テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

独ソ不可侵条約はヒトラーに戦争をけしかけるためだった

第二次世界大戦とソ連の真実(4)独ソ不可侵条約とスターリンの誤算

福井義高
青山学院大学 大学院国際マネジメント研究科 教授
情報・テキスト
宥和政策を取るイギリスなどの帝国主義諸国に対する不信感を強めていたソ連は、ドイツを利用して両陣営の戦いを煽っていく。その決定的なきっかけとなったのは、1939年にナチス=ドイツとの間で結ばれた独ソ不可侵条約だった。スターリン体制の成立過程における戦略的な側面に着目することで、多角的な歴史認識が可能となる。(全4話中第4話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:55
収録日:2021/12/06
追加日:2022/04/15
≪全文≫

●独ソ不可侵条約の締結で独英仏の対立を煽る


―― では続いて、ヒトラーをけしかけるスターリンです。

福井 1939年9月1日にドイツがポーランドに攻め入って、その結果、イギリスとフランスがドイツに宣戦布告し、これで第二次世界大戦が始まります。その直後の9月7日、コミンテルン書記長のゲオルギ・ディミトロフが、非常に詳細な日記を残していました。そこに残っている発言です。スターリンによると、「この戦争は2つの資本主義国家群(植民地、原料などに関して貧しいグループと豊かなグループ)」の間で起こっています。日本でも「持たざる国」と「持てる国」と言ったりします。

―― アウタルキーなど、いろいろな言い方がありますね。

福井 はい。要は日独対英米仏です。その間で「世界再分割、世界支配をめぐり行われている」と言っています。「我々は、両陣営が激しく戦い、お互い弱めあうことに異存はない」です。そして、ドイツの手で最大の帝国主義国である「英国の地位がぐらつくのは、悪い話ではない」のです。「ヒトラーは、自らは気付かず望みもしないのに、資本主義体制をぶち壊し、掘り崩して」くれているのです。

 さらにずたずたに彼らが引き裂きあうように、けしかけなければいけません。そのため、独ソ不可侵条約は、けしかけるための条約だったということです。もし、ドイツがソ連と不可侵条約を結ぶことができなかったら、英仏に屈服せざるを得ない状況でもありました。

―― そういう状況だったのですか。

福井 そうです。ですからドイツは非常に困っていたのです。英仏がというより、イギリスが非常に強硬であって、ドイツは引くに引けない状況になっていました。

―― 当然ソ連との不可侵条約があるからこそ、ポーランドに侵攻できたともいえますね。

福井 そうです。もしも英仏がソ連と組んだら、もう完全に包囲されます。

―― ドイツとしてはもう打つ手がなくなってしまうということですね。

福井 そうです。スターリンはさすがで、英仏とも交渉していました。英仏とドイツを天秤にかけていたともいえます。

―― なるほど。先ほどミュンヘン会談の話もありましたが、スターリンの立場から見ると、ヒトラー自身が拡張政策で周辺国を併合していく動きの中で、英仏とも交渉し、ドイツとも交渉したということですね。

福井 そうですね。ドイツとしては、ほとんどドイツ人しか住んでいないダンチッヒをなんとか取り返そうとしていました。イギリスが助けると言ったので、ポーランドはもう絶対にドイツの要求に応じません。そのため、ドイツのヒトラーも困ります。自国民向けにももう振り上げた拳を下ろせない状況になっていたのです。切羽詰まって、何とかソ連の中立が必要でした。すると、ソ連の思惑もあり、独ソ不可侵条約が結ばれます。これが最終的に決断されたのは8月19日です。

―― なるほど。9月に侵攻する直前ですね。

福井 はい。8月23日に独ソ不可侵条約が結ばれます。実は、8月後半に侵攻する計画がありました。その後、ドイツもソ連と組んだことをある程度使いながら、イギリスに最後の交渉を試みますが、それもはねつけられます。ついに9月1日、ポーランドに攻め入り、ヒトラーが全く望んでいなかった英仏との戦いが始まってしまったのです。

―― それを端から狙って、目の前に餌を置いたということですね。

福井 そう解釈もできますね。


●スターリン体制の成立をどう読み解くか


―― なるほど。そういうことだったのですね。続いて、スターリンのこの一連の発言をどう読み解いていくかです。ここはどう見ればよいのでしょうか。

福井 先ほど話があったように、「スターリンで共産主義は裏切られた」と言う人がいます。レーニンまでの真の共産主義ではなくて、スターリンによって堕落したという説が結構有力であり、そういうことを言う左翼の人もいます。

 ここはスターリン研究の第一人者と言っていい黒宮先生のスターリン評伝からそのまま引用させていただくと、「スターリンはロシアの民族主義者(nationalist)ではなかった。…彼はロシアではなく、ソ連社会主義体制と、集団化された農業(collectivized agriculture)、そして重工業と自己を同一化していた。ソ連体制は全くロシアではなかった」のです。スターリン体制を支えていたのは、指導者であるスターリンにも、国民も含めた指導される者にも、ある程度共有されていた「未来への信念、救済への信念、社会主義の正しさへの信念、そして歴史の法則への信念」です。この信念がスターリンのテロルを正当化したのです。この意味で、ソ連というシステムは、スターリンをその神とする信徒組織、すなわち教団です。

――...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。