テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.11.05

いつの間に?販売終了になったお菓子6選

 日本には世代を超えて愛されるロングセラーのお菓子がたくさんあります。しかし中にはいつの間にか販売終了を迎え、店頭から消えているお菓子もあります。

 今回は、さまざまな事情から販売終了となったロングセラーのお菓子を6つご紹介します。

カール

 販売終了の反響が断トツで大きかったのが、明治のカールです。1968年の発売以降、くるんとした形と軽い歯触り、そして独特のチーズの香りは世の子どもたちを虜にしてきました。またマスコットキャラクターである「カールおじさん」の認知度も高く、CMソングとともに人気を博していました。

 日本のおやつの代表格として長らく君臨したカールでしたが、消費者の嗜好の変化にともなう売り上げの落ち込みを理由に、2017年の8月生産分をもって全国での販売を終了。以後は西日本限定販売となり、ご当地菓子のような立ち位置になってしまったのです。突然のその知らせに日本のカールファンは一時騒然、ニュースにもなりました。

ピンキー

 「ピンキーちょうだいピンキーちょうだい♪」という軽快なCMソングと子ザルのキャラクターが印象的だった湖池屋のタブレット菓子です。ササッと取り出してポリポリと食べられる手軽さ、ピーチやグレープの爽やかなフルーツ味が受けてロングセラーとなりました。ごくまれに入っているハート型のタブレットを見つけると恋が叶うというジンクスも、若者の間で流行しました。

 しかし、その姿は徐々に見かけなくなり、いつの間にか全国販売が終了。地域限定商品として「お土産ピンキー」が展開されていましたが、それも2018年10月に生産終了してしまいました。終売の理由は不明です。

 しかし、その2年後の2020年10月26日、歯周病予防できる機能性表示食品「ピンキーフレッシュ」としてその名が受け継がれ、復活。現在はスーパーやドラッグストアなどで購入することができます。

らあめんババア

 「よっちゃんイカ」でもおなじみ、よっちゃん食品工業の定番駄菓子・らあめんババア。チキン味のラーメンスナックで、価格は20円という大人気商品でした。そのネーミングと奇抜なパッケージから子どもたちにひときわ愛された存在でしたが、原材料費の高騰、コロナ禍による売り上げ低迷が響き、生産中止に追い込まれてしまったそうです。

ポルテ

 文字通り「ぽてっ」としたフォルムが可愛らしい、明治の冬限定のチョコ菓子ポルテは、ビスケット地にホイップクリーム、さらにチョコがコーティングされ、サクサクとした歯触りとクリーミーでやさしい味わいが特徴。同じく明治の冬限定チョコ「Meltykiss」と人気を二分する存在でした。

 しかし、2017年1月、「商品の“選択と集中”」の一環だとして販売を終了。残念ながら再販の予定もないそうです。

 公式の発表がなくメディアの取材によって終売を知ったポルテファンは「冬の楽しみだったのに」「カールの時よりショックだ」などと落胆の声を上げていました。

ウォータリングキスミント

 グリコのウォータリングキスミントは、ガムとは思えない瑞々しくジューシーな食感は斬新で、多くの若者の支持を集めました。女性がすすりながら手の甲で口をぬぐう、男性アイドルが女装をして口からビームを放つといったインパクト大のCMは、記憶に新しい人も多いでしょう。

 しかし、近年加速している「ガム離れ」により売り上げが落ち込んだだめ、2018年に人知れず生産終了。青春の甘酸っぱい思い出とともに消えていった、時代の流れを感じさせる象徴的なお菓子となってしまいました。

霧の浮舟

 1980年10月に発売してから一度生産終了したものの、再登場を願う声におされて2013年に完全復活。最初の発売からのべ38年という大ロングセラー商品に成長したのが、ロッテのチョコ菓子・霧の浮舟です。板チョコに入っている気泡によって生まれるふわふわした食感とまろやかな口溶けが特徴で「元祖エアインチョコ」「エアインチョコの草分け的存在」などと呼ばれました。

 しかし、2018年2月に生産終了。その理由について公式の発表はありませんが、時期的に見て原材料の高騰やコロナ禍による商品の切り替えなど複数の要因が影響していると考えられるでしょう。筆者も大好きなお菓子なので、再々度の復活を願うばかりです。

人気だった商品は時を経て復活することも

 予期せず販売終了になったロングセラーのお菓子たち。大人になるにつれ食べる機会が減るためか、それともあまりになじみ深すぎて「いつもある」と思い込んでいるせいか、終売となっていることに気づかなかった、知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

 しかし、中には一度は終売と決まりつつも多くの要望を受けて続けられるパターンや、味を再現した「復刻」バージョンが生まれることもまれにあります。

 もう食べられない、と思うと無性に恋しくなるもの。懐かしいあの味をもう一度……という思いは、これから先も変わらないのかもしれませんね。

<参考サイト>
・【復活してほしい販売終了したお菓子】人気ランキング 「カール」が圧倒的人気で第1位! 【2020年最新投票結果】(ねとらぼ調査隊)
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/87953/
・【Q&A】「カール」シリーズの販売地域変更などについて(株式会社明治)
https://qa.meiji.co.jp/faq/show/4301?site_domain=default#:~:text=カールは1968年の,得ない状況でした%E3%80%82
・ピンキーを見かけなくなりましたが販売していますか?(コイケヤお客様センター)
https://koike-yafaq.dga.jp/faq_detail.html?id=65
・明治の「ポルテ」製造終了惜しむ声 転売で価格上昇するとみる人も
https://www.j-cast.com/2017/11/18314138.html?p=all
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之
2

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恆存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
3

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
4

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
5

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地政学入門 歴史と理論編(2)なぜ地理が重要なのか

国際政治を地理的要素に着目して分析するのが地政学だが、なぜ地理が国家間の政治を考える上で重要な要素になるのか。その理由は地理が持つ「不変性」にあると小原氏は言う。また、地理を考えるときに欠かせないのが地図で、見...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/07
小原雅博
東京大学名誉教授