テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.06.07

母親が子どもに習わせたい「おけいこ事」は?

 保険会社のアクサダイレクト生命は0~9歳の子どもを持つ母親に対し「子どものおけいこ事」について調査を実施しました。この調査結果をもとに、現在の子どものおけいこ事事情について解説します。

おけいこ事の数・費用は、年々減少傾向

 アクサダイレクト生命が行った「第6回 子どものおけいこ事に関する調査」によると、子どもに習わせているおけいこ事の数で「1つ」を選んだ親は61.7%、「2つ」は24.9%、「3つ」は9.8%。平均のおけいこ事数は1.56個でした。また、おけいこ事にかける費用は平均で世帯年収の2.6%という結果に。年収500万円の家庭なら年に約13万円、月に1万800円程度をおけいこ事費にあてている計算になります。

 ただ平均のおけいこ事数は第1回目(2013年)の調査の1.68個から減少傾向であり、またおけいこ事費も第1回目の3.0%から下落し続けています。アクサダイレクト生命はこの結果について「消費税増税に対する懸念」が影響したのではないかと指摘しています。

<習わせているおけいこ事の数>
第1回(2013年10月)【1つ】54.7% 【2つ】27.5% 【3つ】13.8% 【4つ】3.0% 【5つ以上】1.0%
第6回(2019年3月)【1つ】61.7% 【2つ】24.9% 【3つ】9.8% 【4つ】2.5% 【5つ以上】1.0%

<平均のおけいこ事数>
第1回(2013年10月)1.68個
第2回(2015年1月)1.57個
第3回(2016年2月)1.60個
第4回(2017年2月)1.53個
第5回(2018年2月)1.56個
第6回(2019年3月)1.56個

<お稽古費用の世帯年収に占める割合>
第1回(2013年10月)3.0%
第2回(2015年1月)2.8%
第3回(2016年2月)2.8%
第4回(2017年2月)2.7%
第5回(2018年2月)2.7%
第6回(2019年3月)2.6%

人気のおけいこ事 第1位は「水泳」

 「人気のあるおけいこ事」のトップ5は以下の通り。「水泳」「英語・英会話」「ピアノ」「通信講座」「体操教室」が、調査開始以来常にトップ5位内を推移しています。

 中でも断トツ人気の「水泳」は、調査開始の2013年から6年連続で1位となっています。

<現在子どもに習わせているおけいこ事>
1位 水泳(35.0%)/ 1位→1位→1位→1位→1位
2位 英語・英会話(16.6%)/ 3位→2位→2位→3位→2位→2位
3位 ピアノ(14.0%)/ 4位→4位→3位→2位→2位→3位
4位 通信講座(13.1%)/ 2位→3位→3位→4位→3位→4位
5位 体操教室(12.7%)/ 5位→5位→4位→5位→4位→5位
※「/」は第1回~第6回(2013年~2019年)の各ランキング推移

 今回の調査で人気ナンバー2の「英語・英会話」は、小学校の必修科目に英語が追加されたことが大きく影響していると考えられます。「早いうちから英語に慣れ親しんでほしい」と考える親御さんが多いのかもしれません。ほかに学力向上が期待できる通信講座や、身体をのびのび動かせる体操教室が選ばれているところを見ると、フィジカル面の強化と将来性を重視したおけいこ事に人気が集中しているようです。

 ランク外ではありますが、子どもに「プログラミング」を習わせる親御さんも年々増え続けており、第4回目の調査(2017年)で2.9%、第5回目(2018年)で5.0%、第6回目(2019年)で9.1%と、右肩上がりで上昇しているという調査結果も。「英語・英会話」と同じく、昨今の世相を反映しているといえるでしょう。

昔ながらの「定番」も根強い人気

 イマドキのおけいこ事が注目されるいっぽう、「習字」や「そろばん」といった昔ながらのおけいこ事も依然根強い人気を誇っています。同調査の中の「今後子どもに習わせてみたいと思うおけいこ事」のランキングでは、ほぼ毎年、習字とそろばんがトップ5以内にランクイン。習字とそろばんも、余裕があればぜひ習わせたいと思っている親御さんが多いようです。

<今後子どもに習わせてみたいと思うおけいこ事>
【第1回】
1位 水泳/2位 英語・英会話/3位 ピアノ/4位 習字/5位 そろばん
【第2回】
1位 水泳/2位 英語・英会話/3位 ピアノ/4位 習字/5位 そろばん
【第3回】
1位 水泳/2位 ピアノ/3位 英語・英会話/4位 習字/5位 そろばん
【第4回】
1位 水泳/2位 ピアノ/3位 英語・英会話/4位 習字/5位 体操教室
【第5回】
1位 水泳/2位 英語・英会話/3位 ピアノ/4位 習字/5位 そろばん
【第6回】
1位 水泳/2位 英語・英会話/3位 ピアノ/4位 習字/5位 体操教室

 スタッフの周囲で、子どものおけいこ事として習字やそろばんを習わせている(いた)人、またいずれ習わせたいと思っている人に聞いたところ、習字は「集中力がつく」「字がきれいになる」、そろばんは「計算力が高まる」といった、生活面での実践的なスキルアップが期待できるという意見が挙がりました。また、習字はひと月で2~3,000円程度、そろばんも数千円程度の月謝で済むうえ、そろばんだけ用意すれば始められるという敷居の低さが魅力であるとの意見も。

 数も費用も年々減少傾向にあるとはいえ、おけいこ事への関心はまだまだ高いまま。親にとって、子どもの成長によりよい影響を与えるおけいこ事をさせたいという思いは、いつの時代も変わらなそうです。

<参考サイト>
「第6回 子どものおけいこ事に関する調査 *1」結果│アクサダイレクト生命保険株式会社
https://www.axa-direct-life.co.jp/news/2019/news_190326.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
2

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
3

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(6)スタートアップ成功の秘訣:後編

世界を変える革新的なプロダクトは、一人の天才的な経営者が生み出しているように思われがちだが、実際にはそうした経営者を支える仲間がいるケースがほとんどだという。前回は、「スタートアップ成功の秘訣」の前編として、ア...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/24
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(8)日本の新しい平和戦略

日本は戦後70年以上、日米安保の下で経済活動だけに注力してきた。そして1人当たりのGDPではアメリカと肩を並べるほどに急成長したものの、この「軽武装・経済優先主義」の代償として国民の安全保障への意識低下を招いた。だが...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/05/22
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

男性脳と女性脳の違いから分かる「子育てのトリセツ」

男性脳と女性脳の違いから分かる「子育てのトリセツ」

黒川伊保子先生に学ぶ「子育てのトリセツ」(1)男性脳と女性脳はどこが違うのか

「男性と女性では、とっさに見る場所が異なる」――。まだ男女の脳が違うということが社会的に話題にならなかった頃から人工知能開発に携わってきた黒川伊保子先生。その過程で気づいた「男女の脳の特性の違い」とは何か。(全7話...
収録日:2021/06/28
追加日:2021/08/23
黒川伊保子
株式会社感性リサーチ 代表取締役社長