テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.08.30

巧妙化する「迷惑メール」の見分け方

 最近ではチャットツールやLINEなど、リアルタイムにやりとりができるツールがかなり普及しました。仕事でこういったツールを使う人も多いのではないでしょうか。その一方、メールは今でも情報共有ツールとして広く使われています。まだまだ生活に仕事に欠かせないメールですが、厄介な問題は迷惑メール。どう見分けて、どう対処したらいいのでしょうか。

スパムメールのスパムは缶詰のスパム

 比較的被害が大きい迷惑メールは次のように分類できるかと思われます。端末をウイルスに感染させる「ウイルス型メール」、受け取った人を焦らせてお金を騙し取る「架空請求メール」、情報を盗み取るサイトに誘導する「フィッシングメール」の3タイプです。それぞれどういうものなのか、少し詳しくみてから、何に注意すれば良いのか確認しましょう。際限なく送られてくる迷惑メールは別名「スパムメール」もしくは単に「スパム」と言われます。ちなみに由来はまさにあの缶詰。アメリカで「SPAM」を連呼するCMが放送されていたことから、しつこい迷惑メールを「Spamメール」と呼ぶようになったそうです。

ウイルス型メール

 ウイルス型メールとは多くの場合、添付されたファイルを開くとPCやスマホなどの端末がウイルスに感染するものです。HTMLメールで、開くもしくはプレビューするだけでスマホに感染するウイルスもでているようです。ウイルスに感染すると、遠隔操作される、情報が盗まれる、端末が破壊されたりデータが削除されたりする、などなどさまざまな問題が起きます。またウイルスはメールを送るたびに他人に伝染させてしまいますが、ウイルスの種類によっては、勝手にウイルス付きメールを送ってしまうものもあります。

架空請求メール

 「サイトの退会処理がされておらず、料金未納状態です。延滞金を払ってください。」といった文言のメールは架空請求メールです。「いついつまでに払わないと法的措置に訴えます」であるとか、「自宅まで回収に伺います」であるといった文言が添えられることもあります。さらに「プロバイダ名」「IPアドレス」「携帯の固体識別番号」といった情報を表示しているものもあります。こういった文言や個人情報を特定したかのような記載には焦りますが、冷静に。ここに挙げた情報から個人が特定されることはありません。

フィッシングメール(なりすましメール)

 金融機関や大手通販サイトなどになりすましてメールを送り、その企業のサイトそっくりに偽装したサイトに誘導して、個人情報を入力させて盗むのがフィッシング詐欺です。入力させる情報にはログインIDやパスワード、クレジットカード番号といった情報。後日、預金残高が減っていることに気づいて初めて被害に気づくということもあるようです。また最近では、オンラインゲームのID・パスワードが狙われることもあるとのこと。

「アドレスをよく確認する」「いつもOSは最新の状態に」

 ここまで代表的な迷惑メールの種類を見てきました。見分けるにはまず、どういうものがあるのか知っておくことです。ここまで紹介したものに当てはまるものも多いはず。怪しいと思ったら、まず差出人のアドレスを確認しましょう。実在のメールアドレスと似ていても、よく見ると違う場合があります。よくあるのは「l(エル)」の代わりに「大文字のI」や「数字の1」を使うもの、また「o(オー)」の代わりに「数字の0」を使うものもあるようです。これらは特にgmailやyahooのアドレスに偽装するために使われます。また、ウイルスに感染した人のメールアドレスからそのままウイルスが入ったメールが送られてくることもあります。この場合、見分けるのはやや難しくなります。日頃からOSは最新の状態にしておくことが先決です。また、有料の場合が多いですが、セキュリティアプリを入れておくとより心強いです。

「URLにアクセスしない」「指示に従わない」「返信しない」

 架空請求メールや詐欺メールの場合は特に、誰宛に送っているか明記されているかどうかもポイントです。迷惑メールの場合、悪意のある相手に知られているのは一般的にメールアドレスのみです。つまり送信者は不特定多数に送っているので、宛先に自分の名前がない場合は注意。また、日本語がおかしい場合も注意しましょう。ウイルスメールとは異なり、これらのメールはこちらから積極的にアクションを起こさない限りは問題になりません。やってはいけないのは、「本文内のURLをクリックする」「メールの指示に従う」「メールに返信する」の3点です。こういったメールは焦らず、無視しましょう。 また、スマホでは各キャリアのサービスによって、迷惑メールを受信拒否する設定が可能な場合もあります。無料のものから有料のものまであるようなので、こういったサービスを利用するのも有効な対策といえるでしょう。

<参考サイト>
迷惑メール対策をはじめましょう|迷惑メール相談センター(日本データ通信協会)
https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/index.html
スマホにいつも届く迷惑メールをそろそろとめたい!迷惑メールへの対処法|LINE MOBILE
https://mobile.line.me/guide/article/0080.html
危険な「スパムメール」とは?正しい対処法と対策|ICT Digital Column(NTTPCコミュニケーションズ)
https://www.nttpc.co.jp/column/security/spam_mail.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授