10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.09.14

【仕事と年収】気象予報士(38歳女性)

 今回は「気象予報士」の方に年収などのリアルなお金事情、その仕事の内容をうかがいました。

【年齢】38歳(女性)
【住まい】埼玉県
【独身or既婚】既婚

経歴を教えてください。

 高校卒業後、土木、美容、ITと様々な職種を経験。退職を期に、以前から興味のあった気象予報士の試験を受験しました。噂通りとても難しかった(合格率約4%)のですが、2年かけて合格しました。

 当初は仕事にできるかは全くわからず、好きというだけで勉強しましたが、試験が終わると覚えたことはどんどん忘れていく一方。せっかく勉強したのにもったいないと感じ、資格を活かして仕事ができないものかと就職口を探したところ、いまの会社に巡り合いました。一年ほど働いたところで、現在は育休中です。

年収/月収/賞与について教えてください。

 年収300万円、月収25万円、賞与はなし。時給、経験に応じ昇給。

貯蓄額はおいくらですか?

 50万円。

年間休日は?

 平均180日。シフト制。土日祝日や正月も関係ありません。

仕事の内容は?残業はどれぐらい?

 気象予報士というと、キャスターのイメージが強いと思いますが、実はキャスターは資格がいりません。原稿を読むのは、アナウンサーやアイドルでもOKなのです。資格が必要なのは予測をする時です。

 私は自治体や公共の交通機関などに局所的な天気予報をする部署で、予測をしています。例えば、電車なら、強風が吹けば徐行運転をしなければならないとか、道路なら雪が積もったら除雪車を出さなければいけないとか、私が出した予測で準備をすることになります。ちなみに、港の波の高さの予測もします。

 残業はほとんどありません。ただし、荒天時はクライアントからの問い合わせに対応するため、残業することがあります。

この仕事の良い点は?

 天気という生活に密着したものですが、自治体や企業が相手となると、防災のニュアンスが強くなるので、責任重大です。港の波の高さの予測では、自分の予測によりタンカーが港に入るか入らないかで、何億というお金が左右されることもあります。だからこそやりがいはあります。計り知れない自然現象を、天気図などを見て予測するのは、とても楽しいです。自分が予測した通りになると、なおさら嬉しいです。

この仕事の悪い点は?

 当たって当たり前と思われているので、予測が当たっても誉めてもらえません。自然現象を予測して当てることはすごいことなのですが、外れると怒られます。

 大気が不安定で、どこで雨が降ってもおかしくないときに、「ここは何分後に降り始めて、何㎜、何時まで降りますか?」という聞かれ方をすると、「そんなのわからんわー!」と言いたくなりますが、お金をいただいているクライアントにそんなことは言えるはずもありません。わからないことをクライアントが満足するような伝え方をしなくてはならないのが、とても難しいです。

――――――――――

 「気象予報士」の仕事と年収、いかがでしたでしょうか?

 多くの人が「当たって当たり前」と思う天気予報ですが、確かに自然現象を予報するのはすごいことです。私たちもそういった考えは、改めなければいけませんね。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい