テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.10.28

世界で最も危険な樹木「マンチニール」とは

 「マンチニール(manchineel)」とは、熱帯アメリカ産のトウダイグサ科の常緑広葉樹です。南北アメリカの熱帯から西インド諸島の海辺などに自生し、約15メートルの高さに育ちます。

 そして、マンチニールはスペイン語で「小リンゴ」を意味する「manzanilla」に由来するといわれているとおり、小さな青リンゴに似た黄緑色の実をたくさんつけます。そのため、自生地の特性とあわせて、別名「海辺のリンゴ(beach apple)」とも呼ばれています。

「世界で最も危険な樹木」といわれる理由

 一方、マンチニールは「死の小リンゴ(manzanilla de la muerte)」というスペイン語の俗名もあわせもっています。俗名のとおり、その実を食べると最初は甘酸っぱくておいしいものの次第に苦味へと変わり、2~3分後にはのどがはれて、ヒューヒューと虫の息を吐くことになってしまいます。さらには胃腸などの内臓にもダメージを与え、最悪の場合は命を失うともいわれています。

 そこまで聞くと、「マンチニールの実は毒をもっていて食べると危険なんだ!」と思われるかもしれまん。しかし、マンチニールの危険性は、小さな青い実だけにとどまりません。

 実は、マンチニールは「世界で最も危険な樹木」として2011年にギネス世界記録(通所『ギネスブック』)に登録されたほどの強い毒性を、樹木全体に持っています。毒の成分は完全にはわかっていませんが、アレルギー性皮膚炎の原因となるホルボールなどが含まれているといわれています。

 そのため、例えばマンチニールの幹や葉や樹液に触るだけで、火傷した時のような痛みにおそわれたり、皮膚が腫れ上がり浮腫が生じたりすることが知られています。

 さらに困ったことに、有毒成分のホルボールは非常に水に溶けやすいため、雨が降るととけ出してしまいます。したがって、もしもマンチニールの樹の下で雨宿りをした場合、枝からしたたる水滴で全身がかぶれるおそれがあります。

 くわえて、マンチニールは安易な焼却処分もできません。燃やすことによって発生する有毒な煙は、目に入ると失明のおそれすらあり、吸い込むと喉や鼻から肺にいたるまでの呼吸器を損傷するおそれがあるからです。

 以上のような理由から、マンチニールには注意書きの標識が付けられ、触ることはもちろん近寄ることも禁止されています。

現地に根ざす有用樹としてのマンチニール

 他方、マンチニールはとても固い材質のため、家具材として人気があります。伐採や加工の段階で十分な注意が必要ですが、正しい手順にのっとりしっかりと乾燥させることで、マンチニールの有毒成分をなくすことができるそうです。

 また、海辺に自生し深く根を張り厚い枝葉を茂らす特性を持つマンチニールは、侵食する波風から海岸線を守る働きをもっています。

 つまり、近寄ることさえ危険な樹木であるマンチニールですが、現地の人々の生活を支え、沿岸部の生態系を守る、有用樹としての側面もあるのです。

 なお、日本にマンチニールは自生していませんが、日本にも危険かつ有用な樹木や植物が自生しています。危険な樹木や植物であるからこそ、正しい知識をもって活用することが大切です。

<参考文献・参考サイト>
・『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』(菅原久夫監修、白井匠・クリハラタカシ絵 、ダイヤモンド社)
・『学校では教えてくれない ヤバい科学図鑑』(るーい著、左巻健男監修、SBクリエイティブ)
・世界で最も恐ろしい樹木「マンチニール」の正体│東洋経済
https://toyokeizai.net/articles/-/619164
・ギネスブックに登録された「もっとも危険な樹」│ログミーBiz
https://logmi.jp/business/articles/322848
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授