テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.04.02

30~40代男性に聞いた女性の「好きなメイク」

 SNSなどで「スッピン」と称した自撮り画像をアップする女性がいますが、それを見た女性陣からは「カラコンもアートメイクもしているからスッピンではない!」とか「スッピン風なだけ」「フィルターを使っている」など、スッピン偽装を見破る発言で炎上することもあります。そんな時に男性からは「スッピンなのにキレイなのは最高!」との声が上がることも多く、案外その違いが分かっていないことが多いよう。しかし、女性のメイクに関してはあまり知識がないものの、女性のメイクに対してダメ出しする男性の声は意外とよく聞くのではないでしょうか。

 男性達が「美しいスッピン」が好きなのは多くの女性達が感じていることですが、「好きなメイク」についても気になるところ。そこで今回は、女性を見る目も鍛えられているはずの30~40代男性達に、女性の「好きなメイク」についてアンケートし、その声をまとめていきたいと思います。

男性の「こんなメイクにしてほしい!」を実践するには?

1)素肌を感じるスベスベなベースメイク
 作り込まれたマット感や艶の出るファンデーションではなく、凹凸のないスベスベ素肌が感じられるベースメイクに人気が集まりました。「ニキビや皮剥け、毛穴が目立たず、つるっとした肌に仕上がっていると清潔感もあるし好き」、「触ったらファンデーションが手に付きそうなのは苦手。思わず触れたくなるのが透明感のあるスベスベな肌」など、ベースメイクには作り込み過ぎない、なめらかな質感が求められています。

<失敗しないためには>
・粗を隠そうとして厚塗りをし過ぎない。シワや肌荒れを目立たせ老け顔になり逆効果。
・ベースメイク前のスキンケアを重視し、ザラつきや乾燥を減らす。

2)流行も取り入れたナチュラルな眉毛
 ナチュラルと言っても手入れをせずボサボサの太眉や、眉尻がなくなったまま描かないのもNG。「地の眉毛を活かした自然な整え方をしていると上品」「眉毛には結構流行があるみたいなので、その時の流行りを意識しているだけでもオシャレに感じる」など、眉毛には結構目が行く男性も多い印象が。旬のスタイルを取り入れ、不自然に主張しない眉メイクは男性ウケが良いようです。

<失敗しないためには>
・自分の眉毛の色に近いアイブロウを選ぶ。
・眉毛のスタイルを決めつけず、毎年アップテートする。

3)長く上がったまつ毛
 マスカラに付けまつ毛、エクステなど、女性が必死になりがちなパーツNo.1はまつ毛。しかし男性の意見を聞くと「あまりバサバサ、くりんくりんしてるのはギャルみたいで痛い」、「長めでスッキリ上向きが好き」「目ヂカラを強調し過ぎると古臭いので、涼しげな長いまつげが良い」と、量や濃さよりも、長く上がった清潔感あるまつ毛に人気が集中しました。

<失敗しないためには>
・マスカラはボリュームタイプより、長さを出すものを選ぶ。
・付けまつ毛やエクステは、自まつ毛に近い控え目な仕上がりでとどめる。

4)潤ったピンク系のぷるぷるな唇
 濃い色や、テカテカギラギラするグロスは不人気。「優しくて上品な印象のピンクの口紅が一番好き」、「ちょっと透明感があり、ぷるぷる潤いを感じるピンク系の唇」など、細かく語ってくれる男性も多かったのがリップメイク。「たまには濃い色もかっこいいな、セクシーだなと思うけれど、乾燥やラメでガサガサしていたらアウト」と唇にはみずみずしい質感が最重要視されています。

<失敗しないためには>
・ピンクは幅が広く人によって発色も変わるので、必ず試し塗りをしてから買う。
・潤い感を出そうと、油分たっぷりなグロスや乾燥するパールやラメ入りのものは避ける。

男性ウケの良いメイク、意識したい3つの秘訣

 30~40代男性に聞いた女性の「好きなメイク」から、男性ウケをしたい女性が意識したい以下の3つのメイクのポイントが見えてきました。

・見た目の色や形より、質感が最も大切。
・「上品」「清潔感」「潤い」が男性の好きなメイクワード。
・盛り過ぎメイクは、古臭く時代遅れに映る。

 細かいメイクのテクニックよりも、メイクの雰囲気で好き嫌いを判断しているのが男性の目線。中には「デパートのコスメ売り場のお姉さんみたいな完璧なメイクも好き」とか「めずらしく赤い口紅を塗ってきた女性にドキッとした」という男性もいました。時にはそんなギャップにも目を惹かれるものですが、万人ウケを目指すならハードルは高め。やはり「美しいスッピン」に弱い男性心理を理解して、思わず触れてしまいたくなるような、メイクしました感の少ないナチュラル風な薄化粧を目指すのが妥当と言えます。

 一度濃くしたメイクを薄くするのは女性にとって簡単ではないですが、毎日気合いを入れてフルメイクをしている人は、今までの8割くらい…と意識して、いつもより抑えめなメイクで男性の反応を伺ってみるのも良いかも知れませんね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授