10MTVオピニオンPREMIUM ログイン
渡部昇一

渡部昇一

わたなべしょういち

上智大学名誉教授
昭和5年、山形県生まれ。
上智大学大学院修士課程修了。
ドイツ、イギリスに留学後、母校で教鞭をとるかたわら、アメリカ4州の大学で講義。
上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。
Dr.Phil.(1958)、Dr.Phil.h.c.(1994)。
専門の英語学だけでなく、歴史、哲学、人生論など、執筆ジャンルは幅広い。
昭和51年、第24回日本エッセイストクラブ賞。昭和60年、第1回正論大賞受賞。
英語学・言語学の専門書のほか、近著に『渡部昇一 青春の読書』『読む年表 日本の歴史』(以上、ワック)、『朝日新聞と私の40年戦争』『渡部昇一、靖国を語る』(以上、PHP研究所)、『日本興国への道』(致知出版社)など多数。

本当のことがわかる昭和史 第一章

だから日本は、戦った!

本当のことがわかる昭和史~書籍連動企画のお知らせ~

収録日:2014/11/17
追加日:2015/07/16

半藤一利氏のベストセラー『昭和史』が持つ危険な面とは?

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(1)「客観的かつ科学的な歴史」という偽り

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

張作霖爆殺事件は本当に日本軍の仕業だったか?

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(2)あの当時、相手側が何をしたのか

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

張作霖は日本軍のスパイとしても活躍した男だった

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(3)張作霖はソ連にとっての大いなる邪魔者

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

リットン調査団の満州訪問時期が2、3年ずれていたら

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(4)イギリスはわかっていた

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

東京裁判で不採用だった一級資料本『紫禁城の黄昏』とは?

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(5)田中隆吉vs『紫禁城の黄昏』

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

平成に入り明らかとなったノモンハン事件の衝撃的真相

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(6)「ノモンハン事件は日本の大敗北」は誤り

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

日本の戦車はソ連の25倍以上頑丈だった!

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(7)司馬遼太郎がノモンハンを書かなかった理由

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

占守島では善戦空しく停戦命令で降伏―負け方が下手な日本

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(8)日本軍は負け方を知らなかった

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

見逃せない!ガダルカナルの戦局を不利にした日本人の欠陥

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(9)エリート軍人たちと「ガッツ」

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/10

山本五十六は連合艦隊司令長官になって変わってしまった

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(10)なぜ大バクチは画竜点睛を欠いたか

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

エース・パイロットが語った戦場でのもう一つの真実

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(11)上層部は身内をかばい、責任は現場に

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

東郷平八郎にはあったが、山本五十六に欠けていたもの

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(12)ガダルカナルに大和は出撃しなかった

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

なぜシナ事変が本格的な戦争にならざるを得なかったのか

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(13)シナ側が仕掛けたシナ事変

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

トーチカを占領できたのは日本軍をはめるための罠だった

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(14)土鼠退治と高笑い

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

もしロシア革命がなかったら大東亜戦争はなかったはず

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(15)コミンテルンが東アジアに戦乱を呼び込んだ

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

歴史を考える上で忘れてはいけないもう一つの視点とは

第一章 誰が東アジアに戦乱を呼び込んだのか(16)「講談としての歴史」の重要性

収録日:2014/11/17
追加日:2015/08/13

本当のことがわかる昭和史 第二章

日本の近代史の大きな転換点は明治天皇の崩御だった

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(1)「明治精神」の死

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

大正デモクラシーにも影響を与えたといわれるドイツの書物

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(2)シビリアン・コントロールを知っていた木越安綱

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

当時の海外でも人気を博した小説は「大正」という時代の産物

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(3)「みんなみんなやさしかつたよ」

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

山県有朋が軽い気持ちでつくった制度がやがて大問題に

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(4)ドイツでさえ軍部大臣現役武官制ではなかった

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

朝日新聞の誤報がもたらしたその後の影響は計り知れない

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(5)些細なことが大きな出来事に

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

英国の要請で大戦に参戦した日本は連合国の船舶を保護

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(6)連合国から感謝された日本艦隊

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

アメリカが抗議し21カ条から削除された第5号とは?

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(7)シナの宣伝で嵌められた「対支二十一カ条」

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

約7百人の日本人が惨殺された尼港事件を知っていますか?

