テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

『老年について』の著者キケロとはどんな人物なのか

キケロ『老年について』を読む(1)キケロの評価と「老年の心構え」

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
『老年について』(キケロー著、中務哲郎翻訳、岩波文庫)
amazon
『老年について』の著者キケロは、カエサルやポンペイウスと同時代にあたり、古代ローマ史上随一の弁論家で、哲学者、また政治家でもあった人物である。多くの著作を残したが、政治的発言がしにくくなり、引退生活を送る中で著したのが本書である。本書は老年のカトーに若い(小)スキーピオとラエリウスが質問する形で構成されるが、カトーは最初に老年が惨めと思われる理由を4つほど挙げながら、それらに反駁して「老年の心構え」を論じていく。(全9話中第1話)
時間:14:23
収録日:2023/06/12
追加日:2024/01/06
≪全文≫

●引退後に『老年について』を書いたキケロとはどんな人物なのか


―― 皆さま、こんにちは。本日は本村凌二先生に、キケロの『老年について』の講義を賜りたいと思います。本村先生、どうぞよろしくお願いいたします。

本村 こちらこそ。

―― キケロの『老年について』は岩波文庫だと、けっこう薄めの本ですね。

本村 そうですね。

―― 今日なぜこの講義を撮るかですが、この本は基本的に登場人物のカトーが、老年が惨めになると思われる4つの理由を挙げ、それぞれに反駁し、「老年とは非常に充実できるものである」と説いたものです。これは現代的な問題としても驚くぐらい使える内容で、身に覚えがあることばかりです。

 この本について、先生はどのようにお感じですか。

本村 「人生100年」という時代になりましたから、定年退職が65歳や70歳ぐらいになって、その後35年とか30年ぐらい生きなければいけない。老後の心の持ち方を普段から気をつけておく必要があります。その場になって気をつけられることではありません。やはり中年ぐらいになったら、少しはそういう心構えが必要ではないか。キケロの本を読んでも、そのように感じました。

―― では順次見ていきますが、まずは著者のキケロです。手短にご紹介いただくと、どのような方でしょう。

本村 ローマ史の中では大変な弁論家であり、哲学者です。政治家でもある。ちょうどカエサルと同時代で、6歳ぐらい年上です。ところが周りにポンペイウスやカエサルなど錚々たる人物がいるから、政治家として本当のトップまで行けなかった。けれど、非常に弁論がうまい人ですから、それを成し遂げた。それからたくさんの著作を残したので、圧倒的に知名度が高くなった。

(キケロやカエサルが生きた)紀元前1世紀は、ローマが共和政から帝政へ変わる大きな節目の時期です。カエサルを中心に論じるか、キケロを中心に論じるかで、すごく姿が変わります。

 大きな要因として、19世紀のローマの歴史家で唯一ノーベル文学賞をもらった、テオドール・モムゼンがいます。彼が非常にカエサルを絶賛して、キケロを酷評しています。それが大きく影響していて、キケロに対する評価は、特に歴史家の間では高く評価しない傾向にあります。

 モムゼンはなぜ、そう評価したか。キケロは(トップの)政治家になりたかったけれども、自分がカエサルに比べれば、たいしたことないと分かっている。ただ美辞麗句を用いた巧みな弁論を書いて、それをみんなの前で話すことをしたからです。

 ただしモムゼンは、カエサルに偏りすぎています。キケロにはキケロの誠実さがあったという意見もあります。だから、誠実で有能なキケロ像が一方であり、モムゼンなどが言うような日和見主義者で、そのときの都合のいいほうに付くという見方もある。ただ、われわれは、書いてあるものからどれだけ読み取るかという立場で考えたいと思っています。

―― キケロの作品はかなり多いそうですが、その中で『老年について』はどういう位置づけでしょう。

本村 キケロは政治的立場が時々変わりましたが、カエサルに対しては本来、批判的でなければいけない立場です。カエサルは純粋な共和政を守るという姿勢が、だんだん希薄になりました。そのとき、両派のあいだにいたのがキケロで、だから彼は日和見主義者といわれるわけです。

 最終的に反対派のほうに走りますが、それも徹底せず、またカエサルに許されるのです。カエサルは「Clementia Caesaris(カエサルの寛容)」という言葉があるくらい、敵でもかなり許してしまうところがありましたから。

 そして、許されたあと、キケロはだんだん政治的発言がしにくくなり、それで引退生活のようになる。自分ももう老年になっていたので、こういう本が出たのだと思います。政治色がなく、自分も老人に近づき、それを親身に感じるようになった。それでこういう本が出てきたのでしょう。


●老年が惨めと思われる4つの理由と老年の心構え


―― 本の中身に入ると、大きな構成として、スキーピオとラエリウスというまだ若い2人が、カトーに老年について質問するという構成になります。

 冒頭で掛け合いがあり、あとはだいたいカトーの独り語りみたいな話になります。最初の問題設定はスキーピオの言葉です。

 「あなたが老年を少しも苦にしておられないように感じられることに対して、日頃感嘆すること頻(しき)りなのです。大抵の老人にとっては、老年は厭(いと)わしく、エトナの火山よりも重い荷を背負っている、とこぼさ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。