10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.10.23

50代男性上司が喜ぶ誕生日プレゼントは?

 上司に贈る誕生日プレゼントは、失礼があってはいけないし、あまり下心ミエミエにもなりたくない。特に目の肥えた50代男性上司ともなると、気を使ってしまいます。この年代にポイントを絞って調べてみました。

50代男性の特徴は、隠された意味を読むところにあり

 まず、上司への贈り物として避けるべきものは「靴」「サンダル」「スリッパ」「靴下」「マット類」などの踏みつけにするもの。贈る側にそんな気持ちはなくても「あいつ、いつも俺に踏みつけにされてますって言いたいんだな」と思われるかもしれませんし、逆に上司を踏みつけたい願望かと思われてしまうこともあるといいます。いずれにしても避けるのが無難です。

 また、知らないと贈ってしまいそうなのが、万年筆や高級ボールペンなどの「筆記具」や「ベルト」。筆記具は「精進して学習に励むよう」という意味を込め、目上の人が若者に贈るもの。ベルトの場合は、「腹をしめてください」という意味になります。「あいつ、オレが職場で気を抜いていると思っているんだな」と翌日から風当たりが強くなる可能性もあるので、ひかえましょう。

 つまり、50代男性の特徴はとかく「ウラを読もうとする」ことにあるのです。上と下とにはさまれて、会社の複雑な人間関係に悩まされる年代ですから、無理もないところですね。

 そんなにややこしいのならいっそキャッシュか商品券で、と思われるかもしれませんが、実はこれも目上の人に対しては避けるべきタブーの一つです。「自分で好きなものを選びなさい」という意味合いもあれば、「実はお金、困ってるんじゃないの」と痛くもない懐を探られている感触を持ち、カチンとくる人もいそうです。

間違いがないのは敬意を込めた「名入れ」ギフト

 ウラを読むのに敏感な、この年代の男性には「自分が特別扱いされている」ことを素直に喜ぶ傾向もあります。ですので、贈って喜ばれるベスト・チョイスは「名入れグッズ」。名前や似顔絵を入れることで、定番の品が「世界で一つだけ」のプレゼントとなる点、それだけの手間をかけてくれた点が大いに評価されます。

 名前入りというと、ジョッキやマグカップ、タンブラーなどがすぐに浮かびます。これらのほか、お酒やスイーツなどの嗜好品、ゴルフボールや名刺入れ、USBメモリー、眼鏡ケースなど、いろいろなものに名前を入れることができます。

 予算が許せば、上司の誕生年のお酒やワインをチーム全員から贈るのもいいですね。また、もしも上司が愛煙家であれば、風当たりの強さにストレスが深まる昨今、ライターや携帯灰皿などを名入りにすると、「わかってくれたのか」と、喜ばれることうけあい。ただし、嫌煙派の目に止まらないよう、こっそり渡しましょう。

 お酒もタバコもやらないけれど、遊び心のある上司なら、デスク周りの小物が収納できる便利グッズはいかがでしょう。ドイツのトロイカというメーカーが出しているフォルクスワーゲン・タイプのものは、ステーショナリーとしてはやや高価ですが、遊び心のある逸品です。

 銀色の小さなフォルクスワーゲン・バスは、デスクのおしゃれなアクセント。ペンやスマホ、ゼムクリップなど、散乱しがちな小物をまとめて面倒みてくれるところ、頼りになる上司にはぴったりです(名入れもできます)。

ありがちだけど、もらって困るプレゼントは?

 この年代に限りませんが、ありがちだけど、もらって困るのは、ネクタイやタイピンなど、センスに依存するギフトです。あまりしゃれていても、「ちょっとはオシャレしてくださいよ」と言われているようで気分を害し、逆に無難な品だと「その程度の評価か」とがっかりさせてしまうのが複雑なところです。

 上司自身がこだわりのない人でも、持ち帰ったご自宅で奥様やお嬢様から「…」な反応が返ってきて困らせてしまう場合もしばしば。身につけるものを贈るのはひかえ、お酒やスイーツなどの「消えもの」やオフィスだけで用いるものにしておくのがいいでしょう。

<参考サイト>
・TROIKA DESIGN STORE:〔VOLKSWAGEN〕フォルクスワーゲン・タイプ2のペーパーウエイト&クリップ+ペンホルダー
https://www.troikadesignstore.jp/product/3239
(10MTV編集部)