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(8)シベリア出兵と尼港事件の惨劇

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

第一次大戦のドイツの敗北は「軍人の敗北」

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(9)「軍人には娘を嫁がすな」

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

自らワシントンに赴き同盟継続を訴えた渋沢の危機感

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死 (10)日英同盟廃棄という致命的な失敗

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

アジアの解放を成し遂げようという動きが在野に広まる

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(11)尊王攘夷とアジア主義

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/17

アメリカは中国で大きな影響力を持つ日本が許せなかった

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(12)日本はアメリカにしてやられている

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

忘れてはならないのは中国でもうけている人間が多いことだ

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(13)なぜ「九カ国条約」を見直さなかったか

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

ABCD包囲陣は不戦条約違反ではないのか

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(14)いわゆる「不戦条約」の偽善

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

近代化が進む中、明治天皇が心配されたのは進化論だった

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(15)当時の指導者の不見識は何に起因するのか

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

教育勅語で徹底すべく起草されたものとは?

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(16)悲劇の時代を率いた「教育勅語を知らない世代」  

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

日露戦争までとまるで違う? 日本軍を驚かせた戦争の近代化

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(17)四個師団廃止と軍の近代化を進めた日本

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

日露戦争までの将校の質が百点なら、シナ事変では50点

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(18)宇垣軍縮を理解できなかった将軍たち

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

第一次大戦の教訓として本気で取り組むべきだった問題

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(19)「石炭の煙」で日露戦争に勝ったが

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

ある人物の不在から日米開戦という不幸は始まっていた!?

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(20)満洲にアメリカの石油会社を招致すればよかった

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

当時も現代も電力の鬼・松永安左エ門がいてくれたら

第二章 軍縮ブームとエネルギー革命の時代「明治の精神」の死(21)資源問題の軽視は、あまりに愚

収録日:2014/12/15
追加日:2015/08/20

本当のことがわかる昭和史 第三章

五・一五事件は2年前にすでに予告されていた!?

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(1)若者に歌い継がれた『青年日本の歌』 

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

昭和初期に「威張る軍人」が初めて出てきた背景

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(2)「軍人さんに占領されているみたい」の真相

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

戦前の大ヒット本? 北一輝の本が右翼のバイブルとなった訳

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(3)「右翼の社会主義者」の強烈な主張

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

当時の共産党はちっぽけな存在で恐れるに足らなかった

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(4)特高の取り締まり対象は左翼より右翼

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

恐慌は資本主義の必然―マルクスの予言が的中、評価急上昇

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(5)保護貿易と金解禁がもたらした昭和恐慌

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

こんな悪い社会にした連中を殺しても、やむを得ない

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(6)天才・高橋是清の貢献も時すでに遅し

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

農村の疲弊が全て金持ちや政府の責任とは言い切れない

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(7)喜んで売られていった娘さんもいた

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

浜口雄幸撃たれる! カッとなった右翼青年が東京駅で発砲

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(8)「統帥権干犯問題」を煽ったマスコミ

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

北清事変で日本軍は模範兵として世界の称賛を浴びたのに

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(9)ジョン・ダワーの「日本人発狂説」

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/24

バルチック艦隊激破以来、競争率が大幅にアップした職場

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(10)派閥意識が少なかった「薩の海軍」

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

ワシントン会議から10年、こんなに日本が不利になるとは

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(11)ロンドン軍縮会議をめぐる大問題

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

「軍」というものの宿命ゆえに海軍内部に残ったしこり

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(12)「条約派」と「艦隊派」の対立という悲劇

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

この男がいなければ昭和10年代の日本の危機はなかった?

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(13)陸軍大将・上原勇作という人物

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

小説のつもりで書いた政府転覆のシミュレーションプラン

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(14)未遂に終わったクーデター・三月事件の衝撃

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

犬養内閣組閣時に漏れてしまった宇垣一成大将の大事な忠告

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(15)半年後に再び計画された十月事件

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

監獄どころか料亭で遊び放題だった十月事件の首謀者たち

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(16)首謀者たちに下されたきわめて甘い処分

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

「話を聴けば判ることじゃろう」「問答無用、撃て」

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(17)海軍の青年将校が主導した五・一五事件

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

五・一五事件の首謀者を死刑にしなかったのは最大の失敗

第三章 社稷を念ふ心なし――五・一五事件への道(18)そして減刑嘆願書が山積みにされた 

収録日:2014/12/22
追加日:2015/08/27

本当のことがわかる昭和史 第四章

陸軍人事抗争~虚虚実実の駆け引き

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(1)田中・宇垣派と上原派の対立の行方

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

鉛筆のキャラになるほどの国民的な人気を博した当時の陸相

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(2)荒木・真崎時代の到来

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

皇道派の勢力を抑えるために行った統制派の人事とは?

