10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

マルクス

マルクス
カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)はドイツの哲学者、思想家、経済学者にして革命家。科学的社会主義(マルクス主義)を打ち立て、フリードリヒ・エンゲルスとともに1848年『共和党宣言』を発表、ドイツの社会主義運動を指導した。1849年渡英後、イギリスに活動拠点を置く。ヘーゲル哲学、フランスの空想的社会主義、フォイエルバッハの唯物論等を批判的に取り入れ、独自の階級史観を体系づけ、著作『資本論』とともに資本主義の矛盾を追究するマルクス経済学の理論を生みだした。その理念を実践すべくロンドンにおいて第一次インターナショナルを結成。革命運動にも積極的に身を投じた。マルクス派の活動はパリ=コミューンの敗北、ドイツにおける社会主義鎮圧運動の影響を受けるが、現代でもドイツの社会民主党などにその政治的理念は息づいている。「10MTVオピニオン」では、公立大学法人首都大学東京理事長・島田晴雄氏が日本の戦後復興とマルクス経済に関係線を引き、マルクス経済学者・有沢広巳が考案した「傾斜生産方式」が日本の経済発展に大きく寄与したことを解説。また、上智大学名誉教授渡部昇一氏が、1929年の世界大恐慌を予言的中させたかのようなマルクスの言葉を紹介し、世界と日本の経済動向を解説している。

池田勇人の所得倍増計画を支えた下村治の理論

敗戦から日本再生へ(11)占領後の日本の戦後復興(下)
日本の戦後復興が一段落すると、「東洋の奇跡」と呼ばれた高度成長の時代がやってくる。今回は、日本の成長に直接結びついた二つのポイントをやや詳しく追いかけ、廃墟からの大発展の原因を分析する。公立大学法人首都大学東京...
収録日:2016/07/08
追加日:2017/08/09
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

戦後のリベラルを振り返ると、今リベラルは大変旗色が悪い

戦後レジームとは何か(3)リベラルの戦後史からの考察
丸山真男、鶴見俊輔、加藤周一。それから、小泉信三、田中美知太郎、猪木正道、河合栄治郎に連なる人たちに、高坂正堯、永井陽之助。さらには、香山健一、佐藤誠三郎、西部邁、中嶋嶺雄まで――現在はリベラルには冬の時代だが、...
収録日:2015/12/03
追加日:2016/01/18
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

恐慌は資本主義の必然―マルクスの予言が的中、評価急上昇

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(5)保護貿易と金解禁がもたらした昭和恐慌
1929年の世界恐慌により悪影響を与えたのは、その翌年に成立したアメリカのホーリー・スムート法だった。この法により、世界貿易は1年で半分になったといわれる。そして当時、奇しくもマルクスが「資本主義は必然的に恐慌...
収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24
渡部昇一
上智大学名誉教授