テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

明智光秀という存在が与えた歴史的な意味とは

明智光秀の真実(5)「本能寺の変」後の光秀とその真価

小和田哲男
静岡大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
「本能寺の変」の後、明智光秀は山崎の戦いに臨むが、孤立し敗れ、小栗栖の地で落武者狩りに遭う。この後、徳川家の儒教道徳支配が続くため、本能寺の変は極悪非道といわれるが、 戦国時代という観点からみていくと、どう捉えればいいのか。最後に、光秀という存在の歴史的な意味についてうかがい、シリーズを締めくくる。(全5話中第5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:07:08
収録日:2019/11/22
追加日:2020/01/14
≪全文≫

●「本能寺の変」の後、明智光秀が孤立した理由は


―― 少し意外なことですが、「本能寺の変」の後、あまり光秀の味方になってくれる人がいませんでした。

小和田 そうなのです。呼びかけたものの、細川藤孝は断る、筒井順慶は来ないというように、本来なら仲間と思っていた人たちから裏切られたということです。

―― 特に藤孝は息子の細川忠興と光秀の娘(明智玉、のちの細川ガラシャ)が結婚していたので、かなり深い関係ですよね。

小和田 そうです。明智光秀の与力(寄騎)といわれていた人たちが、なぜ光秀についてこなかったのか、これも謎なのです。一つは、おそらく「与力大名」といわれた人たちが心底光秀についていたのかというと、そこは疑問だということです。

 当時の宣教師、ルイス・フロイスなどの書いたものによると、光秀はあまりにも早くどんどん出世していったから、同僚たちからは少し浮いていたり、妬まれたりしていました。

 特に藤孝を例に取ると、もともとは足利義昭の近臣ですから、光秀が義昭に接近した頃は、もう完全に藤孝のほうが身分が上なのです。それが、織田信長に仕える頃になって逆転していくということがあるので、藤孝にしてみると、少し面白くないというところもあったのではないでしょうか。

―― なるほど。


●羽柴秀吉の情報戦に敗れ、小栗栖の最期を迎える


小和田 他の武将たちも、一つには羽柴秀吉の宣伝に乗せられたという側面があります。これは有名な文書が残っていて、明智光秀の与力大名の一人、中川清秀に宛てたものです。

 「本能寺で信長さまが光秀に襲われた。しかし、切り抜けて無事である。これから自分は光秀を討ちに行くので、一緒に行かないか」というふうに書いていて、「切り抜けて無事」というのは嘘です。ただ、秀吉だから、それだけの嘘がつけたのです。しかし、光秀はそういう芸当ができなかった。そういう違いがありますね。

―― たしかに、織田信長が生きているかどうかで、全然行動が変わってきますよね。

小和田 違いますね。おそらく中川清秀たちは、少しびびったことでしょう。光秀に加担して、もしも信長が生きていたら、即刻首を取られるぞ、と思ったはずです。

―― それで、最終的には敗れていくということになるのですね。非常に悲惨な最期を迎えるわけですが、落武者になって小栗栖まで来たところで、地域の農民たちによる落武者狩りに遭います。

 よく俗説でいろいろ生存説もあるのですが、これは「ない」と見てよろしいですか。

小和田 ないですね。光秀は、あそこで亡くなっています。というのは、粟田口で磔になっているので、周りの人からも見られているはずなのです。もし影武者であったとしたら、これはおそらくバレると思います。

―― もともと仲間であったわけですからね。影武者が見破られないということは、なかなかないと思います。こうして、一身で大出世をした光秀が、最後は謀反人として歴史に名をとどめるということになります。


●戦国の時流として行われた「下剋上」が本能寺の変


―― 明智光秀は出生にも秘密があるようななかで、あれだけの立場に駆け上っていきました。先生の説によると、日本のあり方と信長のあり方の齟齬などにも憤りを覚えつつ、最後には謀反人として亡くなってしまう。室町時代から織豊時代を経て江戸時代に至る歴史のなかで、光秀という存在には、どういう意味があるのでしょうか。

小和田 私は光秀の起こした本能寺の変は、下剋上の一つだと理解しています。戦国時代のキーワードとしてよく言われるのが、下剋上、弱肉強食、他にも「合従連衡」という言い方もされます。そういうものの一つなので、戦国時代ではこれが当たり前の行為でした。

 ところが江戸時代になってくると、儒教的な武士道徳が広まります。「武士は二君にまみえず」みたいな言われ方がされ、謀反人は悪であるということになる。そのために、本来の光秀よりも「極悪人」という言われ方をしますが、戦国時代にあっては一つの下剋上で、世直しだった。そういう側面があったと思います。

 世の中が安定していくにつれて、時代を極端にガラッと変えるような行為があまり好ましくない、とされます。徳川幕藩体制の下では、何事もなく、平々凡々が望ましい。そういう流れのなかでは、やはり悪く言われてしまうことになるのです。


●明智光秀の歴史的な意味を見誤らないために


―― ある意味、織田家もそうですが、もともとの主君筋のようなところを倒しています。ですから、たしかに先生がおっしゃるように、戦国的な気分、感覚のなかでは光秀的なやり方もありということでしょうか。

小和田 あり、ですね。

―― そのあたりを(われわれが)よく見極めないといけないわけですね。戦国的な感覚で、光秀のやった...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。