テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.01.05

格安スマホはなぜ安いのか?

 スマホの大手キャリアといえば、日本ではドコモ、au、ソフトバンクの3社。ここに最近参入した楽天が今後、この3社の牙城をどう崩していくのか、楽しみでもあります。大手キャリアは全国に自前で通信網を持ち、手厚いサポートを行っています。その分、料金はそれなりにかかるとも言えます。一方、格安スマホ(格安SIM)をうまく使えば、月々の支払いはかなり安くなるようです。では大手キャリアと格安スマホは何が異なっていて、なぜ格安スマホは安いのでしょうか。

格安スマホ(MVNO)は大手に回線を借りている

 格安スマホが安いのにはもちろん訳があります。格安スマホと一般的に言われている通信事業者は、MVNO=Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)です。一方、大手3社はMNO=Mobile Network Operator(移動体通信事業者)。「仮想」とついていることからもわかるように、MVNOは基本的に自前の通信インフラを所有していません。これらを大手3社から借り受けてサービスを行っている会社です。

 通信インフラの建設や維持には莫大な費用がかかります。このことから新規参入は容易ではありません。こうして通信業界はキャリア大手3社がほぼ独占となり、競争がなくなることでスマホの利用料金は高止まりしていました。一方、これでは利用者に不利益が生じるため、総務省が推進したのがMVNO(格安スマホの事業者)です。格安スマホは自前の通信インフラを持たず、大手3社から回線をレンタルして事業を行います。このことで基本的な料金を安く設定できます。こうしたコストカットに加えて、さらにいくつかの点でサービスを簡略化することでさらなる低価格化を実現しています。

窓口が少ない(もしくはウェブのみ)

 大手キャリアは基本的に全国に店舗があり、そこでスマホ本体の購入や通信プランの契約や変更、ならびにサポートや修理対応などのアフターサービスまで受けることができます。しかし、格安スマホの場合、多くはそういった店舗での窓口は限られているか、もしくはありません。もちろんウェブや電話でサポートを受けることはできますが、操作はすべて自分自身で確認する必要があります。この点ではスマホの基本知識をもっていないと、なかなか問題解決はスムーズにいかないかもしれません。また、MNPなどで番号を引き継いだりする際には郵送での手続きとなるので、この間スマホが使えないといった状況も起こるようです。加えて支払いをクレジットカードのみとしているところもあります。

混雑時は回線速度が低下する

 また格安スマホだと回線が混雑しているときには、通信速度が低下する可能性があります。これはその事業者が契約状況に基づいた必要な量だけの通信枠をレンタルしているためです。もちろんある程度余裕をもって借りているとは思われますが、平日の通勤通学ラッシュの時間帯やお昼休みの時間、21時から23時といった家庭での利用ピーク時間帯になると遅くなる、といった報告もあるようです。

 あとはキャリアであれば専用のメールアドレスが付与されたり、独自の決済サービスがあったりしますが、格安スマホには基本的にこういったサービスがないものが一般的です。また、スマホをセット販売しているところもありますが、最新のiPhoneを安く入手できるのは大手キャリアのみかもしれません。もちろん少し前の機種でもいいということであったり、自身でSIMフリー端末を用意したりできれば問題はありません。

 ということで、格安スマホはある程度スマホに詳しく、初歩的な問題は自身で解決できる人、ならびにかつ自宅や職場などでWi-Fi回線を使用できる状態にある人であれば、問題なく使用できると考えていいでしょう。格安スマホをうまく利用できれば、スマホ代を節約することも可能かもしれません。

<参考サイト>
格安スマホとは?格安スマホもこれで安心!|NTT communications
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/hajimete/smp/04.html
格安SIMはなぜ安いのか。通信は問題なくできる?|LinksMate
https://linksmate.jp/article/sim_low/
格安スマホ(格安SIM)の7つのデメリットとは?解決方法やメリットも解説|UQ mobile オンラインショップ
https://shop.uqmobile.jp/shop/guide/sim02/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授