10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

プーチンの安全保障と外交戦略の特徴

知られざるロシアの情と理(4)プーチン政権の外交戦略

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
プーチン政権の外交戦略を脅威と感じている人は多いかもしれない。だが、プーチン政権側からすれば、むしろロシアの方が西側諸国に侵食されている被害者なのだという。なぜ、ロシアと西側諸国とでは認識が全く異なるのか。公立大学法人首都大学東京理事長の島田晴雄氏が語る。(全6話中第4話)
時間:11:55
収録日:2018/08/22
追加日:2018/11/03
タグ:
≪全文≫

●プーチンの安全保障と外交戦略の特徴


 さて、皆さんと一緒に、次の大きなテーマである、ロシアの安全保障と外交戦略について考えてみたいと思います。

 この安全保障と外交戦略は世界中の注視の的になっています。なぜかというと、ウラジーミル・プーチン大統領の安全保障と外交戦略はこわもてというか、やや恐ろしいイメージが行き渡っているからです。これについて、西側諸国のイメージとプーチン政権の自己認識に非常に大きな乖離があることが特徴だと思います。ロシアに詳しい人たちは、そのことをよく知っていますが、私たちもそのことについて考えてみたいと思います。

 西側諸国から見るとプーチン政権の外交戦略は極めて攻撃的、侵略的、非民主主義的で、人権を無視してスパイ活動をどんどんやるように見えます。その脅威は深刻ですし、したがって当然、西側諸国はロシアを経済的にも軍事的にも制裁の対象にします。

 そもそも欧州にはNATO(North Atlantic Treaty Organization、北大西洋条約機構)があります。これは、冷戦時代にアメリカが主導してつくった国際的な軍事同盟で、旧ソ連の脅威に対抗するために旧ソ連を包囲する仕組みです。そんなものがあること自体、ロシアがいかに西側諸国から見ると脅威と認識されるかを示していると思います。

 ところが、プーチン政権の自己認識は全く異なります。むしろ正反対なのです。どのように見ているかというと、西側諸国の方が非常に脅威だというのです。政治的にも思想的にも脅威で、西側の悪い思想がロシアに入ってくることは、ロシアの国民の一体感を崩し、団結を崩すというのです。

 もっと恐ろしいことに、ロシアは昔、ソ連でしたが、ソ連はロシアの周りに14の民族共和国という国々を、いわばクッションとして持っていました。チェチェンやジョージア、ウズベキスタンやバルト3国などです。それらは、ソ連時代にはロシアのクッション地帯で、そこに14の共和国がありました。ロシアから見ると、いわば自分の裏庭のようなもので、そこに西側諸国がひそかに入ってきて荒らし回って侵食している。したがって、われわれが守らなくてはならない。そのためには強圧的で攻撃的な手段もやむを得ない。われわれは被害者だからだ。このような認識がロシアには非常に強いのです。

 フィナンシャルタイムズという新聞が、ある論説の中で次のようなことを大々的に書いていました。「ロシアに行くと不思議の国の鏡に入ったようだ。前後左右が逆に見える。大小が逆になる。つまり、西側の論理と全く逆の論理がロシアの中では当然のことのように信じられている」というのです。

 何がそうさせるのか。皆さんと一緒に中立的な立場で事実を追ってみたいと思います。事実について俯瞰した後、私たちはどう考えたらいいのか。西側的な考えで見るのか、ロシア的な考えで見るのか、考えてみたいと思います。


●チェチェンの移動大使の話とロシアのひどさ


 プーチン政権になってからだけ見ても、次のようなことを行っています。チェチェン共和国がロシアの東南にあります。これはイスラム共和国です。民族共和国という裏庭の国の中で一段下の扱いをされていたのですが、ここはそういうこともあって非常にロシアに反抗的で、もっとまともな権利を求めて、いろいろやっていました。ミハイル・ゴルバチョフが失脚した後の時代です。エリツィン時代、ロシアはこの国に攻撃をかけました。ところが、彼の軍隊がチェチェンに捕まってしまいます。それで2次攻撃をかけるのですが、プーチン大統領はすごい攻撃の仕方でした。1999年から2000年です。まず外から爆撃をして、ひそかにスパイを放ち、いろいろなことをして、テロをやったといって仕掛けて、とうとうほとんど主立った反ロシア勢力を殲滅させました。

 実をいうと、私はこの当時、チェチェンの移動大使と数人の専門家で話をしたことがあるのです。その時、移動大使はこう言っていました。「チェチェンはそういう国ですから、いろいろな国に大使館なんか置けないので、いろいろな国に大使が回って、ロシアのひどさを訴えるっていうことをやっていた。ほとんど軍人ですけどね」

 非常に戦慄するような話です。10年ほどたって、その会合を設定した人に「あの大使と連絡ありますか」と尋ねたら、「いや、あの方々は全員殺されました」と言っていました。そういうことをロシアはやっているわけです。


●ジョージアとウクライナにおけるカラー革命


 それからジョージア(グルジア)で、バラ革命が2003年に起きました。これは、同年のジョージアの議会選挙で、不正があったということで反政府運動が広がったものです。それで、ロシアの元外務大臣だったエドゥアルド・シェワルナゼ大統領が任期途中で引きずり下ろされるわけです。

 で、翌年(20...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。