テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.09.24

【仕事と年収】水族館飼育員(25歳女性)

 今回は25歳の「水族館飼育員」の方に年収などのリアルなお金事情、その仕事の内容をうかがいました。

【年齢】25歳(女性)
【住まい】東京都
【独身or既婚】独身

経歴を教えてください。

 幼稚園のときからイルカに関係する仕事に就くことが夢で、大学でもイルカの研究を行い、水族館に就職。

年収/月収/賞与について教えてください。

 年収360万円、月収25万、賞与は年2回で60万。

貯蓄額はおいくらですか?

 100万円。

年間休日は?

 不定期で月10日休み。夏季休暇などの長期休暇はなし。有給は年14日ほど。

仕事の内容は?残業はどれぐらい?

 水族館の動物の飼育。イルカやアシカ、ペンギンのショーにも出演する。1日のシフトは早番と遅番があり、早いときは7時30分出勤、遅いときは12時出勤。その日によってアシカやペンギンを担当することもあれば、イルカを担当する日、餌の準備をするだけの日もあり、これらは全てショーチームの仕事である。基本的には掃除、給餌、餌の準備、パフォーマンスで一日の仕事が終わり、更にイベントの企画や書類作業などもある。残業は平均で35時間ほど。

この仕事の良い点は?

・動物と常に一緒にいられるところ。
・毎日何が起こるかわからないところ。
・自分でイベントやプログラムの企画が出来るところ。
・お客さんが動物を好きになってくれて、いろんな声が聞けること。
・お客さんのダイレクトな反応が見られるので、自分に自信がつくところ。

この仕事の悪い点は?

・怪我をすることがあること。
・長期休暇が取りづらいこと。
・気温の影響を思いきり受けること。
・自主的に動物の飼育について、勉強しなければならないこと。
・仕事の合間に時間を見つけて、泳ぎの練習をしなければいけないこと。
・日焼けしやすいところ。

――――――――――

 「水族館飼育員」の仕事と年収、いかがでしたでしょうか?

 国税庁の平成28年度の民間給与実態統計調査では、20代後半女性の平均年収は309万円。この方の年収は360万円と平均を上回っています。体が資本の仕事ではありますが、やはり「好き」を仕事にしている人が多いので、悪い点も目をつぶることができるのかもしれません。

<参考サイト>
・国税庁HP「民間給与実態統計調査」より
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
2

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
3

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

運と歴史~人は運で決まるか(1)ソクラテスが見舞われた「運」

歴史における「運」とはどういうものだろうか。例えば、富裕と貧困という問題について、「運」で決まるのか、あるいは「運」とは異なる努力、教養、道徳などの要素で決まるのかという点でも、思想家たちの考え方は分かれる。第1...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/04/18
山内昌之
東京大学名誉教授
4

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授