テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケア、エコロジー、ガバナンス、アート…現代へのヒント

大国主神に学ぶ日本人の生き方(2)大国主神の「4つの現代的意味」

鎌田東二
京都大学名誉教授
情報・テキスト
『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(鎌田東二著、春秋社)
amazon
われわれ現代の人間は大国主神について、どのような点を学べるのだろうか。大国主神の神話を通して得られる現代的意味として、鎌田氏は、ケア、エコロジー、ガバナンス、アートという4つの観点を提示する。けっして一方的ではなく、「助け、助けられる」関係としての「ケア」。熱帯化する日本で、サステナブルなあり方を再構築する「エコロジー」。対立と格差を超えて持続可能な統治を実現する「ガバナンス」。大国主神が持つ三種の神宝……生かすものとしての太刀と弓、そして神聖楽器の琴が象徴する「アート」。それぞれどのようなことなのか。具体的に解説する。(全9話中2話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:09:39
収録日:2023/08/08
追加日:2023/12/17
キーワード:
≪全文≫

●ケア…一方的ではなく「助け、助けられる」関係


―― では最初に先生にお聞きするのは、そもそも大国主神の全体的な性格はどのようなものか。その部分をぜひお聞きできればと思います。

鎌田 この『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』という本の中で、最後の結章の第6節「痛みとケアの神としての大国主神」において、4つの現代的な意味合いを大国主神からくみ取る、といった捉え方を提示しました。

 現代的な課題としては、まず第1に「ケア論」の観点があります。コロナウイルスに苦しんできた私たちにとって、老齢者が亡くなっていくケースが非常に多かった。ですから、医療、看護、介護、ケアは非常に重要なテーマとして、より切実になってきたわけです。

 そしてその際に、「助ける・助けられる」「ケアする・ケアされる」という行為は、決して一方的ではない。

―― 一方向ではないのですか。

鎌田 ケアする側が相手のレスポンスや対応によって、ケアされることもある。例えば優れた教師は生徒から多くを学びます。

 つまり、生徒に教えるという一方的、一方向的なことで終わるわけではなく、生徒からのレスポンスによってどれだけ深いことを学び取り、またさらにその生徒にフィードバックできるかということが、優れた教師の有り様の典型だと思います。

 まさに大国主はそのような神様で、「ケアする・ケアされる」という授受関係、応答関係をうまく循環させているのです。このケア循環といったものの形成は、非常に大きな意味があります。


●エコロジー…熱帯化する日本?サステナブルなあり方の再構築


鎌田 第2番目として、現代の自然災害の頻発を見ても、人間が作り上げていった文明の負の遺産によって、地球環境はここまで異様な形で歪んできています。「ホメオスタシス(生体恒常性)」のようなものはほぼないといえるような状態です。

 私は今日(収録日:2023年8月8日)、京都から新宿に来ましたが、東京駅に降り立って新宿まで来る間に「もう日本は熱帯になったな」と思いました。

―― そうですね。

鎌田 本当に熱帯雨林の中を歩いているかのようです。タイや沖縄のほうが乾燥しているので、まだ過ごしやすいのではないか。この湿気の中でこれだけの暑さがある。この湿度と暑さは、やはり異様な状態です。こういった状態が、これで止むわけではなく、これからいっそう各地で起こってくる可能性が高い。

 こういった状態になっているときに、現代の最大の課題の1つとして、地球環境をどのように維持できるのか。保全が難しいとしても、どれだけ負荷を減らすことができるか。

 そういう意味でのエコロジカルな関係性を再構築することは、大きな課題の1つになっていると思います。

 サステナブルというものがどういう意味を持つのか。いろいろな含みがあるので、考えなければいけませんが、ホメオスタシス的な、サステナブルな国のあり方、地域のあり方、地球環境のあり方など、そういうものをもう一度、見直すときにきている。その際に、大国主の国作りは大きな意味を持っているだろう。これが2点目です。


●ガバナンス…対立と格差を超えた持続可能な統治とは?


 3番目が統治に関わります。ガバナンスというものが今、いろいろなところで問われていると思うのです。

 国と国の争い、集団と集団の争いなど、対立と溝が非常に深まってきています。深刻になってきています。

 会社のことを「コーポレーション(corporation)」といいます。コ(co)とは「ともに」とか「共同・共通・相互」を意味します。一緒になるという「together」「with」と同じです。地球の中で人間が生きていくために、その「together」「with」といったものの有り様をもう1度、考え直さなければいけない。

 要するに、権力的に、独裁的に統治する、一部の者たちだけが富を得る、格差は巨大に拡大するなどということがあってはならない。もう少し分配と循環をうまくしていかなければいけない。

 そういった中で、ガバナンス論という観点から、持続可能な統治と文分治が大きな課題になってきている。これに対しても、大国主神の神話はメッセージを発しています。これが3つ目です。


●アート…生かすための太刀と弓、そして神聖楽器の琴


鎌田 最後に4つ目として、大国主は琴を弾きながら歌(言霊)を引く。出雲の風土記の中には「琴引山」の伝承に琴をモチーフにした「石神」が出てきます。

 『古事記』の中では、大国主がスサノオから譲られた、三種の神器に匹敵する「三種の神宝」があります。生太刀(いくたち)、生弓矢(いくゆみや)、天詔琴(あめののりごと)の3つです。その「琴」は、言霊を引き出します。...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。