テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

本能寺の変前後で光秀に起こった突発的偶然と予期せぬ事態

天下人・織田信長の実像に迫る(10)本能寺の変・後編

柴裕之
東洋大学文学部史学科非常勤講師/文学博士
情報・テキスト
山崎の戦い
「本能寺の変」についての研究は『石谷家文書』発見により進み、浮上したのが「四国問題」である。長宗我部氏をめぐる周旋役を担当していたのが惟任家であったため、四国の動向は光秀の将来を左右する問題となる。そんな折に信長から下ったのが、中国へ進軍して秀吉を救援せよとの命令だった。(全11話中第10話)
時間:12:51
収録日:2020/03/17
追加日:2020/08/31
キーワード:
≪全文≫

●四国をめぐる光秀と惟任家の苦悩


 (前回お話しした四国問題と)光秀や惟任家はどういう関係があったのでしょうか。実は、織田・長宗我部の関係を取り持っていた存在こそが光秀であり、さらには惟任家だったわけです。

 どのようなつながりからそのような配置がなされていたのかというと、どうやら光秀の重臣であった斎藤利三という人物が働いていたようです。彼の親戚関係が長宗我部元親とつながっていたことを活用して、織田・長宗我部の関係はつくられていました。光秀は、長宗我部との関係を築くことによって四国の運営に携わり、織田政権の発展に貢献していたことになるわけです。

 ところが、(天正十年の)今、事態は変わりつつあります。要するに、光秀が関係構築に努めてきた長宗我部が、敵対する存在になる。そういった状況は、当然、その関わりのなかで織田政権における重鎮という立場を築いてきた惟任家の行く末にも大きく関わっていくことにもなります。

 こうしたなかから光秀(惟任家)側としては、当然この関係を維持しなければならないという動きが出ます。そこで、どうするかというと、光秀は利三らを使って、長宗我部側に信長の求めに応じるように働きかけをしてくるわけです。この結果、五月二十一日にどうやら長宗我部氏が条件付きで応じたことが、『石谷家文書』という史料から分かってきています。


●四国問題に下した決断は、三つの選択肢の一つだった


 ここで注目していただきたいのは、それがいい事態だったのかということです。長宗我部の問題については、彼らがそういう態度を取ったことでもう終わるはずではないかと思われるかもしれません。しかしながら、まずはこの五月二十一日の書状が、果たして本能寺の変前の光秀に届いたかという問題が一つあります。

 さらに、五月二十一日段階の惟任家の状況を見ると、光秀(惟任家)は四国問題よりも中国地方における働きを求められます。要するに羽柴秀吉の支援に向かえと要請されたわけで、中国地方に専念する立場に回され、四国の問題からは外されてしまう状況になりました。惟任家からすれば、これは将来に対する不安を大きく募らせていくものでした。

 こうしたなかで、どのような対応が取られていくかが問題になります。実は、このようなあり方は各地の戦国大名家でも見られることでした。そういう場合にどういう対応が取られていたかというと、一つは「時期を待つ」。要するに、そうした状況に応じた対応が取れる機会を待つということが、一つあるかと思います。

 また、これが家の行く末に大きく関わってくるならば、その権力から離れて新たなところに仕える場合も見られました。さらに申しますと、今、自分たちの立場を規定しているのは権力の存在ですので、その権力を討ち、解体させる。そうした行為として「謀叛」というものがあるわけです。

 このなかで、惟任光秀および周囲の者が選んだ道は何だったのかというと、もうお分かりだと思います。彼らが選んだのは、織田政権の中枢を解体させ、その中枢を掌握することでした。ここに、「本能寺の変」というものが起こることになるわけです。


●織田信長・信忠を討ち、中央を押さえた光秀


 前回も申し上げたように、本能寺の変で押さえておいていただきたいのは、信長と信忠が討たれていることです。信長と信忠という二人が(京都に)そろったことも、併せて押さえておかなければならないでしょう。最初からその予定だったのかというと、実は信忠は、この時、畿内の観光に訪れていた徳川家康の案内役を果たすことになっていました。ところが、父親の信長が京都にやって来たため、彼は父と行動をともにするため、予定を変更してしまいました。この結果、信長とその後継者である信忠がそろってしまうことになりました。

 こうした状況を踏まえた上で、光秀が一つの道として選んだのが「本能寺の変」になったわけです。四国をめぐる状況は五月の末に起きたわけですから、ある程度突発的な側面もあり、この事態に対する対処を求められたことがあります。特に自分に味方する勢力を取りまとめなければなりませんし、自分に対抗する存在もまだいますから、彼らに対する備えも整えていかなければならなかったでしょう。

 そういったなかで光秀が行っていったのが、かつての旧主であった足利義昭との関係や、この時織田が敵対していた毛利や上杉との提携ということになります。光秀はそれらを利用して、信長を討った後も「天下」と呼ばれる日本の中央を治め、鎮めていこうと考えていたということでしょう。

 光秀はそういう流れで動いていくわけですが、それが順調だったのかというと、彼に従わない勢力も当然出てきます。特に反発の大きかったのが、五畿内のなかでも唯一光秀の管轄から外されていた...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。