テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの脳を人間の脳にする「リリーシング」とは

98歳の医師が明かす「生物学的教育論」(3)「リリーシング」としつけ

井口潔
九州大学名誉教授/日本外科学会名誉会長/医学博士・理学博士
情報・テキスト
生物学的な観点から教育を見ると、年齢に応じて必要な教育は異なる。赤ちゃんに必要なのは、人間としての脳にするために重要な「リリーシング」という働きかけである。赤ちゃんは親の表情や行動などから非常に多くの影響を受けている。では親は赤ちゃんの前でどうふるまえばいいのか。「リリーシング」としつけについて伺った。(全9話中第3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:08:14
収録日:2020/01/11
追加日:2020/07/09
≪全文≫

●自分の親を認識するときの「リリーシング」


―― そうなると、やはりまさにお腹の中から出た時ときの大きな違いなんですね。それまで、お腹の中で神経のもとの部分を作っていく中で、だんだん隙間が作られている。生まれ落ちてさまざまな刺激を受けると、先生がお書きになっているように、ニューロンがいろいろとつながっていく。この隙間ができるという点が重要なのですね。

井口 はい。

―― 生物学的な点に関して、この本(『人間力を高める脳の育て方・鍛え方』)の中で非常に印象的だったのは、年齢に応じて必要なことが変わってくるという点です。例えば、あまり早いうちから知力を養うような教育は必要ではなくて、脳の発達に応じて、この段階ではこれが最適で必要だということがあると強く主張しておられます。これは多くの方に参考になるなと思いながら読ませていただいたのですが、それをぜひこのテンミニッツTVでもお話いただきたく思います。どのような順番になりますでしょうか。

井口 最初のスタートは、こういうことなんです。チンパンジーは生物の最右翼で、最大で500ミリリットルほどの脳を持っています。ヒトの場合、最終的には1500ミリリットルになるわけですが、生まれたときの500ミリリットルほどの脳は、まだケダモノの脳なんです。先ほどいった、オオカミのようなものですよ。

―― それは、生まれた最初がまさにその段階ということですね。

井口 そうです。だからね、それを人間の脳にしなければならないのですね。動物学者によると、魚などの動物が生まれてからすぐ自分の親だと分かるとき、ある鳴き声を出すそうです。「キャキャッ」とね。その「キャキャッ」という特別な鳴き声を聞いたとき、「この子の親になるんだ」と分かる。それを「リリーシング」というんですよ。


●微笑ましいという感覚が赤ちゃんを人間にする


井口 それになぞらえて、例えばお母さんがいて、「かわいいね」とかいって赤ちゃんを抱きますね。すると、家族も来て「かわいい」「かわいい」という。リリーシングはそれに相当するわけです。お母さんの目は、お母さんの大脳の唯一の窓です。その目を通して、赤ちゃんの目に働きかけていく。赤ちゃんの目もその唯一の窓なので、赤ちゃんの大脳に働きかけることになる。お母さんが笑いかけると、赤ちゃんもニコッと笑う。すると、「あ、笑った、笑った」となって、「みんな来てよ」とか笑っていうわけです。そうした暖かいやりとりは、オオカミに育てられた場合とは全然違いますよ。

―― そうですね。

井口 そういった、なんともいえないことがあると、人間になるスイッチが入るわけです。

―― そこでスイッチが入るわけですね。

井口 そうです。ただ、人間のスイッチがどこにあるのかは分からない。だから、これは魚からの類推、仮説ですよ。私は、それでいっこうに構わないと思っています。

 なぜかというと、この頃、未婚のまま子どもを生むことも少なくありません。すると、後からこんな風に結婚するんやなかったとか、別の女があるとかいって、子どもが追いやられることもある。それで、他の人と結婚することに決めたといって、赤ちゃんがそばにいながら離婚はいつにしようかという話をする。そんなことを赤ちゃんの前でいうものではない。いや、言葉が分からないから…。というように、騒々しいことが起こるかもしれない。

―― 赤ちゃんはどうせけんかとかしても分からないから、だから、赤ちゃんの前でも平気で夫婦げんかや離婚の話をするようになると。

井口 だから本当に一番大事なのは、きっちりよく考えることです。結婚というものは、好き嫌いだけでしちゃいかんよと。この子だったらという人なら尊敬できる。そうして、お互いに尊敬で結ばれているから長続きするわけです。

 逆にいえば、赤ちゃんが生まれたときに両親がぎゃあぎゃあと喧嘩をするようでは「その子はえらいことになるよ。手がつけられなくなるよ」ということです。それをよく考えろというために、私は「リリーシング」というわけです。この微笑ましいという感覚が、人間にしているということです。しつけというものを「人間がしなければいけない」というのは、そこなんですよ。


●赤ちゃんは一番敏感な時期だからこそ、しつけ方が全然違う


―― 先生の本(『人間力を高める脳の育て方・鍛え方』)を読んでいて、非常に印象深かったのですが、例えば15歳など、ある程度の年齢になってしつけをされた場合には、もうある程度できてきた脳で考えて、論理的になぜそうしなければならないか考えて理解するようになる。大人もある意味そのように生きていますから、人間は論理で考えていく。しかし、小さい子は、まだその論理の部分ができていないので、しつけを生き方のベースとして受け取ってしまうと。...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。