10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

エチオピア正教から邪教とされる憑依儀礼「ザール」

映像で考えるエチオピア(3)宗教儀礼「ザール」とは何か

川瀬慈
国立民族学博物館人類基礎理論研究部准教授/総合研究大学院大学准教授/映像人類学者
情報・テキスト
エチオピアの人々は実際に、どのように宗教を信仰しているのだろうか。国立民族学博物館人類基礎理論研究部准教授の川瀬慈氏は、エチオピア北部の「ザール」と呼ばれる憑依儀礼に着目する。霊媒者が精霊と人々のコミュニケーションを仲介し、独特の言語、音楽を用いて儀礼がなされるというのだ。映像を観ながら、その実態について川瀬氏の解説を聴こう。(全5話中第3話)
時間:15:59
収録日:2018/07/13
追加日:2018/12/09
キーワード:
≪全文≫

●「ザール」と呼ばれる儀礼がエチオピア北部に存在する


 エチオピアでは、キリスト教、イスラムが主要な宗教ですが、祖先崇拝、あるいは自然に霊が宿ると捉えるアニミズムなど、さまざまな在来宗教と信仰の形態が確認されています。その中でも精霊と人のコミュニケーションを仲介する霊媒者が、エチオピア地域社会の政治経済、社会の中で重要な役割を果たすケースも報告されています。

 エチオピア北部には「ザール」と呼ばれる儀礼があります。このザールは、北アフリカ、東アフリカから中近東に広く分布する憑依儀礼です。エチオピア北部はこの憑依儀礼の中心地として知られています。このザールという儀礼においては、「コレ」と呼ばれる精霊が憑依の媒体となる女性に憑依するとされています。憑依の媒体は、アラビア語起源の語で、馬を意味する「ファラス」という言葉を使い表現されます。すなわち精霊が霊媒を乗りこなし、彼あるいは彼女の口を通して人々へメッセージを与えると理解されるのです。

 ザールは儀礼の依頼者の要請によって開催される場合と、宗教に関わる祝祭日に開催される場合があります。依頼者の要請によってこのザールが開催される目的には、病気の治癒や、人間関係の改善、あるいは学業の成績の向上であるとか、失くしたものを探すなどの目的が挙げられます。宗教に関わる祝祭日には、代表的なものにエチオピア正教会の聖人をたたえる日などが挙げられます。これらの祝祭日とザールの開催が、なぜ関連するのかは定かではありませんが、エチオピアの霊媒たちの言説によれば、精霊の好むマメであるとか、あるいはお香であるとか、地酒などが、こういった祝祭日においてはたくさん各家庭に集まりやすいから、そういったものを求めて精霊たちがやってくるといわれています。


●エチオピア正教会は「ザール」を邪教とするが、参加する修道士もいる


 一方で、エチオピア北部の代表的な宗教である、エチオピア正教会はこのザールを邪教と認識しています。私が調査を行っているエチオピアの古都ゴンダールのある修道士は、このようにザールの起源伝承を語ります。

“神が12人の天使を創造した時のこと、暗闇がやってきて天使たちはとても不安になった。この12人の天使のうち、「ダビロス」という名の者が1人いた。彼は天使たちに、「私がお前たちを創造したのだ、私に付いてきなさい」と言った。天使たちは、「あなたが本当に創造主なら人を作って見せてください」と頼んだ。ダビロスは、器用に人間の体を作ることはできたが、それらには魂がなかった。ダビロスを全く信じなかった天使もいたが、幾人かはダビロスの言う言葉が本当かうそか分からず途方に暮れてしまった。そんな時、天使ガブリエルが現れた。そしてガブリエルは、「心から礼拝し、本当の神に対面してみなさい」と天使たちに提言する。天使たちがその通りにすると、神が突然そこに現れた。そこにいたダビロスは神が現れた瞬間、暗闇の世界に転がり落ちていって、ダビロスは悪魔となり、ザールを行い、このザールの系譜は代々引き継がれていった”

 これは、ゴンダールの修道士から見た、このザールという儀礼の位置付けです。

 しかしながら、ゴンダールのザールを実践する霊媒たちによれば、この霊媒に取り付く精霊の中には、キリスト教の教会に熱心に通い、聖書を勉強する者がいるとか、あるいは熱心なイスラム教徒がいるというような言説もあります。さらにこのザールの儀礼の場は、キリスト教徒、イスラム教徒の参加者が同時に居合わせ、教義上はザールに否定的なキリスト教の修道士すらも参加する事例が報告されています。

 このザールによる憑依は、血縁者に受け継がれることが多いのです。霊媒が亡くなると、生前、彼や彼女に憑依していた精霊が、家族の後世に受け継がれ、ザールが継承されていきます。親から子へという1世代感覚の継承形態と同時に、祖母から孫へ、あるいは祖父から孫へというような隔世的な継承の在り方も報告されています。

 ザールの霊媒たちによれば、この精霊を迎え入れるためには、人が十分な準備をする必要があるといわれています。特に、精霊は動物の血と肉が大好きだといわれます。精霊を喜ばせるために、ヒツジや鶏がささげられます。また、精霊はさまざまな香りを好むといわれています。お香、コーヒー豆をいる香り、あるいは外国産の香水などがこの精霊たちに好まれるといわれます。


●音楽職能者が精霊と人々のコミュニケーションを仲介


 ここで、エチオピアの霊媒の姿を描いた『精霊の馬』という、ドキュメンタリー映画を見ていただきます。

 このザールの場における精霊と人々のコミュニケーションを仲介する役として、音楽職能者の存在が挙げられます。この音楽職能者は、精霊それぞれの特徴に合わせた旋律や歌詞...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。