10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.12.16

極寒の必須アイテム!腹巻とももひきの効果

 寒い冬の必須アイテムとして最高のアンダーウォーマー、腹巻とももひき。なんだか古くくさくてダサい、というイメージが先行する人もいるかもしれませんが、実は今、街で売られているおしゃれな商品の中には、腹巻やももひきから着想を得て作られているものもあるのです。

 今回は温かさを得るための工夫の原点を知り、腹巻とももひきのあったか効果について見直してみましょう!

腹巻の驚きの効果

 女性のお腹は、意外と冷えています。胃腸の調子だけでなく、子宮や自律神経にまでかかわってくる冷えの問題、寒い季節にはより顕著になってくると思います。そんなときの強い味方が、腹巻なのです。お腹や腰回りを温めることによって、血流が良くなり、むくみも軽減します。寝るとき、家でリラックスするとき、お風呂後の湯冷めしやすいときに良いですね。

 腹巻は家の中だけで使うものではありません、実は今、外出用のおしゃれな腹巻も販売されています。温かさとおしゃれを同時に取り入れられるのでうれしいですね。

 さて、ここでひとつ注意点があります。腹巻がいいものだからとずっと付け続けているのも良くないのだそうです。いつも頼ってばかりいると、代謝能力が落ちるのだとか。また、お腹を温める分、たとえば頭を防寒しすぎないなど、熱をどこかへ逃がしてあげるのも大事。奥が深いですね。

今だからこそ注目されるべき?ももひき

 そもそも、「ももひき」がどういったものか知らないという方も、世代によってはいることと思います。ご存じの方も、あまり若者が履くイメージがないですよね。しかし、レギンスやタイツなど、みなさんがよく利用しているアンダーウェア、元をたどれば、ももひきに行き着くのです。名前こそ違うものの、その知恵は生かされているということですね。

 ももひきはズボンよりもぴっちりと肌に密着しますから、空気を逃がさず温かいのですね。頭寒足熱といわれるように、下半身を温めると全体が暖まり免疫力が高まります。足は特に冷えやすい場所ですから、何かで覆われていることが重要なのです。

 さらに、ももひきは腰痛を和らげてくれます。腰痛には太ももに位置する腸脛靭帯が関係していて、その部分が熱の影響を受けやすいといいます。ももひきは覆いにくいその部分を重点的にカバーしてくれるため、腰への負担を軽減する効果が期待できるそうです。

驚きの一体型アイテム

 腹巻とももひき、それぞれの効果を見てきましたが、実は今、一体型になっている驚きの商品があります。

 それは、「腹巻付きタイツ」、「腹巻付きペチコート」です。ズボンの下に履くだけでなく、見せてもかわいい、スカートにも対応、など、いろいろな形があります。腹巻とももひき、両方履くとそれぞれの厚さの違いで段差が出てしまい、不格好になるときもありますよね。そんなときにこの一体型を履けば、おでかけのときもよりスマートにおしゃれを楽しめるのではないでしょうか。
(10MTV編集部)