テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
渡部玄一

渡部玄一

わたなべげんいち

チェロ奏者
故・渡部昇一(英語学者、評論家)の長男。
東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。同校研究科卒。
1993年、米国ニューヨークのジュリアード音楽院卒。
ニューヨーク在住中には国連総本部やリンカーン・センターなどで
数度に渡りリサイタルを開催、好評を博す。
インディアナ大学(米国)でさらに研さんを積んだ後、1995年帰国。
以来、NHK-BS、NHK-FM 出演をはじめ、
ソリストとして、また室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。
2003年より文化庁海外派遣員として一年間ドイツのミュンヘンにて研修。
2008年(株)東京アンサンブルギルド設立。
通常のコンサート活動以外にも日本各地を訪れ300校以上の学校を訪問し、
また介護施設、養護学校、少年院等の訪問演奏も積極的に行っている。
チェロを主に堤剛、木越洋、H.シャピロ、W.ノータスの各氏に師事。
現在、読響日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師。
著書に、
『知的生活の方法―音楽編』(渡部昇一共著、ワック)、
『ワタナベ家のちょっと過剰な人びと』『明朗であれ』(以上、海竜社)などがある。

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」 (全6話)

収録日:2021/08/06
追加日:2021/10/23

古き良きヨーロッパのキリスト教社会が克明にわかる名著

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」(1)古き良きキリスト教社会

追加日:2021/10/23
渡部昇一氏には、若き頃に留学したドイツでの体験を記した『ドイツ留学記(上・下)』(講談社現代新書)という名著がある。1955年(昭和30年)から3年間、ドイツに留学した渡部昇一氏が、その留学で身近に接したヨーロッパ文明のあり...

ルターの宗教改革「免罪符」は実は誤訳?…その真意とは

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」(2)カトリックとプロテスタント

追加日:2021/10/30
渡部昇一氏は『わが体験的キリスト教論』(原題『ドイツ留学記(下)』)で、「猿の神学、猫の神学」という興味深い話を紹介している。これはカトリックとプロテスタントの違いを、動物の習性になぞらえて説明したものだが、この両者...

終戦後ドイツの復興を支えたキリスト教と「教会の力」

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」(3)大いなる「教会の力」

追加日:2021/11/06
日本とドイツはともに第二次世界大戦の敗戦国として奇跡的な経済復興を遂げた。ドイツの場合、日本人の想像以上に、実はキリスト教の力によるところが大きかった。しかも、教会が果たした役割はとても大きいものだった。キリスト教の...

三十年戦争の地獄絵図を経験したドイツの宗教社会とは?

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」(4)三十年戦争の悲惨

追加日:2021/11/13
ウェストファリア体制は「近代ヨーロッパの始まり」といわれる。しかし、それに先立つ「三十年戦争」は災厄と呼べるレベルの宗教戦争であった。それがあまりに悲惨な戦争だったために、その後、ドイツでは、根強い宗教対立感情は残る...

三十年戦争から半世紀でバッハの典雅な音楽が生まれた意味

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」(5)バッハと「受難の典礼」

追加日:2021/11/20
ルター派の音楽家として最大の名前はバッハである。ルター派は、人間の五官の歓びに厳しい目を向けたが、なぜか耳=音楽だけは重視した。その伝統に則り、バッハは「自分の音楽が優れれば優れるほど、神様の栄光を表すものだ」と考え...

キリスト教が分からなければ、西洋の真実は分からない

渡部昇一の「わが体験的キリスト教論」(6)グローバリズムの弊害と宗教心の尊さ

追加日:2021/11/27
渡部昇一氏のドイツ留学体験を通して学ぶべきものは多い。特にキリスト教と西洋の歴史を追体験することにより、西洋社会に対する理解は厚みを増していく。まさに「西洋の本当のことは、キリスト教が分からなければ分からない」のだ。...

渡部昇一に学ぶ教養と明朗 (全10話)

対談 | 執行草舟/渡部玄一
収録日:2020/09/09
追加日:2020/10/09

なぜ、あれほど「底抜けな明るさ」でいられたのか?

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(1)「温かい家庭」という衝撃

追加日:2020/10/09
渡部昇一先生の長男である渡部玄一氏(チェロ奏者)と、渡部昇一先生の著作を読み尽くしている著述家の執行草舟氏が、渡部昇一先生の思い出を語らいながら「教養」と「明朗なる人生」について考察を重ねていく珠玉の対談。渡部玄一氏...

