テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

生と死の往来…助けられながら達成する最弱にして最強の神

大国主神に学ぶ日本人の生き方(3)一番弱いが、一番強い

鎌田東二
京都大学名誉教授
情報・テキスト
『悲嘆とケアの神話論ー須佐之男と大国主』(鎌田東二著、春秋社)
amazon
大国主神はいったいどのような神様だったのか。出雲系の神々の1人である大国主神は、神話の中でどのような位置づけだったのか。「一番弱いけれども、一番強い」と鎌田氏は評する。また、生と死を行き来して、死からも力を得る神様だとも。鎌田氏は、がんを宣告され、その後の日々の中で「死からも力を得る」ことを実感したという。今回は「因幡の白兎」をはじめ、出雲系の神々の物語をおさらいし、さらに、大国主神の「国作り」「国譲り」の特徴を解説する。(全9話中3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:17:57
収録日:2023/08/08
追加日:2023/12/24
キーワード:
≪全文≫

●出雲系の神々の祖はカミムスヒノカミ


―― 続きましてお聞きしたいのは、そもそも大国主神はどのような神様だったかということです。鎌田先生にはこれまでもテンミニッツTVでいろいろな講義をしていただきました。

鎌田 何回くらい行ったのでしょう。数十回は行いましたよね。

―― そうですね。ご講義いただき、大きなあらすじはそちらでお話しいただいたので、ここでは改めて復習・おさらいとして、大国主神の位置づけについてお話を聞きたいと思います。まず大国主神は、出雲系の神々の1人に入るわけですね。

鎌田 そうです。出雲系の神々がどこから始まるのかといえば、『古事記』の神統譜(神の系譜)では、カミムスヒノカミ(神産巣日神/『日本書紀』では神皇産霊尊)です。

 『古事記』冒頭で、「高天原に成りませる神のみ名は、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)。次に高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」とあります。このタカミムスビノカミが皇室系(天つ神の系統)で、天照大神(アマテラスオオミカミ)などにつながっていく。

 3番目に現れ出る神様がカミムスヒです。このカミムスヒが、出雲系に関わってくる重要な神様になる。そのカミムスヒノカミを出雲大社の摂社の中に含み持っているのが、出雲の神々の延喜式内社という制度の中で位置づけられてきているのです。

 出雲大社の境内の中に、伊能知奴志神社(イノチヌシノカミノヤシロ)や伊能知比売神社(イノチヒメノカミノヤシロ)といった神々が出てきます。イノチヌシノカミは、このカミムスヒノカミのことです。イノチヒメは、蚶貝比売(キサガヒヒメ)、蛤貝比売(ウムギヒメ)の2神のことです。

 死んだ大国主神を甦らせるのが、イノチヌシとイノチヒメです。この3神がそれぞれ役割を持ち、死んでしまって焼けただれた大国主神を甦らせる役割を果たします。

 そして、お母さん(お母さんを入れると4女神になりますが)が乳汁(ちしる)を出す。その乳液(乳房の乳の汁)が、細胞を復活させるための必需品であったのです。まず、それが1点です。


●がんになって「死からも力を得られる」ことを実感した


鎌田 出雲神話そのものは命を大きなテーマにしています。では、命はどのような有りようをしているかというと、「生きるのみならず死ぬ」。つまり、生と死を行き来しているわけです。

 生きるということは、死を含んでいく。必然的に死を含むことによって、次なる新生、再生につなげていかなければいけない。死で終わったら次の命のリレーはないわけですから、イノチヌシやイノチヒメは命をつなげていくという役割を果たさねばならない。

 そのことが出雲神話には濃厚に語られていて、イザナミ、スサノオ、これらの神々は命の死の部分(破壊、あの世、根の国、あるいは黄泉の国といったスピリチュアルなワールド)に非常に関係をしている。

 日本で最初にあの世へ行った神様がイザナミで、イザナミを恋い慕って、泣き叫んで、黄泉の国(スサノオ神話の中では「根堅州国(ねのかたすくに)」「母妣(はは)の国」といわれています)へ行こうとしたのがスサノオです。

 そこへ訪ねて行き、大国主神はスサノオのもとで力が甦る、パワーアップを果たします。だから、あの世の力を得ているともいえるわけです。

―― なるほど。

鎌田 生きているものが死を媒介にすることによって、死からも力を得る。私はがんになって、「死からも力を得られる」という実感がすごくするのです。

―― そうですか。

鎌田 死が怖いものというよりも、力の根源のように思える。死を光源にしてどうやって生き直すかといったことが、私のテーマになってきた。死が1つの光の源であり、命の根源なのです。だから死は終わりではなく、もう1つの始まりである。復活をはらんでいく。

 その復活がどのようになるかは私もよく分かりません。輪廻転生するという考えもあるし、生まれ代わりの物語も日本ではかなりあります。あるいは、遺伝子としていろいろなものにリレーされていくという考え方も科学的にはあるでしょう。

 いろいろな考え方がある中で、命の循環性というもの、リレーというものがどうなっているのかを考え直す。それによって、考えが変わることによって、ものの見方が変わることによって、パワーアップもできる。それは実感するのです。

 私は元気そうでしょう(笑)。

―― 元気そうです。

鎌田 がんになって、「ガン遊詩人」と言っています。

―― 吟遊詩人ならぬ、「ガン遊詩人」ということですね。

鎌田 はい。がんになった吟遊詩人、ガン遊詩人として活躍中でございます(笑)。


●「因幡の白兎」の神話が教えてくれるもの

...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。