10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

カンヴァスと油彩画の組み合わせを定着させたティツィアーノ

ルネサンス美術(8)ヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノ

池上英洋
東京造形大学教授
情報・テキスト
ティツィアーノ
フィレンツェと北方に次いで、ヴェネツィアはルネサンス第3極として位置付けられる。特に最大の巨匠であるティツィアーノは、共和国の筆頭画家として活躍した。海運国家の特性が対象や技法に現れており、特にカンヴァスと油彩画の組み合わせは、今日の美術の出発点となっている。(全8話中第8話)
時間:11:05
収録日:2019/09/06
追加日:2019/12/04
ジャンル:
≪全文≫

●十字軍が海路を使うようになり、海運国家ヴェネツィアの地位が向上


 さて、ルネサンス美術シリーズの最後を飾るのは、ティツィアーノという画家です。彼は生まれた時期がシリーズの中で紹介した画家の中では一番遅いのですが、ヴェネツィア最大の巨匠です。

 ヴェネツィアは、前にご紹介しました北方やフィレンツェに次ぐ第3極として位置しています。そして、彼はヴェネツィア派最大の巨匠であるだけでなく、カンヴァス画を普及させた人としても重要です。さらに、官能美を肯定するというムーブメントを生み出した人としても重要です。では、見てまいりましょう。

 ティツィアーノは、1488年あるいは90年に生まれた人で軍人の息子でした。ヴェネツィアは当時、経済大国として権勢を誇っていました。これは、十字軍のおかげです。十字軍はエルサレムを取った後、そこに何度も何度も行きます。その時、ヨーロッパの真ん中あたりから来た騎士たちは最初、陸路を通っていたのですが、そこは距離が長く、しかもイスラム圏を通るのは危険であったため、海路を使うようになりました。


 そうなると、ヴェネツィアが有利になります。しかもヴェネツィアは、面白いことをやりました。エルサレムの人々に船や兵隊、食料を提供していたのです。もちろん、契約を結んでお金を取っていたのですが、これを少し安く抑えました。その代わりに、新しい領土を取ったらそこを一部割譲してくれという契約を結びました。これによって、十字軍の前半期には、ヴェネツィア共和国はどんどん大きくなっていきました。

 最大で、210万人の国になりました。これは当時、ヨーロッパの中でも大国のほうでした。経済力としても、フィレンツェに並ぶ経済の極になるので、ちょうど当時のフィレンツェのフィオリーニ(フローリン)とヴェネツィアのドゥカートの2つが、今日のドルと円、あるいはドルとユーロの関係になるぐらい、力を誇りました。


●ルネサンスの終わりはイタリアの衰退期と重なる


 しかし、ティツィアーノが生まれたすぐ後の1492年には、ご存じのようにコロンブスがアメリカ大陸に到達します。その後、急速にヨーロッパの経済的な活動の重心が、大西洋に移動してきたのです。それまでは、地中海がヨーロッパの経済の物流の中心だったので、その真ん中に位置しているイタリアは、経済的な優位性を持っていました。しかし、大西洋側に重心が移動してからは、地中海側にあり、それまで誇っていたイタリアの優位性が失われていったのです。

 つまり、彼の一生の間に、ヴェネツィアをはじめとするイタリアの諸都市が、少しずつ衰退を始めていきました。その後、基本的にイタリアの世紀だったルネサンスが終わり、次はスペインとポルトガル、次いでオランダとイギリスといった新しい時代を迎えます。彼はちょうどその移行期に登場する人物なので、ルネサンスの最後を飾るにふさわしい人物として、ここで取り上げるのです。

 彼は「センサーリア」、いわゆる共和国の筆頭画家になります。1517年に就任するのですが、同じ年、ご存じのようにルターが「95カ条の論題」を提出します。ここから宗教改革が始まっていったので、その後、キリスト教がプロテスタントとカトリックに分かれ、ヨーロッパが2大分裂してしまいます。この影響もあって、教皇庁があるイタリアが衰退を始めました。その面でも、イタリアの衰退期と重なっているのです。


●「線のフィレンツェ派」と「色のヴェネツィア派」


 ティツィアーノの作品を見ていただきましょう。これが『海から上がるヴィーナス』という彼の作品です。今までご紹介したフィレンツェの画家たちやヤン・ファン・エイクなどと比べると、大きな違いがあることにお気付きだと思います。その違いとは、人体の構造として描写があまり正確ではないということです。上腕部は少し太すぎる感じがしますし、骨盤の構造もちょっと妙です。その代わりに、彼女の肉体的な美しさや官能的な美しさが全面に出されています。なおかつ最大の特徴は、輪郭線が甘いということです。

 他の作品も見ていきましょう。例えば、これはミケランジェロの先生であるギルランダーイオの作品です。

 ギルランダーイオは典型的なフィレンツェ派の画家なのですが、ティツィアーノの『海から上がるヴィーナス』と比較すると、ギルランダーイオの作品のほうが線的な描写によって非常に堅牢で構築的なデッサン...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。