テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.10.14

マンション購入希望者の「住みたい街ランキング」

 マンションを買う決め手はいくつかありますが、一番は「その街に住みたいかどうか」ではないでしょうか。ということでここでは、マンションの購入希望者の「住んでみたい街」ランキングを、首都圏と関西圏に分けて見てみましょう。ちなみにこのアンケートは、住友不動産や三井不動産レジデンシャルなどマンション分譲大手7社が2019年7月23日から8月4日に実施したものです。対象は20歳以上の男女で、方法はインターネット調査。2896人が回答しています。

首都圏ランキング1位は「恵比寿」

 首都圏での人気トップは「恵比寿」となりました。しかも5年連続です。続く2位は2年連続で「品川」、3位は、昨年4位だった「目黒」です。目黒は2005年の調査開始以来、初めてのトップ3入りとのこと。1位2位は変わらず、3位の目黒はぐいぐいと順位を上げてきています。ちなみに4位は「自由が丘」、5位は吉祥寺、以下、「二子玉川」「表参道」「横浜」「中目黒」「広尾」の順番となっています。

 いわゆるセレブ的な街が並んでいます。選んだ理由を詳しく見てみると、トップ3を通して「交通の便がよいから」がトップとなっています。このあたりは、災害があった時の移動に関する問題や、過密化する都市での交通手段を多く確保しておきたいという気持ちも働いているのかもしれません。1位「恵比寿」を選んだそのほかの回答で上位は、「おしゃれだから」「高級感があるから」といったものがあります。

 2位の「品川」を選ぶ理由は「今後の発展が期待できるから」というポイントが他と少し違った回答です。「品川」はすでにかなり開発、整備されてきたエリアですが、最近では山手線「高輪ゲートウェイ駅」がすぐ近くにできました。また、2027年には品川を始発駅として名古屋までリニア新幹線が走ることが想定されています。また品川駅は羽田空港からも近い場所にあります。つまり、品川駅を中心として交通網が整備されようとしています。

 3位の「目黒」は「日常の生活に便利だから」「安心、安全感があるから」といったところが、ほかの街とちょっと違った回答でしょうか。「目黒」は特に女性の人気が高いようです。共働き世帯が仕事と子育てを充実させる分には「目黒」はいい選択肢なのかもしれません。また、「目黒」の魅力には、生活の便利さと安心・安全感が入っているので、独身の女性にとっても住みやすい街というイメージはあるのではないでしょうか。

関西圏でのトップは「西宮北口」

 関西圏のランキングは、「西宮北口」が4年連続トップです。2位は「梅田・大阪」、3位は昨年4位から上がってきた「岡本」がランクインしています。以下、4位は夙川(しゅくがわ)、5位宝塚。以降は、「千里中央」「御影」「芦屋」「神戸三宮・三ノ宮」「芦屋川」となっています。1位2位を選んだ理由は「交通の便がよいから」「商業施設が充実しているから」「日常の生活に便利だから」というところでほぼ共通しています。

 3位の「岡本」はやや1位2位とは違った理由のようです。理由のトップは「街並みがきれいだから」とのこと。ほかにも「閑静な街並みだから」「安全、安心感があるから」といった理由があがっています。岡本は神戸市東灘区にある阪急電鉄の駅で、静かな住宅街です。三ノ宮や大阪といったエリアへのアクセスも便利。文教地区に指定され周辺に大学も多く、活気があって治安もいい街です。ファミリー層から学生層までさまざまな人が住んでいます。

 もちろん、ここに挙がっている街はおおよそどこも大人気のエリアなので、生活費が高くつくことは想像に難くありません。需要が高ければ家賃なども上がってしまいます。理想を手に入れるにはそれだけの代償が必要ということでしょう。ただし、こういった情報をよく見ることで、私たちが生活する街に何を望んでいるのか、どういうライフスタイルを求めているのかといった、この時代に生きる私たちの価値の在り方が見えてくるかもしれません。

<参考サイト>
・メジャーセブンのマンショントレンド調査 Vol.30|MAJOR7
http://www.sumitomo-rd.co.jp/uploads/20190926_release_MAJOR7_Vo30.pdf
・リニア始発・品川駅はどう変わる?交流拠点の将来像|インベストオンライン
https://invest-online.jp/news/smr18-11058/
(10MTV編集部)

あわせて読みたい