10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

キリスト教と他の一神教との決定的な違いとは?

宗教で読み解く世界(1)キリスト教の世界

橋爪大三郎
社会学者/東京工業大学名誉教授/大学院大学至善館教授
情報・テキスト
橋爪大三郎氏が世界の宗教について解説するシリーズレクチャー。第1回目はキリスト教について。キリスト教はユダヤ教やイスラム教と同じく一神教だが、他の一神教と決定的に異なる考え方を持つ。橋爪氏はその違いこそが、西洋の近代化を可能にした、いわばキリスト教の秘密だと言う。(全5話中第1話)
時間:12:11
収録日:2019/01/21
追加日:2019/05/18
≪全文≫

●キリストとは「救い主」という称号


 橋爪大三郎です。本日は、キリスト教についてお話ししましょう。

 キリスト教で一番大事なのはイエス・キリストです。そういう人物がいたのです。イエス・キリストは何者なのか。これが分かると、キリスト教が分かります。

 まず、名前についていえば、「イエス(Jesus)」というのは与えられた名前で、太郎、花子のようなものです。親に付けられた人間としての名前です。では、「キリスト」は何かというと、これを名字だと思っている人がいますが、当時、名字はありませんでした。キリストというのは「救い主」という称号です。キリスト(クリストス)というのは実はギリシャ語で、ユダヤ人との間に生まれたのですが、皆は彼のことをメシア(救い主)だと思ったわけです。救い主(メシア)のキリスト、これがギリシャ語になって、イエス・キリスト、あるいはキリスト・イエスと呼ぶようになりました。これがヨーロッパ言語で知られているイエス・キリストです。


●キリスト教は一神教としては変則的


 さて、イエス・キリストというのは、皆さんご存じかもしれませんが、神の子であり、救い主キリストです。このようになっているのですが、実はここから少し話がややこしくなります。

 キリスト教一神教で、神様が1人いるという考え方でしょう。神様は1人という考え方なのに、神の子がいるというのは、一神教としては大変変則的なことで、つまり一神教らしくないのです。一神教らしくないキリスト教が、もともとのユダヤ教の間から出てきました。そして、母屋を乗っ取るような形で、ユダヤ教よりも何十倍も大きなグループになって、今、世界を席巻しているという、こういう不思議なことが起こるのです。

 そこで、話の順番として次のようにお話しします。一神教とは何か。一神教から見て変則的なイエス・キリストはなぜ生まれたのか。イエス・キリストが十字架で犠牲になって死ぬと、なぜ人類が救われるのか。これはいずれも大きな問題ですが、これをかいつまんで、ごく短くお話しするのが今日の目的です。


●一神教は神様が1人いて世界をつくったという考え方


 まず、一神教とは何か。一神教というのは、神様が1人いて世界をつくりましたという、こういう考え方です。ユダヤ教はこういう考え方で、その神を「ヤハウェ」といいます。『旧約聖書』という書物があってキリスト教でも使っておりますが、あれはもともとユダヤ教の聖典なのです。特に最初の5冊、『創世記』『出エジプト記』『レビ記』『民数記』『申命記』というものがあるのですが、この5冊を「モーセ五書」、すなわち預言者モーセが伝えた5つの書物ということで、ユダヤ教ではこれを非常に重視しています。

 そこに書いてあることなのですが、ヤハウェがあるとき、世界をつくりました。太陽をつくって、星をつくり、天体をつくって、地球をつくり、山をつくって、川をつくり、植物をつくって、動物をつくり、最後に人間をつくる。これに6日間かかった。つまり、つくり主ということで、つくり主がいるのが一神教の特徴です。

 つくり主といっても、ピンとこないかもしれませんが、要は世界を製造したのです。物を製造すると、製造されたものはつくった人が所有するものになります。例えば、トヨタ、日産の自動車はトヨタ、日産のものです。だから、売ることができます。どんなものをつくっても大体そうなのですね。この考え方が人間にも当てはまっていて、人間は神がつくったもの、被造物ですから神の所有権があるわけで、つくり終わった後も、ずっと神の支配権が及んでいます。

 また、アダムをつくった。次にエバをつくった。それ以外の人間は、お母さんから生まれているように見えますけれども、実は神がつくったのである。このように一神教では考えます。そうすると、例えば、ジョンがいて、メアリーがいて、エリザベスがいて、皆一人一人、「ジョン、君はジョンになりなさい」「メアリー、君はメアリーになりなさい」と神に命じられて、この世界に出現した。そして、寿命のある限り生きている。寿命がきたら、命を神に返して亡くなる。これが人間の一生である。こういうことです。


●当局にとってイエスは危険人物


 人間だけではなく、山も、川も、自然も、全て自然法則によって、神の命令に従って動いている。この世界は神が支配する場所である、と考えます。支配している証拠に、モーセのような預言者が現れます。神の言葉を伝えるので、それに従っていなさい、ということです。これは宗教法であり、ユダヤ人はユダヤ法、イスラム教徒だったらイスラム法に従うわけで、これが一神教の骨格です。

 一神教信仰というのは、神がこの世界の主人であること、神の命令に従うこと、それが人間の定めであり、人間の生きる価...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。