10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.07.23

女性に聞く「イヤな男性の夏服」4つの傾向

 うだるような暑さの中スーツにネクタイで汗だくになっているビジネスマンも多く、男性の場合この季節の服装は、ファッション性は二の次にして、涼しさや吸汗性、速乾機能などを考えて選んでいる方も多いのではないでしようか。

 しかし、確かに涼しそうではあっても「それはないんじゃない?」という服装をしている男性を見かけることも。そこで今回は、女性の皆さんに、「男性のこんな夏の服装・ファッションは嫌だ」というテーマでアンケートしていきます。

女性に聞く、やめてほしい男性の夏服4つの傾向

1)胸、足、腕。露出し過ぎはNG!

・「いくら暑いからって、タンクトップ1枚で外出はやめて。下着みたいだし、脇毛丸出しも嫌い」(27歳)
・「いい歳して太もも半分くらい出る短パンは、パンツのようで生々しくて苦手」(40歳)
・「第3ボタンくらいまで胸を開けていたり、やたら深いVネックを着る男。ホストかよ!」(33歳)

 露出の多いファッションに目のやり場に困るのは男性だけでなく、女性も同じよう。普段はスーツで暑さを我慢している男性も、休日くらい涼しく楽な格好をしたいのも分かりますが、女性の目を意識するなら肌の出し過ぎはやめておきましょう。

2)目に見える汗は、なんとかして!

・「グレーやカーキのTシャツで、汗染みがクッキリ見える男性は近寄りたくない」(35歳)
・「ワイシャツが汗で肌にペトっと貼り付いて、乳首も透けている感じの人。下に1枚下着とか着ればいいのに」(41歳)

 汗をかくのは仕方のないことですが、汗が目に見えると「臭そう」「気持ち悪い」と不潔な印象を持ってしまうのが女性です。汗かきの人はなるべく汗染みになりにくい薄い色を選びたいもの。吸湿性に優れた素材のインナーやシャツも今は手軽に購入できるので、買い替えも検討してみてはどうでしょう。

3)夏を意識し過ぎた、夏男ファッション

・「いつもはシックなのに、夏になるとなぜかアロハシャツとか派手な色や柄を着たがる彼氏がダサい」(33歳)
・「花火やお祭りの時に、着慣れない浴衣を着ている若い男。今にも脱げそうな着方で、みっともないし頭悪そう」(39歳)
・「ポロシャツを着ると襟は必ず立てて、サングラスを胸に掛けるような遊び人ぽい夏ファッションはやめてほしい」(28歳)

 夏は開放的な気分になるものです。しかし女性は、夏に浮かれている雰囲気の、チャラい男性のファッションを「チンピラみたい」「遊んでそう」と嫌う傾向が。特に彼氏や夫といった身近な男性が、派手な夏ファッションをするのは許せないようなので気をつけましょう。

4)醸し出される、くたびれたオヤジ感
 
・「スーツの下のワイシャツが半袖のサラリーマン。急にオヤジっぽく見えてしまう」(31歳)
・「あきらかに夏物ではない、厚めな生地のスーツを着てる暑苦しい人。おじさんに多い」(35歳)
 「首が伸びていたり着込み過ぎてクタクタだったり、年季の入ったTシャツは着てる男性もくたびれて見える!」(40歳)

 なぜか多くの女性達に評判が悪いのが半袖のワイシャツ。暑苦しいスーツもくたびれたTシャツもそうですが「ファッションに気を遣ってない」感が出てしまうと、オヤジ扱いされがちのよう。身につけるアイテムが減る夏だからこそ、おしゃれやファッションへの意識が見えやすいのではないでしょうか。

夏を彩るのは女性だけ?男性に求める夏服は保守的。

 いかがでしたか?生足にサンダル、ノースリーブにキャミソールと、女性たちは夏ファッションを開放的に楽しんでいるものの、男性の夏の服装に関してはあくまで保守的なのかもしれません。

 特に女性からの意見が多かった4つの傾向から分析すると、男性は、いかにも”夏”なファッションと、だらしなさや不潔な印象のファッションにならないように心掛けるのが大切だと言えます。

 涼しげな爽やかさや清潔感と、落ち着き。男性のみなさんは、まずはこの2つのポイントを意識して、猛暑と夏ファッションを乗り切ってください。
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事