テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年の歴史をうまく利用したムッソリーニの独裁

独裁の世界史~ファシズム編(2)ファッショとローマの栄光

本村凌二
東京大学名誉教授/文学博士
情報・テキスト
ローマにあるマンホールの蓋などで確認できるSPQRの文字
ファシズムの語源は、古代ローマの「ファスケス」という権力の象徴である斧の周りに木の棒を束ねたものだという。ムッソリーニの手法にはこの古代ローマを意識したものが多く、第一次大戦の敗戦による多額の賠償で意気沮喪していたイタリア国民を奮い立たせるものがあった。(全7話中第2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:27
収録日:2020/01/30
追加日:2021/03/19
≪全文≫

●「機会主義的」政治手法とイタリア社会を引っ張る力


―― ムッソリーニには、共産主義なり社会主義の理想を思想的ベースとして持ちながらも、政治的には「機会主義的」と呼べそうな、いろいろな機会を捉えて上がっていくようなところがありました。前回お聞きした反戦から参戦に転じる動きもそうでした。

 また、彼が権力をつかむきっかけになっていくのが、第一次世界大戦で参戦運動を行い、自分自身も第一次世界大戦に従軍したこと、また、戻ってきてから、かつての兵士だった人たちを糾合して、「イタリア戦闘ファッシ」という団体を作っていくあたりになります。ここから先の動きについて、どのように見ていらっしゃいますか。

本村 ファシズムの動きは、やはり前回言いましたように、帝国主義諸国が相争っている中で、「遅れてきた帝国主義」の国として切り込んでいくということです。それにはやはり一種の強力な権力でイタリア社会を引っ張っていくことが必要だった。

 そのあたりは、彼自身がもともとアナーキストだったからうまく切り替えていけたのではないかと思います。彼にとっては、指導者になって引っ張っていくことができなければ国家なんてどうしようもないわけだから、強力なファシズムというか、古代ローマに通じるようなファシズムに走っていったということです。

 ローマ的な伝統からいきますと、古代ローマの場合は非常事態になると「独裁官」というものが置かれます。平時はコンスルが2名いて交代で行う「同僚制」を取っているのが、非常事態のときには半年だけ、唯一の最高権力として独裁官が許されます。それは、ある意味で非常にうまいシステムではないかなと思うのです。


 結果的にどうなるか分からないけれども、非常事態に一時的に独裁政や独裁官を認めるのは古代ローマのやり方ですが、イタリア人たちはそういうものをローマ史として本当によく知っています。これはもう子どもの頃からいろいろなことを聞かされて育ってきているからです。そういう中で、「独裁も非常事態には悪くない」という考え方がイタリア人の中にはあって、ムッソリーニを許す社会になったのではないかと思います。


●「ローマ進軍」する黒シャツ隊と「ローマの栄光」


―― イタリア自体は、第一次世界大戦ではドイツとは違って戦勝国になります。ドイツの場合は第一次世界大戦で敗戦国になって多額の賠償金等々をふっかけられる。この話は(次回の)ヒトラーシリーズのところでまた出ると思いますが、このために共産党とそれに対抗するナチス党の勢力争いが激しくなる。その結果、窮乏したところにナチスが一気に台頭する流れになります。

 イタリアの場合、なぜムッソリーニが出てきたかというのは、なかなか今ひとつ論理的に分かりづらいところがあるという気もしていました。

 端的にいうと、第一次世界大戦から帰ってきた旧イタリア社会党のムッソリーニが、自分で「イタリア戦闘ファッシ」という団体を立ち上げて、退役軍人などを組織して「黒シャツ隊」として実行部隊をつくる。彼らの「ローマ進軍」が1922年に行われ、4万人ぐらいの黒シャツ隊がローマに向けて一斉に進軍して、ローマを占拠してしまった。これを解決するにはムッソリーニを首相にするしかないということで、ムッソリーニが首相になるというのが大きな流れなのですが、なぜイタリアでそういう動きが起きるのでしょうか。

本村 イタリア人にとって、最初に世界を制覇した先祖として、ローマ史というのは非常に大きな意味を持っているのです。今でもローマに行くと、マンホールの蓋に「SPQR(ラテン語で「Senatus Populusque Romanus」)」という文字が古代のローマ国家を表わすものとして刻まれている。それくらい彼らにとってローマ帝国の存在は大きい。

 ムッソリーニのやり方は、非常にローマを真似したというか、ローマ史にならったわけです。

―― なるほど。

本村 ローマへの進軍は、かつてスッラもやったし、カエサルがルビコンを越えてローマに来たという史実もありました。強力な権力を持つ人間がローマに向かっていくというシーンは、イタリア人がもともと持っている何かに訴えかけるようなところがあるのではないかと思うのです。

―― その感情とか、エモーショナルな部分にですね。

本村 ええ。だから、日本人が江戸なり東京なりに向かっていけば拍手喝采するというのとは、ちょっと違います。ローマというのはやはりイタリア人の中で、とてつもない意味を持っているのだと思うのです。そういう2000年の歴史の背景をうまく利用して独裁した点が、ヒトラーなどとは違う点です。


●「ファシストに賛成したかどうか」が問われる国


本村 それから「ファシズム」という名前自体が、ローマの「ファスケス」に基づいています。権力の象...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。