10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.05.05

直感で判断力アップ~選択肢をへらすススメ

 私たちは、品揃えが豊富なほど、ものは売れると考えがちだ。しかし、一概にそうとはいえないことが分かっている。アメリカのある高級スーパーで、別の日に2種類のテイスティング・ブースを設けた。一つには6種類のジャムを、一つには24種類のジャムを置いたところ、立ち止まる人は24種類のブースのほうが多かったが、売上は、何と6種類のほうが10倍も多かったという。

 独身の若者たちに、オンライン・デートのプロフィールを見せる実験でも、同様の結果が出た。はじめは皆、多くのプロフィールのなかから相手を選びたがっていた。しかし、最終的には、4人のプロフィールを見た群よりも、20人のプロフィールを見たほうがうんざりしていたという。

 人は選択肢が多ければ満足できるというわけではないのだ。

ベテランは直感的に動いたほうが結果が良い

 ある実験では、ベテランのゴルファーが2通りの条件でパットしたところ、面白い結果が出たという。好きなだけ時間をかけてパッティングするよりも、3秒の制限時間を設けて打ったほうが、カップ・インの数が多かったのだ。ちなみに、新米ゴルファーは、もちろん好きなだけ時間をかけたほうが、成績が良かった。

 ゴルフだけでなく、ハンドボールなどのスポーツでも、同様の実験結果が出ている。ベテランは、直感的に動いたほうが、考え抜いた行動よりも概して成績が良いのである。

直感は情報や選択肢がそれほど多くないときによく働く

 以上のことから分かるのは、「情報や選択肢が多すぎると、直感はうまく働かない」ということだ。もちろん、少なすぎるのも良くない。物事がちょうどよく運ぶ情報量が存在するのだ。そして、環境さえ整えば、直感はかなりよく当たるのである。

(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事