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(3)「反皇道派」の巻き返し

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

未遂に終わったクーデター計画。首謀者らの意見書に何が?

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(4)叛乱の前触れ──十一月事件の波紋

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

真崎甚三郎更迭など皇道派追放への反発かつ二・二六の契機

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(5)永田鉄山斬殺事件

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

陛下のお言葉で春の淡雪のごとくに消え去った二・二六事件

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(6)叛乱勃発と昭和天皇の激怒

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

たった一つの制度の復活で国の運命を変えた広田首相の責任

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(7)息を吹き返した「軍部大臣現役武官制」

収録日:2015/01/19
追加日:2015/08/31

民主主義には欠点はあるが軍隊の蜂起が起きにくい制度

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(8)軍隊は民主主義のルールには臆病である

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

日本経済の危機を救えるだけの男を失った二・二六の代償

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(9)恐怖心、パイプ断絶、日本人軽侮

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

ノモンハンの勘違いとドイツの神秘的な強さが同盟を加速

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(10)なぜ三国同盟が結ばれてしまったか

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

独再軍備やソ連の極東軍備拡張に加え米ソの反日扇動

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(11)事件の背景にある国際的な軍拡競争

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

社会主義思想まん延の有無が明治維新と昭和維新の違い

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(12)国家社会主義に幻惑された日本人

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

「戦前は暗黒の時代だった」と決めつけるのは大きな間違い

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(13)『キング』が伝える昭和十一年の日本

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

戦前にも100万部雑誌があった! 軍国主義なんて関係なし

第四章 二・二六事件と国民大衆雑誌『キング』(14)日本人は本来「自由」を愛する国民だったのに

収録日:2015/01/19
追加日:2015/09/03

本当のことがわかる昭和史 第五章

放っておけば朝鮮はロシア領になりかねなかった

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(1)なぜ満洲が重要だったのか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/07

列強に蚕食されていた中国で民族自決の気運が一気に高まる

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(2)アメリカとソ連が火をつけた「民族自決」

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/07

「日本与しやすし」と勝手に条約違反させちゃ駄目でしょ

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(3)幣原外交の致命的失敗

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/07

「日本人に土地を売ったら死刑」という法律までつくられた

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(4)激化する革命外交と排日運動

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/07

当時の国際社会では当たり前のことを日本はしなかった

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(5)満洲事変への批判を招いた幣原外相の罪

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/07

国際連盟での主張不足は松岡洋右の二つの不足が要因か

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(6)どう考えても大義名分が立つ行為だった

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/07

満洲は別物―国際社会に第一に説くべきだったこと

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(7)崇高だった五族協和の理念

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/10

満州事変の立役者も「そのこと」は分かっていた

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(8)なぜ満洲国のみで自重できなかったか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/10

当時の陸軍は全く統制を欠いていたと言わざるを得ない

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(9)参謀本部が止められなかったシナ事変

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/10

アウシュヴィッツのような大虐殺の地に新政府を置くのか?

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(10)南京大虐殺という虚説を封じる反論

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/10

もし大虐殺があったなら、南京政府が樹立できるはずがない

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(11)虐殺後の南京に「汪兆銘政府」ができるか?

