10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.09.15

アラフォーがやるとNGなメイクとは?

 女性には欠かせないメイクですが、40代になっても若いころと同じメイクを続けていませんか? 年齢を重ねると着る服が変わっていくように、メイクも年齢に合わせたものに変えていく必要があります。アラフォー女性にとってどんなメイクがNGで、どんなメイクがベターなのでしょうか。

こんなメイクはNG!

 アラフォー女性のメイクで絶対に避けたいのは「メイクのしすぎ」と「メイクのしなさすぎ」の2点。そのバランスをとるのが大切なのです。

 例えば、がっつりアイラインやくっきりチーク、こってりとしたグラデーションのアイシャドウなどの濃いメイクは、華やかな雰囲気を演出するのに一役買ってくれますよね。しかし、年齢を重ねてハリが失われた肌では、メイクが浮いてしまって逆に老けて見えてしまう原因に。浮きやすいメイクは崩れやすく、清潔感がないように見えてしまうこともあります。

 逆に薄すぎるメイクも要注意。ブラウン系ワントーンメイクやアイブロウパウダーだけで仕上げた眉毛は、“ふんわり”を目指したはずが、与える印象は“ぼんやり”になってしまいます。また、流行のノーファンデや透明感のあるグロスはくすんだ肌や唇をカバーしないために年齢が出てしまいがち。抑えるべきポイントを抑えて、ぼんやり・くすんだメイクにならないように気を付けましょう。

アラフォー女性をステキに魅せるメイクとは

・ベースメイク

 ファンデで厚塗りしたくない女性に欠かせないのが化粧下地。最近の下地は薄いクマ、シミ、色ムラを隠せるので、素肌美人感を演出することができます。さらに気になる肌の乾燥に効果的な保湿力、エイジングケア力がある下地がオススメです。

 また、隠したいところが多いアラフォー女性は「カバーしないわけには…」とついついコンシーラーを厚塗りしてしまいがち。そんな方には薄付きで塗りやすい筆ペンタイプのコンシーラーがオススメです。ピンポイントでも広い範囲でも使いやすいので、厚塗り感を回避しながら隠したいところをしっかり隠すことができます。

・アイメイク

 年を重ねてハリが失われたまぶたでは、目力のダウンはやむをえません。だからといって太いアイラインで目力をアップさせるのは若い頃まで。大人のアイメイクは、ぱっちりとした目を演出するビューラーとマスカラ、まつげの隙間をうめることを目的としたアイライン、そしてそのまつげを邪魔しない透明感のあるアイシャドウで上品に目力をアップさせましょう。

・リップメイク

 若い頃に比べると、乾燥して縦じわが入りやすかったり、血色が悪くなってくすんだ色味になったり、年齢が出てくる唇。血色の良い色味を選んで、しっかり輪郭を描くことで唇のふっくら感を取り戻すことができます。

 色味を選ぶときには、血色が良く見えるカラーをチョイスするようにしましょう。オレンジ系やピンク系、赤系でも少しくすんだカラーを選ぶと肌なじみも良いのでオススメです。ぼやけがちな輪郭をしっかり描いてあげることで、ステキにリップメイクができます。

大人のメイクでよりステキに

 若いころからメイクだと何だか違和感がある、と感じる人は、ぜひメイクの仕方を見直してみてはいかがでしょうか? メイクを変えることで、年齢を重ねた今だからこそ出る魅力を引き出すことができるかもしれません。

<参考サイト>
・40代のアイメイクで絶対にやってはいけない4つのこと
https://domani.shogakukan.co.jp/44995
・やめたら若見えに成功!?メイクのNG習慣5つ
https://39mag.benesse.ne.jp/beauty/content/?id=46096
・アラフォーに似合う大人メイクのやり方 | ベースメイク、眉メイクから上品なネイルまで
https://marisol.hpplus.jp/article/36532/02/
・化粧の仕方|40代におすすめのベースメイク、メイクアップ、濃い化粧にならないナチュラルな化粧方法のまとめ
https://precious.jp/articles/-/10422
(10MTV編集部)

あわせて読みたい