「本当の愛」に基づくイメージは絶対に現実化する

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(2)運命への愛と夢の実現

追加日:2020/10/16
 渡部昇一先生は、「運命を愛する」人間であった。だが同時に渡部昇一先生は、若い頃、大島淳一名義で翻訳していたジョセフ・マーフィーの『眠りながら成功する――自己暗示と潜在意識の活用』が唱えていた「イメージすることによって...

本質をズバリとつかむ「直観力」はいかに獲得されるのか

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(3)直観力の根源とは?

追加日:2020/10/23
あるときは、エーゲ海を泳いで西洋文明と日本文明の違いを悟った渡部昇一先生。またあるときは、自慢の最新式のオフィスを見て、「これは上司は楽でいいですね。監視しやすいから」と喝破してみせた渡部昇一先生。さらに子どものころ...

夢中になれるものに打ち込み、それをずっと継続できる人生

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(4)その刻苦勉励の姿

追加日:2020/10/30
渡部昇一先生は、名著『知的生活の方法』をはじめ、知的生活でいかに自分を伸ばしていくか、どう向上していくべきかについて、数多くの本を遺した。それらの本は、いまでもわれわれに、人生への重要なヒントを語り続けているが、渡部...

抗議運動にも脅迫状にも、絶対折れなかった精神の根幹とは

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(5)勇気を持つには何が必要か

追加日:2020/11/06
激しい論争にも臆せず突き進み、反対派の抗議運動の闘士たちに、大学での講義で毎時間突き上げられても絶対に折れなかった渡部昇一先生。自宅にも脅迫状や電話が舞い込んでくる。しかし渡部昇一先生は、自身の心の中で『菜根譚』の「...

なぜカトリックに飛び込んだら、日本の核心が見えたのか

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(6)先祖信仰とカトリック

追加日:2020/11/13
カトリックは、キリスト教への信仰のなかから「魂の不滅」を掴む。一方、古来日本人は、「先祖が見ている」「子孫からも恥ずかしくない先祖になれ」というような考え方を通して「日本的な魂の不滅」を実感していた。渡部昇一先生には...

厳しい練習は「優しい人間になるため」とフルニエは語った

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(7)乗り越えて掴む「明るさ」

追加日:2020/11/20
チェリストの巨匠フルニエは、演奏家がつらい練習を何百回、何千回も重ねるのは「優しい人間になるため」だと語ったという。この言葉は、勇気を与えてくれる。「自分が成功するため」といった直接的なことよりも、もっと内面的な目標...

芸術の深みや豊かさを決めるのは「人間の器」か「血」か

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(8)芸術の「特性」とは何か

追加日:2020/11/27
20世紀の大ピアニスト、アルトゥール・ルービンシュタイン。彼の自伝は、『チャップリン自伝』並におもしろい。彼は若いころ遊びまくり、数多くの武勇伝を残してきた。だが、第二次世界大戦を機に、音楽の深みが増していく。その1つの...

本を買って書棚に並べれば、読まなくても知性は高まる

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(9)本は自分で所有する

追加日:2020/12/04
渡部昇一先生の書籍に対する根本的態度は、「本は自分で所有する」ということだった。電子書籍よりも、紙の本がいい。自分が必要だと思ったら、自分の本なのだから、赤線を引いたり、書き込んだりすることをためらわない。そうやって...

学問をすればするほど、深く広く知る楽しみは生涯続く

渡部昇一に学ぶ教養と明朗(10)本と学びと人生を愛する力

追加日:2020/12/11
本を買ったのでお金がない。本が積み上がって置き場がない、床が抜けてしまう……。本は、所有者を困らせることばかり。しかし、だからこそ、本の所有者は、本によって「自分の人生を愛する力」を手にすることができる。「この本を買っ...

近いテーマの講師一覧

納富信留

東京大学大学院人文社会系研究科教授

橋爪大三郎

社会学者東京工業大学名誉教授大学院大学至善館教授

田口佳史

東洋思想研究者

山内昌之

東京大学名誉教授歴史学者武蔵野大学国際総合研究所特任教授

本村凌二

東京大学名誉教授文学博士

中島隆博

東京大学東洋文化研究所 教授

賴住光子

東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授

津崎良典

筑波大学人文社会系准教授

森口佑介

京都大学大学院文学研究科准教授