「二元論」という言い方をすれば、それは男と女だったり、動と静だったり、強いものと柔らかいものだったり。特に男性的と女性的という言い方をします(ジェンダーやフェミニズムの登場以降、「第2主題が女性的だ」などというのはけしからんとなってはいますが)。

 とにかく、明と暗など、いろいろな2つの違った要素を対比させて、それを対立させたり、組み合わせたり、融合させたりして、複数のものを論理的に「なるほど」という形で構築していく。これが、レベルの高い西洋クラシック音楽の作曲の仕方なのだと。

 要するに複数、特に2つの要素を劇的に葛藤させて、場合によっては葛藤したまま終わってしまったり、融和した形で調和が取れて終わったりする。とにかく複数のものを、どのようにバランスさせていき、ドラマを作っていくか。ドラマツルギーとして登場人物が複数いて、違うキャラクターのものがあるということが基本なのです。


●同じメロディを単純に見せない方法に回帰


片山 でも実は、バッハまでさかのぼると――フーガやカノン、シャコンヌ、パッ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。