10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県見附市の地方創生「スマートウエルネスみつけ」

スマートウエルネスみつけの実現へ(1)ないものの強み

久住時男
見附市長
情報・テキスト
新潟県見附市は、人口減少や少子高齢社会などの課題解決を積極的に取り組み、その功績が評価され第5回プラチナ大賞を受賞した。この受賞の背景には、見附市におけるさまざまな試みがあるという。新潟県見附市長の久住時男氏が解説する。(全5話中第1話)
≪全文≫

●新潟県見附市の再生のために立ち上がる


 見附市長の久住です。2017年(平成29年)、図らずも見附市は、人口減少や少子高齢社会などの課題解決を図る取り組みを表彰する、第5回プラチナ大賞(プラチナ構想ネットワーク主催)の最高賞である大賞と総務大臣賞を頂きました。この大賞の名に耐え得るようなプレゼンテーションができるのか、そしてこのまちが本当に魅力を持っているのかが多少不安ですが、今回は見附市のありようを実際に見ていただき、さまざまな取り組みのための切り口として、ご参考になるようなところがあればありがたいと思います。

 まず見附市の取り組みについてお伝えする前に、私のことを少しお話しします。私は実は見附市出身で、東京の大学を出てから商社へ行きました。52歳まで商社におりましたが、最初10年ほどカナダとアメリカで仕事をし、その後、香港に2回に分けて6年半いました。最後はベトナムのハノイに2年半駐在し、そして51歳の時に日本に戻ってきました。

 日本に戻ってきたところ、ふるさとである見附市が大変だと知りました。どうにもならない状況で、見附市に住んでいる人たちの発想では、これは乗り切れないとのこと。そうした中で、見附市に縁があり少し違った発想をする人間を探していたところ、「久住という男が面白い」ということで私が選ばれたそうです。

 私が働いていた会社は東京駅の近くだったのですが、東京駅に呼び出され「見附市に戻ってきてほしい」と言われたのです。「ええっ」と思いました。何回も熱心にお願いされたので、そのうち次第に、「仕方がない。では行くか」という気持ちになりました。家内や子どもは見附市には直接縁がないので、私が単身赴任という形で見附市に8年間赴きました。


●既存の産業が打撃を受け、「ないものの強み」を生かす


 なぜ見附市に帰ってくることを要請されたのかというと、既存の産業が打撃を受けたからです。私が大学を卒業した頃は、見附の工業出荷率の9割が繊維でした。ご存じのように、日米通商交渉で繊維の対米輸出が自主規制されることとなり、最悪の惨状になりました。このまちはその自主規制に直接打撃を受けたのです。その中でもいろいろな課題があり、どうにも抜け出せない状況でした。これが見附市に私が呼ばれた1番の大きな理由であったようです。

 新潟県には30の自治体がありますが、その中で見附市は、観光を大きく取り上げて打ち出すことができないまちでした。後で申し上げますが、全く観光が語られなかったまちに今、年間100台ぐらいの観光バスが来ています。

 観光資源がゼロである状況から、私は施策をしていったのですが、そこでのポイントは要するに「ないものの強み」です。ないからこそ逆にクリエイティブになり、新しいものを創り出すことができる。その強みを生かし、見附市の人と新しいものを創り出していったことが、プラチナ大賞として選ばれる背景になったのだと思います。


●健康を中心としたまちづくりとしての「スマートウエルネス」


 「スマートウエルネス」が、今の見附市の中心理念です。「健康」の「康」を「幸せ」の「幸」の字で当て字にし、「健やかで幸せに暮らせるまちづくり」を謳いながら、健康施策をまちの中心として考えています。健康をまちの中心施策にするというのは、全国でそれまでなかったことでした。

 見附市を含めた多くの地域では、大きな産業を新しく持ってきたり、経済的に他よりも良い状況にすることが、すぐにはできません。それに対して健康施策は、考えてみれば個人の健康、家族の健康、地域の健康に影響し、行政を含めて考えると、医療費や介護費などにも影響します。こうした切り口で考えることによって、たまたま多くの仲間が増え、現在では国の「骨太の方針」でも健康の重要性が指摘され、施策拡大につながっていきました。これは非常にラッキーなことだと思います。

 見附市民は「横文字を使っていてよく分からない」と言うのですが、「スマートウエルネスみつけ」を、見附市が目指す都市のあり方として打ち出しています。


●「地方創生」は、各自治体が責任をもって展開する必要


 見附市がある新潟県は非常に大きな県です。北端を東京都と見なすと、南端は名古屋に至るという大県です。その中でも見附市は小さいのですが、ちょうどど真ん中にあります。「新潟県の重心にある」と私たちは謳っているのです。

 面積は78平方キロメートルで、非常に小さいまちです。合併はしませんでした。そして、人口が約4万人、世帯数は1万4000強です。強いていえば、新潟という大きい県のちょうど真ん中であることを切り口にして、まちづくりの施策をやっています。

会員登録すると資料をご覧いただくことができます。