10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.05.31

「カメラ」から「健康」へ~富士フィルムの華麗な転換

 技術革新によって消え去る商品やサービスは少なくない。そのサービスが屋号や会社名になっていたらどうだろうか?ヨドバシカメラはもはやカメラ屋ではなく、カメラも扱う家電量販店であり、amazonを猛追する通販サイトでも知られるようになっている。

コダックと富士フイルムの明暗

 かつて写真フィルムは、コダック、アグフア、富士フイルム、コニカの4社の寡占状態になっており、高い利益性を誇っていた。フィルムからデジタルへと技術革新は写真業界にとってかつてない変化にさらされることとなった。

 カメラ本体からプリントなど写真の様々な分野に、デジタル技術の波が押し寄せたのは90年代からである。緩やかに始まったデジタル化という技術革新による変化において、コダックがとった戦略と富士フイルムの戦略は、その後両者の明暗を大きく分けることとなる。

 コダックは、多角化を行いながらも、あくまで本業である写真事業を重んじ、一方、富士フイルムはデジタル化の脅威から、多角化によって自社の技術を他の業界へ展開する多角化戦略をとる。結果、コダックは破綻し、富士フイルムは第二の創業とも言える業態転換に成功する。

トータルヘルスケアの富士フイルム

 2000年から激減しはじめたカラーフィルムの売上をみて、当時の富士フィルム社長・古森重隆氏は、自社技術を用いた業態転換の先として、ヘルスケア事業を選択した。

 ヘルスケア分野については、長らく画像診断の分野に進出していたが、そこに留まることなく、新たな分野への進出が必要と考えた。治療から、事前に病気を防ぐ予防領域を、新規事業の対象に捉えたのだ。

 そして2007年、写真フィルムの研究開発を通して培ってきた技術を生かして開発されたスキンケア商品化粧品「アスタリフト」の大ヒットで大きな成功を収める。主領域での業態転換の成功による企業延命は、かつてのインスタント写真「チェキ」の再ブームにもつながる。

 技術革新や市場環境の変化に、これまで成功してきた本業を捨て、多角化を進めることには様々な困難がつきものである。この12年間の富士フイルムの再生に学ぶことは大きい。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい