テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.07.18

車は燃料表示が「0」になっても走れるの?

 ハイブリッドシステムの普及やさまざまな燃費向上技術によって、最近の車は一度の給油で長い距離を走れるようになりました。しかし、ガス欠から解放されたわけではありません。JAFによると、2018年度に発生した出動のうち、救援理由が「燃料切れ(ガス欠)」による救援要請件数は、一般道路では全体の7位(5万2543件)、高速道路では全体の2位(9080件)となっています。かなり多いと言えます。では実際に残り燃料がゼロになったらどうなるのでしょうか。

「燃料残量警告灯」は、おおよそ50km程度は走れるレベルで点灯

 「燃料残量警告灯」は、国産車の場合おおよそ50km程度は走れるレベルで点灯することが多いそうです。例えば燃費が10km/Lの車であれば、だいたい残量5Lくらいになったら点灯すると考えていいでしょう。これは道路公団が管理していた高速道路のガソリンスタンドが、約50kmごとに設置されていたからということが根拠のようです。しかし、民営化された現代では100km以上ガソリンスタンドがない空白エリアも60数カ所(2016年時点)とされています。ガソリンスタンドは経営がうまくいなければ撤退してしまうので、状況は随時変わっています。給油は日頃から意識しておいたほうが良さそうです。

渋滞は要注意

 渋滞にはまると燃費は一気に悪くなります。特に「燃料残量警告灯」が点灯してから長い渋滞にはまると、リスクはだいぶ高くなります。ただしこの時やってはいけないことは、下り坂でエンジンを止めること。燃料消費は抑えられますが、ブレーキの倍力装置が働かなくなったり、ステアリングがロックされたりする危険があります。エアコンはエンジンの力を使っているので、オフにした方が燃料消費量を減らすことができます。一方、エアコンのファンだけであれば電気だけで動くので問題ありません。またナビやオーディオも電気系統のみなので大丈夫。また、最近の車は始動時に燃料を多く消費することもないようなので、停止してから再始動する分にも問題はなさそうです。

ガス欠になったら

 高速道路上でガス欠になった場合、JAFなどのロードサービスに緊急要請するのが一般的です。また、自動車保険に「ガソリン配達無料サービス」といったロードサービスが付帯している場合もあります。保険をよく確認しましょう。JAFに救援要請した場合、会員であれば実費(ガソリン代)のみで基本は無料で対応してもらえます。非会員だった場合は、8時から20時の一般道でのトラブルで8380円+燃料代実費。20時から8時の高速道路(SA&PA外トラブル)で、1万9900円+燃料代実費+高速料金と状況に応じて費用は変わってきます。

ガス欠で車に損傷も

 ガス欠を繰り返すと、車によっては燃料ポンプやバッテリー、スターターモーターなどが損傷するリスクがあります。また特に最近増えている直噴エンジンの場合、シリンダー内に燃料を噴射するインジェクターのノズルが損傷することもあるようです。こうなると、ガソリンを入れてもエンジンが動かなくなってしまい、修理工場へレッカー車で移動する必要が出てきます。また、パイプラインからもガソリンがなくなっていると、給油しても、すぐにガソリンが行き渡りません。こうなると、スターターやバッテリーに負担がかかり、故障のリスクが高くなります。

電気自動車の電欠はレッカー移動

 では電気自動車だとどうなのでしょうか。もし電気自動車で電欠が起きた場合、メーカーのサポートプログラムに電話をするか、JAFなどのロードサービスを利用するようにしましょう。電気自動車には、走行用モーターに電力を供給する「モーター駆動用バッテリー」と、ガソリン車と同じ「補器類用バッテリー」があります。「補器類用バッテリー」はガソリン車と同様、ジャンピングスタートで起動できます。しかし、「モーター駆動用バッテリー」は電圧が高く、一般の人が触れるのはたいへん危険です。またこの充電には時間を要するので、ロードサービスのレッカー移動サービスによって最寄りの充電できる場所まで搬送してもらう必要があります。

高速道路上でのガス欠は交通違反

 ちなみに高速道路上でガス欠を起こした場合、交通違反となります。違反点数2点と反則金9000円(普通車)です。また違反であることからもわかるように、高速道路上で車が停止してしまうことはたいへん危険で、重大な事故を招く可能性があります。このリスクは、日頃の燃料チェックで回避することができる部分です。「まだいける」と考えず、燃料は定期的に補給する習慣をつけておきましょう。

<参考サイト>
「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?|CarMe
https://car-me.jp/articles/4104
【もし給油ランプが点灯したら】ガス欠直前!! 「やるべきこと」と「やっちゃいけないこと」|ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/142951
クルマの「ガス欠」は要注意! ガス欠症状やGS空白区間の現状とは|くるまのニュース
https://kuruma-news.jp/post/199314
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授