テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス革命期における急進派の動きは歴史的必然なのか

独裁の世界史~フランス革命編(3)革命はなぜ急進的になるのか

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
ロベスピエール
ルイ16世のパリ脱出は、国民を失望させる。革命派は、諸外国の干渉をはねのけようと「革命戦争」を起こすが、失敗。この間にも王家と諸外国の内通が疑われ、王政廃止と国王夫妻の処刑が断行される。 革命プロセスが先鋭化するのは歴史が物語るように運命なのだろうか。(全7話中第3話)
※インタビュアー:川上達史(10MTVオピニオン編集長)
時間:13:50
収録日:2020/01/10
追加日:2020/09/25
≪全文≫

●革命プロセスの先鋭化は、歴史的運命なのか


―― 歴史においては、いろいろと歯車のズレるところが出てくるものかと感じました。例えばフランスで暴動が起きた当時、もしも啓蒙思想がなかったとすれば、周りの諸外国からは単に「食糧暴動が起こった」と見られていたかもしれません。

 ところが、実際には周りが全て縁戚関係で固められていることもあるのでしょうが、すぐに「王政の危機が来る」と捉えられる。例えばオーストリア皇帝のレオポルト2世(神聖ローマ皇帝)とフリードリヒ・ヴィルヘルム2世(プロイセン王)がピルニッツ宣言を出し、「王に危害を加えたらフランスに干渉するぞ」と言ってきます。

 そのためにフランス国内のほうも構えてしまい、革命派の中で「外国と戦うか、恭順するか」の議論になります。結果は主戦派であるジロンド派が政権を取り、戦ったのはいいけれども負けてしまいます。これでますます危機が募り、どんどん悪い方向に進んでいくことになります。

 革命プロセスの歴史的な運命(さだめ)というのでしょうか。敵と味方が明確になり、どんどん先鋭になってしまう。このことは、歴史的にはどのように見ればよろしいのでしょうか。

本村 革命思想というか啓蒙思想がなければ、フランス革命は起こりようがないと思うので、それ(「もしも啓蒙思想がなかったら」ということ)を前提にするのは難しいとは思います。

 例えばフランス革命以前の時代ですが、ロシアには西欧化を進めていくツァーリとしてピョートル大帝が出てきます。ロシアから見ると、ヨーロッパはやはり教育の面でも組織化された軍隊制度の面でも、様々に先進的に映りました。ピョートル大帝は若い頃、使節団に紛れ込んでイギリスに留学したりして、その様をつぶさに見ました。

 このように、フランス以外の国でも、あの時代の王侯貴族たちは皆、啓蒙思想の洗礼を受けていたわけです。そうした中で、実際に王侯貴族に手を出すことは威嚇であり、脅しのしるしになります。ですから、単純に対立する形ではなく、もっと大きな構造で見たほうがいい。

 18世紀には、民衆ですら王権を否定するのではなく、王権すなわちトップに立つ人たちはかくあるべきだという思想を持っており、そういうものの見方が生まれていたということです。ただし、実際に王侯貴族の立場になれば、どこかの王族が殺されたときには自分たちも干渉するぞ、と言わざるを得ないとは思いますね。


●革命政権の移譲に伴う王政廃止・国王処刑


―― 前回、先生がおっしゃったように、穏健な立憲君主政に移行できたかもしれないものが、凄惨な革命、血で血を洗う形になっていってしまったところですね。

 ジロンド派が政権を起こし、危機に陥っていく中、どうも王侯貴族やその取り巻きがさまざまな情報を外国に漏らしているのではないかというような疑惑も生まれてきた。それで、ルイ16世がついには処刑されるところまで来てしまいます。ところが、そのジロンド派も結局力を失い、ジャコバン派という、一番急進的な勢力に政権が移っていくことになります。このあたりについては、どう見ていけばよろしいですか。

本村 ジロンド派については、正統的に共和思想を追求してきた人たちがいたところが大事です。彼らは制限選挙制のなかで選ばれてきた人達でした。20歳以上の男子なら全員が選挙権を持つというのではなく、一定の身分以上の者たちによる選挙で選ばれてきた人たちです。

―― 身分とか財産とかですか。

本村 そうです。彼らが勢力を持ち、その翌年の1792年ぐらいになると、外国からの干渉に備えるために義勇兵の人々が集まってきます。それに民衆たちを、この頃から「サン・キュロット」と呼ぶようになります。「サン」は「ウィズアウト」、「キュロット」は「半ズボン」なので、「半ズボンをはかない人」。貴族たちが履いていた半ズボンに反発して、長ズボンに誇りを持った名称です。

 そうした庶民たちや義勇兵が中心になって、諸外国の干渉をはねのけようとして「革命戦争」を起こすのですが、結局それもうまくいかない。そこで、国民公会が設けられ、成人男性に対しては普通選挙という形を取る中で、立憲君主政ではなく王政廃止と共和政の樹立という動きが起こります。

 王政廃止の中、翌年(1793年)にルイ16世がギロチンで処刑されます。このルイ16世が亡命しようとせず、立憲君主政をうまく支えるような形でやっていけば、王政廃止という事態までは進まず、その後のいろいろな内乱の種をつくらずに済んだのではないかと私は思うわけです。


●打倒「反革命」の名のもとに続いた恐怖政治


本村 そういう中で結局、急進共和主義者たちのジャコバン派が王政を廃止して、共和主義を推進していくのだといって、ロベスピエールを中心とする勢力が台頭して...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。