テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.06.01

人気のユーチューバー、子どもをめぐるリスクとは?

 近年、注目度を増しているユーチューバー(YouTuber)。人気動画サイトYouTubeに動画をアップロードし、広告収入を得ている人のことです。社会的に、ユーチューバーが職業として定着していると考える人は少ないかもしれませんが、しかし確実にその存在感は増しています。

 インターネットサービスプロバイダーのBIGLOBEは、2017年に発表した「子どものスマホ動画視聴に関する調査」で、小学生の半数以上がユーチューバーの動画を視聴しているという統計を出しました。2017年にソニー生命保険が発表した「男子中学生が将来なりたい職業」のランキングでも、ユーチューバーは3位と健闘。子どもたちと、インターネット動画サイトとの距離は、大人が思っているよりもグンと近いものです。

 そこで今回は、YouTubeをはじめ、動画サイトと子どもたちの付き合い方に大人がどう気を配ればよいのかをまとめました。

視聴時間のコントロールは子どもにさせる

 まずは家族の中で視聴ルールを決めましょう。例えば、「動画サイトを見るのは1日2時間まで」などです。YouTubeには、世界中からアップロードされた膨大な数の動画が存在しています。中には優れた作品を取り扱っているチャンネルもありますが、1本動画を見終わると、自動的に関連性のある次の動画の再生がはじまり、意識的に止めなければ自然と動画視聴時間は長くなってしまいます。

 しかし、親から一方的に「もう消しなさい」と言われても、「いまいいところなのに」と思ってしまうもの。ですから、与えた2時間の配分は子どもたち自身にコントロールさせてみてはどうでしょうか。そうすれば、この動画とこの動画を見ようといった時間の使い方の訓練にもなります。終わる時間まで含めて、子どもたちに判断をさせること、そして時間を守っていない場合はきちんとしかることが大切です。

 小学校低学年のお子さんがいらっしゃる場合は、視聴サイトや視聴方法に気を配る必要もあります。中にはわざと残酷だったり、ショッキングなシーンを入れ込む、悪意のある動画も存在しています。心配な場合は、子ども向けの視聴アプリなどを使用しましょう。

動画アップに潜むたくさんの危険

 子どもたちはユーチューバーをとても身近な存在と感じています。たくさんの動画や、作品を見ているうちに、「自分もやってみたい」と思うようになるかもしれません。それこそ、将来の夢がユーチューバーという時代ですから、それは自然なことのように思います。しかし、だからといって勝手に動画をアップロードさせるわけにはいきません。

 そもそも、YouTubeでは13歳未満の児童のアカウント取得ができないルールです。つまり、アップロードには必ず保護者の同意が必要になります。それを踏まえて、動画アップを許可するか否か、きちんと家族で話し合いましょう。中でも、子どもたちに理解させなくてはならないのは、「動画をアップするということは、さまざまな危険と隣り合わせになる」ということです。

 例えば、うっかり口にした発言から住所や通っている学校、本名が視聴者に知られてしまうなどの個人情報の流出。問題のある発言や、行動をアップロードしてしまい「炎上」するという自体も起こりえます。また、一度ネットに出てしまった動画や画像は、容易に消すことができません。他者からのコメントも、決して温かいものだけではないでしょう。楽しいだけでなく、こうしたリスクや危険性を伝えなくてはなりません。

親が動画制作に協力することもアリ?

 子どもたちはスマホネイティブ世代であり、インターネットネイティブ世代です。放っておいても、手元のスマホで動画も撮影できますし、アップロードも容易に行えます。だからこそ、頭ごなしにすべてを「NG」にしてしまうことはむしろ逆効果ということも言えます。

 ならば、逆に保護者が積極的に関わるということも考えられるのではないでしょうか。動画撮影や編集など、動画制作を一緒に行うことで、リスクをぐんと減らすこともできます。動画制作でコミュニケーションというと突飛な印象も受けますが、子どもたちが楽しんでいることを、保護者側が理解するということも大切です。

ネットの世界を「わからない」で済ませない

 日々進化し続けるインターネットの世界。それは技術面だけでなく、ネットの中で生まれる文化についても同じです。「わからない」「変な世界」とくくってしまうのではなく、子どもたちがリアルに接している世界を、大人もきちんと受け止めながら、一緒に今の時代を生きる必要があるのかもしれませんね。

<参考サイト>
・BIGLOBE:子どものスマホ動画視聴に関する調査
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2017/02/170228-1
・ソニー生命保険株式会社:中高生が思い描く将来についての意識調査2017
http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/nr_170425.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
2

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
3

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授