テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

スサノヲは動物的な力の神、大国主神は植物的な力の神

大国主神に学ぶ日本人の生き方(6)2度殺され、2度甦る神

鎌田東二
京都大学名誉教授
情報・テキスト
『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(鎌田東二著、春秋社)
amazon
長編詩「大国主」の朗読をさらに進めていく。大国主神は、世界神話でも日本神話でも稀なる「2度殺され、2度甦る神」である。だが考えてみれば、植物的な生命は、どこで死んで、どこで甦るのかがよく分からない部分がある。その意味では、大国主神は、死と再生がつながっている植物的な神といえる。スサノヲは動物的な力の神だが、大国主神は植物的な力の神なのだ。また大国主神は、別の神様(母神など)の力を借りて復活する神だが、とても大きな日本的特徴もある。「オシリス神話」というエジプト神話も取り上げながら、その特徴に迫っていく。(全9話中6話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:56
収録日:2023/08/08
追加日:2024/01/14
≪全文≫

●大国主神が「背負っているもの」は何か


―― そのような4つの魂がどう結びつき、発動するかについて、さらに先生が詩で読んでいます。

鎌田 そうですね。むすびなおしということで。先ほどのつながりですけれども。

あなたは先祖の神 いや真の父神 スサノヲの直系である
そして父神スサノヲのあらみたまをすべて受け継ぎながら
一度もそのあらみたまを発動することなく
その反対にあらみたま(荒魂)をすべてほどき とかして
にぎみたま(和魂)に
さちみたま(幸魂)に
くしみたま(奇魂)に
  変容させた

そんなあなたのメタモルフォーゼ力を 人びとは 
「縁結びの神」として崇拝する

しかし
「縁結び」とは 別名「縁切り」であり また「縁直し」である

簡単にほどくことも むすぶこともできない そのようにしか発動しないえにし
そのえにしを
むすぶ とか
ほどく とか
なおす とか
分不相応の所業を担わされる

  不可能だよ、そんなこと!
  できるわけないよ!
  もう、いやだよ!

碇シンジ君なら そう言うだろう
「怒り瞋持」クンだから
いかりと貪瞋痴の三毒に取り込まれた痛みと苦しみの君だから

その碇シンジ君の苦しみを あなたならよくわかることでしょう
母を亡くした悲しみと 父に捨てられた悲しみ
父神スサノヲも まったく同じ道を辿ったから

でも あなたはちがった
あなたは 母に救われた
あなたのいのちを救ったのは 母だった

兄神たちによって
真っ赤に焼けた大石を受け止めさせられて殺された
そのあなたのからだのかけらを拾い集めて
泣きながら 焼き爛れたからだの一片一片を 貝の中に容れて
乳汁で溶かし ほどき つないで よみがえらせたのは
あなたの母と あなたの母に共感共苦するすべてのおんなたち
おやがみ(祖神)たち であった

あなたは
兄たちの怒りと粗暴で殺されたが
母たちの祈りと処方で甦ったのだった
それも二回も

イエスの殺害と甦りは 一回こっきり
オシリスの殺害と甦りも 一度だけ
だが あなたの殺害と甦りは 二度だった

二回も殺されたあなたは どのような思いの中にあったのでしょうか?
あなたの中に 恨みや復讐の思いは生じなかったのでしょうか?
なぜあなたは 怒りに対して怒りではなく
殺害に対して殺害ではなく
怒りと殺し合いの連鎖をまぬかれることができたのでしょうか?

教えてください おほくにぬしよ
大国主の神
  わたしはあなたに教えを請いたい
どうすれば殺し合いの連鎖から抜け出ることができるのかを
どうすれば暴力を押しとどめ 平安に導くことができるのかを
大国主の大神よ!


 というのが第1章の冒頭の詩です。やや長編の詩です。


●ひ弱くて優しいが、実はしぶとく強く生きる植物的な神


 全体として3つありまして、1つ目は「重荷をなぜ背負わなければならないのか」というテーマの詩です。

 次に「たすけ」、どのように助け、助けられるか。因幡の白兎や、母が見た死、むすひのイノチヌシ、イノチヒメの助けをどう借りるか、あるいはスセリビメ(須勢理毘売)の助けによってスサノヲから課せられたイニシエーション的な課題をどう切り抜けることができるのか。そして、大国主という神になっていったプロセス。これらが第2番目の詩です。

 第3番目の詩が「国譲り」というテーマになって、これが結びになります。

―― 大国主神が2度も殺されたということが今日の講義でも何度も出てきましたが、この詩の中でも大変印象深く登場します。

鎌田 これだけいじめられた、一番被害を受けた神様ではないかと思います。2回殺されるのは大変なことですよね。

―― そうですね。先生もいろいろな事例を挙げておられましたが、いろいろな神様ももちろん1回は殺されて甦るという話はありますが、2回殺されて2回甦るのはなかなか大変なことです。

鎌田 でも考えてみれば、植物的な生命は、どこで死んで、どこで甦るのかがよく分からない部分がありますね。つながっている。そういった植物的な生命のリレーを考えると、この大国主は、死と再生がつながっているという植物的な神といえると思います。

 動物についても、自分の生命力をどのように周りに維持させていくかを広い意味で考えていくと、いろいろな分け方、力の分配をしていく、そういった生存の戦略、生存の有り様をしているわけです。種の配分ともいえる。どのような状況にあっても、その負の時代を生き抜く。例えば、隕石が衝突して気象変動がダイナミックに起こ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。