テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.08.27

中国人が羨ましいと思う日本の〇〇4選

 日本についての印象でよく聞かれるものに、治安が良くて清潔というものがあります。特にトイレ環境の良さといったことはときどき話題に上りますが、実際日本人のどういった点について、外国人はうらやましいと感じているのでしょうか。ここでは特に日本とは関係の深い中国人の感想からポイントを取り出してみましょう。

治安

 日本はやはり世界的にみても治安がいい国のようです。中国メディア網易(ワンイー)は「日本で窃盗犯罪が少ないのはなぜか」と題した記事で、「日本人は財布を含め、自分の身の回り品に対する警戒意識が薄く、非常に無防備」とした上で、それだけ窃盗が少ないからだと述べています。確かに日本では、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車であっても、口の開いたバッグに財布やスマホを放り込んだままにしている人を見かけます。油断しすぎだとは思いますが、こういったことがあまり問題になった記憶もありません。

 中国人の間では日本では「自転車にカギをかけなくても安心」といった声もあるようです。もちろん日本国内でも地域によるとは思われますが、確かにある程度気をつけていれば、盗難リスクは比較的低い国だと言えるのではないでしょうか。さらに記事の中では、2018年には東京だけで38億円もの現金が警察に届けられたという事実をとりあげ、中国人にとっては大きな衝撃とコメントしているとのことです。

トイレ

 温水洗浄便座(ウォシュレットやシャワートイレなど)についても、日本を訪れる外国人からさまざまな反応があるポイントではないでしょうか。特に中国人旅行客による、温水洗浄便座の爆買いが一時期話題となりました。今では中国でも日本製品を模した温水洗浄便座が製造されているようですが、日本製には追いついていないという話もあります。

 中国人の声によると、日本製の便座はいつまでもちょうどいい温度を保ち、自動洗浄機能も付いていて清潔とのこと。実際に、日本に住む中国人が住んでいるアパートの温水洗浄便座を紹介する動画などもあるようです。動画では、自動で流してくれたり脱臭機能があったり、材質も質が高くてさっとひと拭きするだけでピカピカになるので掃除も楽、といったことがコメントされているとのこと。コメント欄では「日本のトイレは一般家庭でもこれほどきれいなのか」と感嘆している人もいたようです。

住宅事情

 日本のマンションは駅までが近い、という話があるようです。もちろん場所によりますが、日本の都市部では比較的、駅周辺に背の高いマンションがある印象です。そういったエリアにはコンビニやスーパーができ、人々は遠い距離を移動しなくても生活できるコンパクトな街ができています。一方、中国ではマンションの門まで数分といったような、大規模なマンション群が建設されるようです。そこから駅まではまた少しかかるといったように、土地が広いだけに移動に時間がかかるようです。

 また、中国ではマイホームを持っていないと結婚できない、という話もあるようです。老後の安定は、持ち家があるかどうかということに大きく関係するとのこと。もちろん、日本でも歳を取ると賃貸は借りにくくなるので状況は似た部分はありそうです。ただし、日本では結婚する前にマイホームがある人は多くないと言えるでしょう。

パスポート

 日本のパスポートは世界的にみても、かなり便利と言えそうです。日本のパスポートを持っていると、旅行などの短期間での訪問の場合、192カ国においてビザが免除されます(2022年現在)。一方、日本に住む中国人の場合、例えばアメリカを旅行するためには、ビザが必要です。ビザを取得するためには、事前にアメリカ大使館にオンラインで申請書を記入送信し、ビザ申請手数料を払い、面接の予約を入れてから面接を受けるという手順を踏まなければなりません。

 192カ国にビザなし訪問できる日本のパスポートは、シンガポールと並んで世界一多くの国にビザなし渡航できるパスポートです(参考: 2022年版世界パスポートランキング)。ちなみに2位はドイツと韓国で190カ国、3位はイタリア、スペイン、フィンランド、ルクセンブルクの189カ国となっています。またこのランキングで中国は64位(80カ国)となっています。海外渡航の自由度からいっても日本は羨ましがられるようです。

<参考サイト>
一見些細なことでも、中国人が羨む「日本ならではのこと」=中国|Searchchina
http://news.searchina.net/id/1701115
日本人羨ましい!中国人が日本人を憧れる旅行で必要のアレ。|今すぐ中国語
https://www.imasugu-chinese.net/chinese/post21843
在日中国人のアメリカ観光ビザ(10年)申請|外国人のVISA専門オフィス
https://lawoffice-yokoyama.com/visitorvisa4foreigner/usvisa/forchinese/
【最新版】日本のパスポートは世界ランキング1位!2022年海外渡航状況|ESTA UNITED STATES
https://esta-center.com/passrank/index.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

陰の主役はイラン!?イスラエル・ハマス紛争の宗教的背景

陰の主役はイラン!?イスラエル・ハマス紛争の宗教的背景

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(4)サウジアラビアとイランの存在感

中東のグローバル・サウスといえば、サウジアラビアとイランである。両国ともに世界的な産油国であり、世界の政治・経済に大きな存在感を示している。ただし、石油を武器にアメリカとの関係を深めてきたのがサウジアラビアであ...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/24
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
2

権威主義とポピュリズムへの対抗…歴史を学び、連帯しよう

権威主義とポピュリズムへの対抗…歴史を学び、連帯しよう

民主主義の本質(5)民主主義を守り育てるために

ポピュリズムや権威主義的な国家の脅威が迫る現在の国際社会。それに対抗し、民主主義的な社会を堅持するために、国際社会の中で日本はどのように振る舞うべきか。議論を進める前提として大事なのは「歴史から学ぶ」ことである...
収録日:2024/02/05
追加日:2024/04/23
橋爪大三郎
社会学者
3

起業の極意!サム・アルトマンと松下幸之助

起業の極意!サム・アルトマンと松下幸之助

編集部ラジオ2024:4月24日(水)

ChatGPTを開発したことで一躍有名となったOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの発展によって社会は大きく、急速に変化しており、その中心的な人物こそが彼であるといっても過言ではありません。

そんなアルトマンが...
収録日:2024/04/15
追加日:2024/04/24
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア
4

ルネサンスはどうやって始まった?…美術の時代背景

ルネサンスはどうやって始まった?…美術の時代背景

ルネサンス美術の見方(1)ルネサンス美術とは何か

ルネサンス美術とはいったい何なのか。これを考えるためには、なぜその時代に古代ギリシャ、ローマの文化が復活しなければならなかったのかを考える必要がある。その鍵は、ルネサンス以前のイタリアの分裂した都市国家の状態や...
収録日:2019/09/06
追加日:2019/10/31
池上英洋
東京造形大学教授
5

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授