10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

問題解決

問題解決
問題解決」(problem solving)は、思考の一種。解決にいたる手段がすぐには分からず、また習慣的な手段では解決できない問題に直面したとき、あれこれ手段を探索し、正しい手段を発見し、解決にいたることをいう。とくに情報処理分野においては、コンピュータ内に形成・蓄積された知識ベースを利用し、コンピュータ自体の推論操作などによって与えられた問題の解を求めることを指す。問題解決の道筋は論理的推論で成り立ち、概念、判断、推理がそのプロセスとなるが、合理的思考だけでは目的に十分に達することができないことが分かっている。  「10MTVオピニオン」では、生物学者で総合研究大学院大学学長の長谷川眞理子氏が、「知性の進化と科学技術文明の未来」と題したシリーズ講義で、人類の進化史上、問題解決の方法として「科学」が用いられてきたのはごくわずかな期間であることを指摘している。一方、企業経営における問題解決には経営者の「認知」が不可欠であることを説くのは、慶應義塾大学商学部教授・谷口和弘氏。老荘思想研究者の田口佳史氏は、「儒家思想におけるリーダーシップ」などで、東洋流の問題解決法を多くの事例により解説している。

人類史における科学・技術の原動力は「欲求」

知性の進化と科学技術文明の未来(2)科学と技術は別物か
現在の科学技術文明があまりにも急激に進んできたことに、人類学の立場から疑問を覚えているのが、総合研究大学院大学長の長谷川眞理子氏である。今回は、科学の考え方はどこでどのように始まり、どう発展してき...
収録日:2017/10/18
追加日:2018/01/20
長谷川眞理子
総合研究大学院大学長

なぜヒトは進化できたのか?5つの環境要素

知性の進化と科学技術文明の未来(1)ヒトは本当に賢いか
人類の進化史は約600万年。それに引き換え、産業革命以来のおよそ100年間は、あまりの超高速で環境変化が起きていると、総合研究大学院大学長の長谷川眞理子氏は言う。変化の果てに待っているのは何なのか? 多...
収録日:2017/10/18
追加日:2018/01/19
長谷川眞理子
総合研究大学院大学長

イケアの経営戦略から学ぶ「シグネチャプロセス」

ダイナミック・ケイパビリティ(6)ブレない経営者の資質
ダイナミック・ケイパビリティは、組織だけではなく経営者個人の資質としても議論できる。慶應義塾大学商学部教授・谷口和弘氏によれば、経営者に特に求められるのは、様々な問題に注目し、積極的に知見を広げよ...
収録日:2016/06/23
追加日:2016/10/04
谷口和弘
慶応義塾大学商学部教授/南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

ポジショニングアプローチと資源アプローチとは何か

ダイナミック・ケイパビリティ(3)ビジョンと戦略経営
戦略的な経営に必要なのは、自己と他者について知り、目指すべきビジョンを示すことだ。かつてマイケル・ポーターは競争の場の選択が重要(ポジショニングアプローチ)だとし、ジェイ・バーニーは良質な資源を育...
収録日:2016/06/23
追加日:2016/09/13
谷口和弘
慶応義塾大学商学部教授/南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

治水だけでなく農耕地整備や名産品選定も―禹の絶大な功績

儒家思想におけるリーダーシップ(4)禹の問題解決能力
リーダーが備えるべき「問題解決能力」は、古代中国の国王に学ぶべし。老荘思想研究者・田口佳史氏によれば、『書経』に書かれた古代中国の夏王朝の王・禹が行った治水事業には、現代のリーダーシップ論に通じる...
収録日:2015/02/27
追加日:2015/08/27
田口佳史
老荘思想研究者

より良き個人だけでなく、より良き社会のために

儒家思想におけるリーダーシップ(3)特徴と発想の原点
優れたリーダーは、周囲の人間を一致団結させ、国内外との関係すら良好なものにするだろう。老荘思想研究者・田口佳史氏は、リーダーシップについて、個人の話だけでなく、個人の力が社会をどう良くするのかまで...
収録日:2015/02/27
追加日:2015/08/27
田口佳史
老荘思想研究者

「強さ」と「優しさ」―儒教が理想とするリーダー像

儒家思想におけるリーダーシップ(2)放勳欽明・文思安安
『書経』によれば、東洋的リーダーシップとは「強さ」と「優しさ」である。部下に慕われ、夢と希望を与える存在になることが、リーダーの目指すべき到達点である。老荘思想研究者・田口佳史氏が、儒家思想の掲げ...
収録日:2015/02/27
追加日:2015/08/24
田口佳史
老荘思想研究者

描かれていない風景が描かれたもの以上のイメージを喚起

東洋思想の主張~見えないものを見る(2)分析主義と名人の包括的直観力のコラボレーション
東洋思想に精通する田口佳史氏によれば、これからの時代に求められるのは、見えないところを見抜いて多くの人に提示できる「玄人」の力だという。田口氏が、日本人が育んできた「見えないものを見る」力を実例を...
収録日:2014/11/12
追加日:2015/07/16
田口佳史
老荘思想研究者