テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ギリシアの将軍が驚いたローマの元老院、老人の見識の高さ

キケロ『老年について』を読む(2)老年が公の活動から引き離される理由

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
『老年について』(キケロー著、中務哲郎翻訳、岩波文庫)
amazon
老年になっても、公の活動から引き離されるとは限らない。肉体は弱っても精神的に役に立つ老人向きの仕事はあるだろう。カトーも元老院に指図する立場で、元老院自体が見識を持った老人を中心につくられていた。紀元前3世紀半ばにギリシアの将軍たちがローマに派遣された際も、元老院の人たちの見識の高さを記している。公の活動から老年が引き離される理由の一つに「記憶力の衰え」があるが、それは鍛練を怠ったからでもある。実際、法律家や神祇官は、歳をとっても多くのことを記憶している。(全9話中第2話)
時間:15:14
収録日:2023/06/12
追加日:2024/01/13
≪全文≫

●肉体が弱っても、老人向きの仕事はある


―― 続いて、それぞれの理由について解いていきたいと思います。第1の理由が「老年は公の活動から引き離されること」です。カトーがどう述べたか。

 「老年は公の活動から引き離すということ。どのような活動から、というのだ?若さと活力でなされる活動からか?それならば、肉体は弱っていても精神で果たされるような、老人向きの仕事はないというのか?」

 と問いかけるのです。あるいは1つの比喩として、こう述べます。

 「老人は公の活動に与(あずか)っていないと言う者はまともな議論をしていない。それはちょうど、船を動かすにあたり、ある者はマストに登り、ある者は甲板を駆けまわり、ある者は淦(あか)を汲み出しているのに、船尾で舵を握りじっと坐っている舵取りは何もしていない、と言うようなものである」

 さらにカトー自身の例を挙げて、こう返しています。

 「わしは、何をどのような仕方で行うべきかを元老院に指図しているぞ。悪事を企んで早(はや)久しいカルターゴーに対しては、ずっと以前から主戦論を唱えている。その国の殲滅を見届けるまでは、恐れることをやめぬであろう。
 その国を滅ぼす栄誉は、スキーピオーよ、不死なる神々がお前のために取りのけておかれんことを!」

 これはキケロが書いたものですから、ある意味、カルタゴ(カルターゴー)に対する考えをうまく取り込みながら、あたかもカトーがしゃべっているような設定になっています。このあたりのキケロの説については、どのようにお感じですか。

本村 大スキーピオ(スキーピオー)はカルタゴを決定的に打ちのめしますが、カルタゴは弱小国として認められます。そして彼らは商業交易が巧みだったので、すぐにある意味、復興してしまうのです。賠償金も、何十年かかるようなものを、せいぜい2、30年で払う。すると、カトーからすれば、また脅威に感じるようになってきます。

 その後の経過を見ると、最後のポエニ戦争、つまりローマ・カルタゴ戦争で指揮官を執るのが、この小スキーピオ(スキーピオー)です。だから結果論として、大スキーピオはハンニバルを打ち破り、小スキーピオがカルタゴを本当の壊滅に導く。そのシナリオが分かっているから、そのように言っていると思います。

―― このあたりも非常に筆の運びのうまいところですね。

 あと、一番最後の引用でカトーが「自分は元老院に指図している」といったことを言います。「そもそも老人に思慮と理性と見識が備わっていなければ、国の最高機関を元老院とは名づけなかっただろう」とも言っています。

 これは老人と元老院が、「セネース」と「セナートゥス」という同じ語源から来ているからです。そもそも元老院とは、老人が活躍できるような組織だったのでしょうか。

本村 年齢的には30数歳でなれます。元老院の組織を紀元前までさかのぼると、まだ不明点はいっぱいありますが、ギリシアと比べてローマは、部族の古老などに耳を傾ける意識が小さな組織のときからあったのではないか。

 ギリシアは逆に、民主政のほうに走っていきます。民衆の言いたいことを汲み取ることは大事だけれど、ギリシアはそちらが行き過ぎて、公職者までほとんどがくじ引きで選ばれるようになっていく。

 ところがローマの場合、民主政的になって公職者が広く与えられるけれど、最終的な決定権は元老院にあった。経験を積んだ人たちが何百人も集まり、大まかな進路を決めるほうが正しいと。ローマはそういうことをよく分かっていました。

 だからギリシアも、民主政がソクラテスの死によってかなり怪しくなってきたときに変革すべきだった。その頃から活躍しだしたプラトンや古代最大の学者といわれるアリストテレスなどは、民主政にあまりいい思いをしていません。

 プラトンの場合、独裁政のようなところに向かい、非常に見識のある人が独裁を行う「哲人皇帝」といった言葉も出てきます。アリストテレスは、どちらかというと貴族政です。アリストテレスが同時代にローマの元老院を見ていれば、ここではそれがかなり実現していると思ったでしょう。

 当時のギリシアに、ローマの知識(情報)がどれくらい入ってきたかというと、あまり希望的には入っていないでしょう。とはいえ、民主政が崩壊する、あるいはかなり混迷に陥った段階で出てきたプラトンやアリストテレスは、民主政に批判的な姿勢を持っていた。そういう大きな流れの中でローマは、「セネース」という老人を中心とした元老院をつくっていくのです。


●見識を受け継ぎ、磨いて...

テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。