テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.08.05

大人の男性の「モテる」趣味とは?

 婚活やお見合いや合コン、男女の出会いの場では決まって「趣味は?」という質問が交わされるもの。そう聞かれてすぐに答えられる人もいますが、特に男性は仕事に忙しく「趣味らしい趣味がない」という人も多くなっていると聞きます。

趣味がある男性がモテる、その理由は?

 しかし、女性からすると男性の趣味はその人を知る上で重要な要素ですし、もしお付き合いをしたらというイメージを沸かせるためにも男性に聞いておきたい質問です。趣味があることは女性との出会いにおいて以下のようなメリットがあります。

・共通の話題や、質問がしやすく会話が広がる
・ギャップや幅を感じさせることができる
・会う口実やきっかけとなり、誘いやすく誘われやすい
・自分の世界を持っていると魅力的に見える

 女性の多くは趣味を楽しんだり好きなことに打ち込む男性に対して、面白そう、もっと知りたい、深みがある、生き生きしている、そんな好印象を抱くものです。ですからたとえ趣味らしい趣味がなくても、正直に「特に趣味はない」と答えたらアウト。つまらない男、というレッテルが貼られモテ路線からは外れてしまいます。

女性視点の、モテる大人の男の趣味とは

 では、趣味があればモテるのかと言うとそうではありません。あまり共感を持てなかったり、小難しいジャンルとなると、引かれてしまうこともあるのが辛いところ。女性ウケが良いモテる趣味というものを参考までに知っておきましょう。

・スポーツ系
 学生時代から運動のできる男子がモテてきたように、スポーツが趣味というだけで女性は「かっこいい」イメージを抱きやすいです。また仲間や友達が多いと感じる点や健康的な印象も高ポイントに。テニス、フットサル、ラン、ボルタリング、自転車などが無難なところ。人によっては、サーフィン、スノボ、格闘技などもありです。

・映画鑑賞
 女性も一緒に楽しめ、会話が弾みやすいのが映画というコンテンツ。もちろんデートにも誘いやすいですし、女性も映画好きは多く出会いのチャンスも増えると言えます。面白い映画を教えあったり話題も簡単に見つかるので、女性と何を話したらいいかと思ってしまう男性には味方となる趣味なのでは。

・グルメ、料理系
 料理好きな夫や彼氏を持つ友人を羨ましがる女性は実はとても多いです。まだどこかで料理は女性がするものと思っているため、料理ができる男性はそれだけで尊敬されることも。食べることが好きな女性は多く、食べ歩きを一緒に楽しめたり、お店選びにもセンスがあるグルメ通な男性はモテやすいです。

・アウトドア
 アウトドアは男性のワイルドさや実行力をアピールするモテる趣味。実際に屋外の作業では計画性や手際の良さなども見せることができますし、頼りになる、行動力がある男性というイメージを持たれやすいです。女性だけでキャンプ等はハードルが高いため、一緒に行きたいと言われることも多いのだそう。

・ドライブや旅行
 付き合ったらドライブや旅行に連れて行ってもらえる、そう女性は考えます。インドア派よりも「出掛けるのが好き」という印象は、出会い当初では高得点。デートのイメージも湧きやすく、女性は自分の世界が広がるような気持ちになります。

 このように女性ウケの良い大人の男のモテる趣味は、「かっこいいというイメージが湧くか」「付き合ったら自分も一緒に楽しめるか」「自分にも何か恩恵があるか」、このいずれかの要素が必要なのです。

黙っておいた方がいい、女性ウケの悪い趣味もある

 逆に女性ウケの良くない趣味も知りたいところ。人にもよりますが、実際に「これはちょっと…」と女性が困ってしまった趣味も蛇足ながらご紹介します。

・昆虫採集
 「少年のような心を持った人とも思いましたが、私は虫は無理だし、1人の世界が好きな人なんだなと深追いするのはやめました」という体験談が。マニアック過ぎる趣味は、すべての女性に最初から伝えなくてもいいのでは。

・ギャンブル
 「正直な人ではあるけれど、将来に不安しか感じない趣味なので引いた」との声。パチンコ、競馬、競艇、カジノなど、色々な楽しみ方はあれど女性からすれば全てギャンブル。ギャンブル以外の趣味も持っておくと良いかもしれません。

・ゲーム
 若い世代ではカップルでゲームを楽しむ人も多いですが、「週末はずっと引きこもりゲームしている40代男性と付き合ったことがあるので、ゲームが趣味はNG」という意見も。ゲーム好き同士なら最高ですが、外出好きな女性にはあまりイメージは良くない可能性が。

・株式投資
 「いつもお金の自慢話ばかり。儲けるのは楽しいかもですがお金が趣味なのはつまらない」との声。これは「仕事が趣味」と同じで本人は楽しんでいても、一緒にいる女性からしたら豊かな時間を共に過ごせないと思ってしまうのでは。

 趣味とは自分が好きで楽しんですること。モテるために趣味を変えたり始めたりするのは大人の男性としていかがなものかとも思われますが、趣味がないという男性は試しに女性ウケの良い趣味から模索してみませんか。それで本当の趣味も出会いも見つかれば、好きな女性と好きなことを楽しむ理想的なプライベートの時間を手に入れることができるかもしれません。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者