10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

鄧小平

鄧小平
鄧小平(とう しょうへい、中国語読みはドンシャオピン。1904-1997)は、中華人民共和国の政治家である。フランス留学中に中国共産党に入党、帰国後は革命運動と長征に参加し、1945年に党中央委員となる。1965年からの文化大革命では劉少奇とともに「党内の資本主義の道を歩むひと握りの実権派」と批判されて失脚するが、1973年副総理として復活。周恩来首相の死後に起こった第一次天安門事件では弾圧の責任者として再び失脚する。その後も多くの政争をくぐり抜け、1983年国家軍事委員会主席として中国の事実上の最高実力者となる。1989年には第二次天安門事件が勃発。〝最後の皇帝〟として独裁的支配を強める鄧小平への不満が引き起こしたとされる。1985年頃から彼の唱えた「先富論」は、「先に豊かになれるものたちを富ませ、落伍したものたちを助ける」ことを基本原則とするもので、中国の経済発展をスタートさせた。その思想は李克強首相にも受け継がれている。「10MTVオピニオン」では、経済学者で首都大学東京理事長を務める島田晴雄氏が「鄧小平時代の高度成長モデル」を分析。世界経済においてプレゼンスを高める中国理解の助けとなっている。

中国が欲しいのは不沈空母と新たなシルクロードだ!

激動する世界情勢と日本(4)習近平政権の世界戦略
中国の習近平政権は、アメリカに代わって世界の覇権を握ろうとしている。その「中国の夢」実現のため、南シナ海での軍事展開や21世紀のシルクロード計画、AIIB設立など、覇権獲得の目論見は確実に進行しつつある。千葉商...
収録日:2016/01/26
追加日:2016/05/02
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

限界を見せ始めた中国の高度成長路線の先にある展望とは?

激動する世界情勢と日本(3)中国高度成長時代の終焉
現在の中国に求められているのは、高度成長路線からの大幅な転換と構造改革だと、千葉商科大学学長・島田晴雄氏は強調する。リーマン・ショックの経済対策は焦げ付き、重化学工業は供給過剰だ。この状況からうまくソフト・ラン...
収録日:2016/01/26
追加日:2016/04/28
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

シェール革命と新興国の低迷が招いた「逆オイルショック」

激動する世界情勢と日本(2)止まらない原油安の背景
昨今の異様とも言える原油安が、日本および世界経済に大きな影響を与えている。千葉商科大学学長・島田晴雄氏によれば、この「逆オイルショック」の背景にあるのは、アメリカのシェール革命と新興国の経済成長鈍化だ。特に中国...
収録日:2016/01/26
追加日:2016/04/25
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

鄧小平の改革開放から約40年ーこのままでは失敗する

「中国の大問題」について(2)社会主義市場経済の限界と可能性
類のない超経済大国となった中国。だがその「驕り」は中国の足下をすくうだろうと、丹羽宇一郎前中国大使は指摘する。中国経済は今後どうなるのか。「世界の工場」から「世界の市場」へと移行する中国に対して、日本はどう向き...
収録日:2014/07/28
追加日:2014/09/04
丹羽宇一郎
元中華人民共和国駐箚特命全権大使

欧米列強に蹂躙された屈辱を晴らす―中華の偉大なる復興

中国の歴史認識・歴史の記憶と日中関係(1)中国共産党のレジティマシー
習近平と中国共産党が日本批判を強めているが、それは単に習近平が反日だからではなく、根本的な理由は、中国の「歴史認識」と「歴史の記憶」、そして中国共産党のスローガンにあるという。それは一体どういうことか。石川好氏...
収録日:2014/07/09
追加日:2014/08/07
石川好
作家