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/10

「残虐行為の証拠」の写真も出所は全て調べがついている

第五章 満洲事変と石原莞爾の蹉跌(12)反省すべきは説得できなかった力量不足

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/10

本当のことがわかる昭和史 第六章

いざ戦うとなれば強烈な敢闘精神を示す気風が西洋にはある

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(1)「卑怯な黄色い人間に負けてたまるか」

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

「有色人種は厨房以外では使わない」と書いた米国人の真意

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(2)名実ともに人種差別国家だったアメリカ

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

社会が嫌になり、神も仏もないのかと愚痴さえ出したくなる

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(3)渋沢栄一の「悔し涙」演説

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

人種差別の撤廃を国際会議で初めて訴えたのは日本だった

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(4)人種平等案否決が大東亜戦争の遠因

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

合本主義-渋沢栄一の持論の目的は「公益」の追求

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(5)日本型資本主義の精神と渋沢栄一

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

小村寿太郎以降の世代に欠落していた「清濁併せ飲む度量」

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(6)ハリマン提案を蹴った「深みのなさ」

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

若き田辺朔郎の琵琶湖疏水の偉業を支えたのも「愛国心」

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(7)西洋人たちに見下されてたまるか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/14

早熟度と才能を誤解しないような社会・教育システムが重要

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(8)早熟度がはげるとき

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

ピケティに物申す! 戦前の日本が現在と大きく異なる点

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(9)なぜ「ガッツ」のない人間ができるのか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

激しい対空砲火の中、着陸に成功した「空の神兵」の末路

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(10)華々しく勇敢だった若者に去来した思いとは

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

有色人種の解放は自らの誇りをかけて戦うべき正義

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(11)なぜ対英米開戦に爽快さを覚えたのか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

日本が掲げた理念を各国指導者たちはどう評価したのか?

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(12)大東亜会議を再評価せよ

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

非アウタルキー国家といわれた日本。アウタルキーとは?

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(13)アジア独立こそ日本の生きる道だった

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

東條英機が東京裁判での供述書に込めた静かな怒りとは?

第六章 人種差別を打破せんと日本人は奮い立った(14)最後まで失われなかった誇り

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/17

本当のことがわかる昭和史 第七章

なぜ日本は最後通告の遅滞という重大なミスを犯したのか?

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(1)真珠湾攻撃を「騙し討ち」にした大失態

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

東京か? ワシントンか? 青天の霹靂だからか? 怠慢なのか?

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(2)宣戦布告遅延の責任はどこにあるのか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

身内をかばい、責任を押し付け、罪を恥じぬさまは万死に値

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(3)「軍国主義」より「官僚制度の罪」を猛省せよ

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

「すべて私どもの新聞のインチキ記事によるものです」

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(4)世界に恥ずべき虚構を広めた朝日新聞

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

民族の歴史に対して負い目がありプライドを保つため!?

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(5)なぜシナや韓国は反日に熱を上げるのか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

凱旋将軍として戻った「偉い先生」が戦後日本を変えた

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(6)「敗戦利得者」が強調した「暗い戦前」

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

戦後日本の姿を鋭く衝いた、ある戦争未亡人の歌がある

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(7)「捧げし人のただに惜しまる」

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

日本が戦争を行ったのは大部分が安全保障の必要に迫られて

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(8)マッカーサーは東條証言をそのまま認めた

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

日本で消されたマッカーサー証言~一体誰の命令なのか~

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(9)なぜ重要な証言が知られなかったのか

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/21

強硬なナショナリストだと批判されても歴史を見直すべき

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(10)太平洋戦争における最大のリビジョニストはマッカーサー

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

マッカーサーは全て知っていた~朝鮮戦争と東京裁判~

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(11)身をもって体験した「赤化の危険」

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

重光葵がいなければ、英語が公用語になっていたかも!?

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(12)国連で喝采されたA級戦犯

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

「judgments=裁判」は外務省の誤訳

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(13)「サンフランシスコ平和条約第十一条」問題

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

「裁判」か「判決」か~問題はソクラテス裁判以来の話~

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(14)東京裁判史観が崩れるとき

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

アニメや漫画だけじゃない。外国人はもっと日本を知りたい

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(15)日本の情報を世界に発信する重大性

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

ナチスは一日千人、東京は一晩10万人…この意味は何か?

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(16)欧米の言葉・文脈・文化の中で反駁せよ

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

各国で翻訳! 谷崎の名著が当時を語る動かぬ証拠

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(17)英訳『細雪』がシナ事変を伝えてくれる

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24

アメリカの禁書が教えてくれる歴史の本当の姿

第七章 歴史を愛する日本人の崇高な使命(18)歴史を取り戻そう

収録日:2015/02/02
追加日:2015/09/24